ピクシブ百科事典

アーチャー(Fate/staynight)

あーちゃー

アーチャーとは『Fate/stay night』に登場する弓兵のサーヴァント
目次[非表示]

────さらばだ。理想を抱いて溺死しろ

プロフィール

真名???
身長187cm
体重78kg
出典???
地域???
属性中立・中庸
イメージカラー
特技ガラクタいじり、家事全般
好きなもの家事全般(本人は否定)
苦手なもの正義の味方
天敵遠坂凛間桐桜イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
CV諏訪部順一
人気投票3位(男性1位・型月10周年記念)


概要

第五次聖杯戦争における「弓兵」のクラスのサーヴァント
マスターは遠坂凛。赤い外套を纏った浅黒い肌の男性。

凛は本来、セイバーを呼び出すつもりだったが寸前でヘマをしてしまい、彼を呼び出す事となってしまった。
「アーチャー」のクラスではあるが、劇中で初めて登場した彼の武器が弓ではなく二本一対の陰陽の夫婦剣「干将・莫耶(かんしょう・ばくや)」であり剣術による白兵戦を好むなど、謎である部分がかなり多い。
彼の正体は凛ルートシナリオ「Unlimited Blade Works」にて明かされる事となる。

なお、『Fate/EXTRAシリーズ』に登場するは、一応『同一人物』だが基本設定が違う模様(詳しくは該当項目を参照)。

人物

キザで皮肉屋、現実主義者。だが根はお人よしで世話焼き、たまに子供っぽい。ここぞという時にニヒルな冗談を口にするプレイボーイでもある。
乱暴な召喚のせいで記憶が混乱し自分が何者か分からないと言い張っており、マスターである凛もその真名を知らない。特技は家事全般で、彼の淹れる紅茶は凛のお気に入り。
衛宮士郎を個人的に敵視しているようだが、その一方で彼に対して的確な助言を送ることもある。
合理的な戦術、社会的な正義を良しとするが、彼の発端は『万人を救いたい』という理想である為、冷徹に徹しきれないところがある。

「背中で語る漢」の名が相応しく、辿ってきた数奇な人生を語るかのような、その背中が印象的なキャラクター。本編では純粋に背面のみという普通あり得ない立ち絵が2種類も用意されているほど。

彼は生前の末路に満足しているため聖杯に託す願いは無い。「凛を勝者にする事」自体が望みと言えよう。ただしそれ以外の「願望」はまた別のところにあるのだが。

続編『Fate/hollow ataraxia』では、士郎と同じく真実を探る者。
凛とは契約を破棄しており、作中でも「これは己の戦いでは無い」といつもの赤い外套は身に着けていない。夜はとある場所で待ち構えて大橋を渡ろうとする者を狙撃しており、前作では中々拝めなかった「弓兵」としての彼の本領を見ることが出来る。
見事撃破すれば昼にも現れるようになる……のだが、釣り人姿でのハジケっぷりが印象的過ぎると評判。

釣りの英霊



能力

ステータスは低い方であるが、それを補うほどの芸達者。
剣技はお世辞にも天才とは言えない凡夫のそれだが、あらゆる芸を限界まで極めた努力家。
特に防戦を得意としており、ランサー戦では宝具以外の攻撃は全て防ぎきっている。

本職は中~遠距離戦で、「偽・螺旋剣(カラドボルグⅡ)」や「赤原猟犬(フルンディング)」といった魔剣を矢とした狙撃の威力は絶大である。

他にも投擲に対しては無敵とされる盾「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」も持つが、これらすべては彼が持つ固有結界の副産物でしかなく、厳密に言えば他の英霊のような固有の宝具は持っていない。
ちなみに彼を象徴する赤い外套は「赤原礼装」と言い、ある聖人の聖骸布から作られた概念武装で、外敵ではなく外界から守る効果がある。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
遠坂凛DCCBE???
藤丸立香DCCBE???


保有スキル

対魔力(D)魔術への耐性。一工程の魔術なら無効化できる、魔力避けのアミュレット程度のもの。
単独行動(B)マスター不在・魔力供給なしでも長時間現界していられる能力。マスターを失っても2日は現界可能。
心眼(真)(B)修行・鍛錬によって培った洞察力。窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す。
千里眼(C)「鷹の目」とも呼ばれる視覚能力。例え高速で移動する相手でも4km以内の距離なら正確に狙撃できる。より魔術的に高次元の千里眼は、遠方はおろか未来さえも見通すことが出来る。
鷹の目(B+)『FGO』にて「千里眼」が変化。「千里眼(C)」がより狙撃に特化したものと考えられる。
魔術(C-)基礎的な魔術を一通り修得している。
投影魔術(A)グラデーション・エア。道具をイメージで数分だけ複製する魔術。ただし、彼が使っているのは、一般的なそれとは少々性質が異なる。彼が愛用する『干将・莫耶』も投影魔術によってつくられたもの。投影する対象が『剣』カテゴリの時のみ、ランクは飛躍的に跳ね上がる。この、「何度も贋作を用意できる」特性から、彼は投影した宝具を破壊・爆発させる事で瞬発的な威力向上を行う。


宝具

無限の剣製(アンリミテッドブレードワークス)

  • ランク:E~A++
  • 種別:???
  • レンジ:???
  • 最大補足:???

