ピクシブ百科事典

スターフォックス

すたーふぉっくす

スターフォックスとは、1993年に任天堂が発売したスーパーファミコン専用シューティングゲーム、及びそれを第一作目とするシリーズ作品である。
目次[非表示]

本項では、初代作とシリーズ作品について記述する。

スターフォックス(初代作)

任天堂が手掛けるシューティングゲーム
ファミリーコンピュータなどで主流であった「2D型で自機戦闘機を真上(もしくは真横)から見て操作する」というものではなく、ロムカセットに搭載されているスーパーFXチップ(三次元描画方面強化回路)により描かれた3D空間の中を飛行する自機戦闘機をより主観的な角度から見て操作するものである。
また、スーパーファミコンで発売されたゲームソフトとしては初めての3D作品でもあった。

登場するキャラクターは動物を擬人化したもので、例えば主人公のフォックスはキツネである。クールなSF世界観ながら、任天堂らしい子供向け的テイストを醸している。

グラフィックスの特徴として、擬似三次元描画が可能とはいえ、何とかゲームとしての体裁を保っている程度ではあったが、それを逆手にとったポリゴンらしさ丸出しの幾何学的な無機質でクールな世界観を作っていた。

ステージ途中で仲間や敵の通信が入ったり、一部ではあるがステージ上での行動がストーリー分岐を起こすなど、ゲームとしてのアイデンティティーは確立しており、とっつきづらいながらも人気があった。

続編としてスーパーFXチップ2を搭載した『スターフォックス2』の開発が進められていたが、NINTENDO64の発表・発売があったため、『スターフォックス64』の開発プロジェクトに継承されていった。

キャラクターの年齢など、設定や時系列はこの作品で独立している。
したがって、この作品のパラレルワールド的世界観で制作された64版以降の作品とは矛盾や相違点がある。

ストーリー

長い平穏を謳歌してきた恒星ライラット系に危機が訪れた。
元凶は天才科学者Dr.アンドルフ皇帝。
彼は惑星ベノムを拠点に、圧倒的な軍勢で周囲の惑星に侵略の魔の手を伸ばしていた。
これに対してライラット系の首都・コーネリアの軍が出撃して鎮圧に向かうが、
皇帝アンドルフ軍の兵器の前にはまったく歯が立たず、敗戦に次ぐ敗戦を喫する。
コーネリア軍の将軍ペパーは、ここに到り最後の手段を実行に移すことにした。
投入するのは超高性能全能型戦闘機「アーウィン」。
反重力を発生することの出来るこの機体は従来の軍用機とは比較にならない性能を持っている。
だが問題は、その操縦ができるパイロットがもはや軍に残っていなかったことだった。
ペパー将軍は、ここである義賊団に目をつける。
それはフォックス・マクラウドをリーダーとして、
惑星パペトゥーンを拠点に皇帝アンドルフ軍の船だけを襲撃する宇宙義賊「スターフォックス」の4人組だった。
彼らが戦果を上げながらも金に困っていたことに将軍は着目し、アーウィンの操縦を依頼する。
その結果、ペパー将軍の狙い通りにスターフォックスは難なくアーウィンを乗りこなす。
ここに、やとわれ遊撃隊「スターフォックス」が誕生。アンドルフ軍の殲滅に向かうことになった。

システム

▼プレイヤーは主人公のフォックスが乗る戦闘機アーウィンを操る。

▼1つの惑星や宙域が1つのステージとなる。
 プレイヤーは惑星コーネリアのステージから始め、惑星ベノムを目指す。
 コーネリアからベノムまでのルートはレベル1〜3の全部で3つ存在しており、ゲーム開始時に選択する。
 ルートごとに攻略するステージが違うほかに、それぞれ難易度も異なる(高いレベルほど難易度が高い)。
 惑星コーネリアのように、同じ名前のステージが複数のルートに存在する場合もあるが、その場合でもルートが違えばステージ構造は異なる。原則的にレベル1〜2は全6面、レベル3は全7面。

▼ステージを進めて、最後に待ち受けるボスを破壊することでステージクリアとなる。

▼クリアすると、そのステージ全体で出現した敵機のうち何%を撃墜したかが集計される。
 撃墜率×100がスコアとなり、一定のスコアに達するごとにコンティニュー回数が1増える。