宝具を持たない彼を英霊たらしめている能力にして固有結界と呼ばれる特殊魔術。
一定時間、現実を心象世界に書き換え、今まで術者が視認した武器、その場で使われた武器を瞬時に複製し、ストックする。ただし、複製した武器はランクが一つ下がる。
詳しくは当該項目を参照。

人間関係

遠坂凛
第五次聖杯戦争におけるマスター。些細な口喧嘩は絶えないが、互いに信頼しており相性は抜群。
UBWルートではある人物のことを託す。

セイバー
生前の彼の関係者。記憶が摩耗しても例え地獄に落ちても、彼女の事を忘れることはなかった。

衛宮士郎
因縁の相手。ある事情により仲は悪いが、的確なアドバイスを送ることもある。

藤村大河
本編で直接絡むことはないが、彼女が危機に陥った時には真っ先に心配した。

ランサー
犬猿の仲。相性が悪い腐れ縁。

ギルガメッシュ
同じく腐れ縁。能力的には相性はいいが、向こうも「贋作者」と嫌悪・警戒しているため分が悪い。

外部作品での活躍

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

先代カード回収者であるバゼットにより撃破され、そのカードは凛、そしてイリヤクロエへと託される。

「ドライ!!」の回想では、”誰にも繋がっていないクラスカード”を美遊の兄が自身を触媒として夢幻召喚した。

「限定展開」では矢の無い弓に変化。自身で矢を用意しなければならないため「実戦では使えない」と評されていた。しかし「夢幻召喚」ではその真髄を発揮する。固有結界の能力をフルに生かし、白兵戦から遠距離戦まで多彩な戦闘が可能。また、イリヤやクロエが使用した場合、「過程をすっ飛ばして結果を再現する」という小聖杯の力により、通常ならば不可能なアーサー王の聖剣すら投影してみせた。

Fate/GrandOrder

初期から実装された☆4(SR)のアーチャー。
序章『炎上汚染都市冬木』の中ボスとして登場。セイバーの従者となり、シャドウサーヴァント化している。キャスターから「セイバーの信奉者」呼ばわりされているが、気には留めていない。だが倒されると、セイバーの暴走がやはり気がかりだったらしく、主人公たちに後を託して消えていく。
アニメ『First Order』ではキャスターと激闘を繰り広げている。

マイルームでは主人公にかつての自分が重なるのか、色々と世話を焼いてくれる良き先輩。
絆レベルが深まってくると一人称に“オレ”がよく出てくるようにもなる。ただ金色のアーチャー青いランサーとはチームを組みたくない」と、珍しく注文を付けてきたりも。
依代になった人間のせいか、ジャガーマンにはどこか甘く、「自分では対処できないので、『おかわりは二杯まで』と言い聞かせてほしい」とマスターに頼んでいる。直接言い出せていない上に、おかわりの量も妥協しているほどである。
なお、以前から『無銘』との区別が疑問視されていたが、奈須氏曰く「セイバーといるとstay nightに、EXTRA勢と一緒に出ると無銘に、という書き分けがなされています」との事。

イベントでは家事が得意で世話焼きな一面がクローズアップされる事が多く、見た目もいつもの赤い外套とオールバックではなく、外套を脱いで髪を下した第二霊基解放状態で登場することが多い。
カルデアではすっかり“おさんどんアーチャー”の位置が定着しており、期間限定イベントで登場すると大体は台所事情か、保護者枠としての立ち位置が付随してくる傾向にある。

一方、本作で変装スキルが大変残念なことも露見し、2016年のクリスマスにはサンタムを名乗ってアイマスク上のダサイ仮面を着用し、呪腕のハサンから呆れられ、翌2017年の『ぐだぐだ明治維新』では前年の大河ドラマの主役の霊基が入りこんだにもかかわらず、サンタムの時と特に変わらない(一応、額に六文銭の紋があり色も赤くなってはいる)ダサイ仮面を付けて登場している。どちらも本人は完璧に変装したつもりでいるので、残念さ加減に拍車をかけている。
尚、イベント『深海電脳楽土_SE.RA.PH』にて自分の反転存在の持つ二挺拳銃を「誰が使っても格好いいに決まっている」と言い、挙げ句の果てに「オレも使いたかったなー」と子供じみた発言をしている。もはやキャラがブレすぎである。

カード性能

カードバランスは《Arts:3/Quick:1/Buster:1》と、キャスター型という変則系。
ステータスはHP・攻撃力ともバランスが良いものの、低レベル帯では伸び悩むため、第二章でセイバー属性の雑魚が頻出するまで出番に恵まれないところがある。

とはいえ、Artsが多いおかげでNPが貯めやすいので割と頻繁に宝具解放が可能で、割とどのサーヴァントとと組ませても卒のない仕事ぶりを見せてくれる。特に高ランクサーヴァントとの噛み合わせがよく、ArtsチェインでNPを貯蓄しながら、隙を見て宝具を放っていける器用さが一番の強みといえる。
スキルは、1ターン回避付加&3ターン防御UPの「心眼(真)(B)」と3ターンクリティカルスター発生率を上げる「千里眼(C)」、1ターンArtsカード性能UPの「魔術(C-)」と、便利だが若干の癖のあるラインナップのため、使いどころを見極める必要がある。

宝具は勿論「無限の剣製」。属性はBusterで、効果は【敵全体に防御力無視の強力な攻撃&3ターン攻撃力ダウン】。当初は宝具ランクが「E~A」だったが、絆クエストクリアで「E~A++」に戻り、ゲーム中での威力もアップする。
BGMがわざわざ『エミヤ』のアレンジ版に変わる豪華仕様。詠唱も略式だが、ちゃんと唱えてくれる。
“防御力無視”の特性があるため、スキルで防御をガチガチに固めた敵に対してダメージを通せるのが利点。さらに多段ヒットする事からクリティカルスターを稼げる上に、敵の攻勢も弱めてくれる。
ただBuster属性ながらいまいち爆発力に欠けるため、威力面はチェインと絡めたりスキルで補強してやる必要があった。

また、一周年記念で追加された強化クエストをクリアする事で「魔術(C-)」が「投影魔術(A)」に変化。効果が【自身の全カードを1ターン強化】となり、強化倍率も上昇する。
これにより宝具威力の強化が可能になったため、かなり使い易くなった。
更に、その後追加された2つ目の強化クエストをクリアする事で「千里眼(C)」が「鷹の目(B+)」へ変化。3ターンの間クリティカル威力アップが追加され、スター発生率も驚くほどに強化される。
これにより、「宝具でクリティカルスターを稼ぎクリティカルを狙う」という動きに磨きが掛かり、ハイレベルなアタッカーへと成長した。また、「投影魔術(A)」も、宝具と重ねるかクリティカルを絡めたBraveチェインに使うかの選択肢が生まれたため、使い所が重要になる。

そして、『Fate/EXTELLA』発売記念キャンペーンに合わせて戦闘モーションが刷新。スピーディーさを感じさせる動きになった他、これまで使っていなかった弓も使用する。
EXTRAattack時には、夫婦剣のオーバーエッジも披露する。

総じて色んな意味で大器晩成型。錬鉄の英雄へ至る道のりは長く険しいが、十分に育った彼の一撃は☆5サーヴァントにも引けを取らない。

相性の良い礼装はもちろんマスターが描かれているフォーマルクラフトだが、同じようにマスターが描かれている礼装を持つセイバーライダーと違い、常時最大の効果を発揮できる代わりに宝具に補正が乗らないという弱点が存在する。

余談

Fateシリーズにおける「弓を使わないアーチャー」の代表格。彼の弓使用イラストは「stay night」本編中(しかもコンシューマー版)でたった一枚しか無いなど筋金入り。なお2014年放送のTVアニメでは弓の使用シーンが大幅に増えており、キャラクター原案の武内氏は「弓持ってるアーチャーも格好いいな」と再認識したらしい。

男性キャラの中では最高人気を誇り、人気投票では第1回・第2回共に3位に入った。
さらに、2012年に行われた『TYPE-MOON10周年記念人気投票』でも並み居るヒロイン(主人含む)や当時アニメ放送で話題だった『Fate/Zero』のキャラ達を押しのけ、男性キャラでは1位・総合でも3位に輝いている。

また、台詞のカッコ良さにも定評があり、ネタにされる名台詞・迷台詞が多い。
携帯サイト『まほうつかいの箱』で行われた名台詞投票でも、首位こそ両儀式に取られたが数多くの台詞がランクインし、「全体的にアーチャー無双だった」と評された程。
この記事冒頭で挙げたのは、公式でも改変セリフやパロディによく使われる代表格である。

2006年版のアニメでは14話の「かっこいいポーズ」が一世を風靡するほどのネタとなっていた。
AÀも多数生み出され、このシーンになると掲示板や動画が「やだ…かっこいい…」で埋め尽くされる状態であった。

関連イラスト

アーチャー
開幕


英霊エミヤ
アーチャー



関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント アーチャー(Fate) UBW
Fate/staynight Fate/hollowataraxia Fate/GrandOrder
アーチャー召喚祭

pixivに投稿された作品 pixivで「アーチャー(Fate/staynight)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6293835

コメント