▼敵の攻撃を受ける、地形にぶつかるなどするとアーウィンのシールド残量が減っていく。
 シールド残量が0になるとミスとなり、残機が1つ減る。
 残機が0の状態でミスをするとゲームオーバーになる。
 減ったシールド残量はアイテムを取ることで回復するほか、ステージクリアによって完全に回復する。
 アーウィンの翼にダメージを受け続けると、翼が破壊されてしまうことがある。
 この状態では、ブラスターが初期状態の単発のものに戻ってしまったり、旋回速度が下がったりといったペナルティを受ける。
 破壊された翼は、ブラスターを強化するアイテムを取得することで自動的に修復アイテムを取得して復活する。

▼フォックスの他にも3人の仲間が戦線に参加しており、逐一アドバイスなどの通信を送ってくる。
 時々敵機に追われることがあり、この時は追われている仲間の機体のシールド残量が表示される。
 敵機を撃墜しないと仲間はダメージを受け、最後には墜落してしまう。墜落してしまった仲間は以降のステージで登場しなくなる。

▼ゲームオーバーになった際にコンティニュー回数が残っていれば、そのステージから再開することができる。
 ただしその場合、アーウィンの状態およびスコアはリセットされる。

シリーズ作品

タイトル機種媒体説明
スターフォックスSFC1993年発売。シリーズ第一作目。
スターフォックス2SFC初代作の続編として開発されていたが、発売中止となった。
スターフォックス64N641997年発売。初代作と「2」をリメイク・再設定したものであり、こちらがシリーズの原点となっている。
さらば愛しのファルコ- ニンドリ連載の漫画版。「アドベンチャー」の公式サイトに掲載中。
スターフォックスアドベンチャーGC2002年発売。開発はレア社。アドベンチャーを重視した作品で、従来のシューティング要素はおまけ扱いとなっている。
スターフォックスアサルトGC2005年発売。開発はnamco。生身で戦うTPS要素も含まれている。
スターフォックスコマンドDS2006年発売。Q-Gamesとの共同開発。エンディングが黒歴史として有名。
スターフォックス64 3D3DS2011年発売。「64」のリメイク作となっている。
スターフォックス ゼロWii U2016年発売。およそ10年ぶりに製作される完全新作。Game Padとテレビ画面の双方を駆使したまったく新しい操作法になっている。また、ヘリコプター型の新マシン、ジャイロウィングも登場。
スターフォックス ガードWii U2016年発売。12台のレーザー付き監視カメラをGame Padで操作し、敵を撃退する監視カメラシューティング。ダウンロード専用ソフトであり、パッケージ版はゼロとのダブルパックのみ。


関連イラスト

無題
Adventures of the Lylat Wars


リメイク発売おめでとー!
スターフォックス



キャラクター

(※印は、発売中止のスターフォックス2に登場した幻のメンバー。)
スターフォックスチーム
フォックス
クリスタル
ファルコ
スリッピー
ペッピー
ナウス64
ジェームズ
ミユ(※)
フェイ(※)

スターウルフチーム
ウルフ
レオン
ピグマ
アンドリュー
パンサー
アルジー(※)

コーネリア防衛軍
ペパー将軍
ビル
アッシュ
フォックス・シニア

その他
アンドルフ
キャット
トリッキー
ベルツィーノ
アマンダ
ルーシー
ビビアン
マーカス
ヴィクシー

登場メカ

アーウィン ランドマスター ブルーマリン ジャイロウィング グレートフォックス
ウルフェン

ステージ

アウトオブディスディメンションズ

関連タグ

任天堂 STG F-ZERO
スターフォックスのCPタグ一覧

HIDE - XJAPANのメンバー(故人)。1作目の大ファンであり、デビュー・シングルの『EYES LOVE YOU』のミュージック・ビデオにその影響が見られる。
広末涼子 X-GUN オセロ ネプチューン - 64版のCMに出演。

他の記事言語

Star Fox

pixivに投稿された作品 pixivで「スターフォックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7444946

コメント