ピクシブ百科事典

衛宮士郎

えみやしろう

TYPE-MOONの作品『Fate/stay night』の主人公。
目次[非表示]

概要

魔術師見習いの少年。養父の影響で、「正義の味方」になることを本気で志している。
聖杯戦争に巻き込まれ、偶発的にセイバーを召喚してマスターとなり、以後争いを止めるために奮闘する。

プロフィール

誕生日不明
身長167cm
体重58kg
イメージカラー赤銅
特技ガラクタいじり、家庭料理
好きなもの家庭料理
苦手なもの梅昆布茶
天敵言峰綺礼
CV杉山紀彰野田順子(幼少期)

※「苦手なもの」と「天敵」については、「Fate/hollow ataraxia」付属マニュアルの誤植を元に、入れ替わって紹介されることがある。

略歴

10年前に起こった冬木大火災の唯一の生存者。天涯孤独となった士郎は、自分を救ってくれた男・衛宮切嗣の養子となり、姓を衛宮に改める。
切嗣は家を留守にしがちだったが士郎は彼を強く慕っており、魔術師であった彼に魔術を教えてくれるように無理に頼み込むなど「切嗣のようになること」に強く憧れていたが、五年後切嗣は病のために死去。彼が死ぬ寸前に呟いた「正義の味方になりたかったんだ」という言葉から、彼の志を継ぎ「正義の味方」になることを決意した。それからは生活費を自分で稼ぐべくアルバイトに励みつつ、「正義の味方」を目指して毎日鍛錬に励んでいる。

それから五年後、穂群原学園の二年生になった士郎は片付けのために学校に居残っていたが、その帰りに夜の校庭で争うランサーアーチャーを目撃してしまう。
異常と自分が殺されることを察知して逃げ出すものの、逃げ切れるはずもなく青い男に追いつかれて心臓を一突きにされて即死寸前の致命傷を負い、意識を失ってそのまま死ぬはずだった。
しかしアーチャーのマスターである遠坂凛によって破壊された心臓を治療されたことで生還し、意識を取り戻した後なんとか自宅に戻る。そこで士郎の生存を察知した青い男に再び襲われてしまうが、逃げ込んだ土蔵で偶発的にサーヴァント「セイバー」が召喚され、生き延びることに成功する。
その後、凛と言峰綺礼から聖杯戦争のことを聞き、争いを収めるべく魔術師同士の殺し合いにその身を投じることになる。

人物

基本的には素朴で実直。頑なな性格と童顔で勘違いされがちだが、表情は基本的に冷静。士郎視点で進む本作では分かりづらい特徴だが、本編プロローグの士郎視点と凛視点を見比べてみると、その辺りがよく分かる。
「正義の味方」を目指してるだけあって、自分にできる範囲ならなるべく人の助けになろうという考えを持ち、基本的に頼まれたことは断らない(断れない、のではない)。学園内ではさまざまな要望に応じて各地に赴き、機械の修理や頼まれごとを引き受けていることから、「穂群原のブラウニー」「ばかスパナ」といったあだ名を持つ。
「魔術師は等価交換で動くもの」と幾度か凛に指摘されているのだが、災害を経て「自分自身を勘定に入れる」機能が失われた彼にとっては、「頼まれごとを引き受けること」が対価そのものに等しい。 琴線に触れられればカッとなりやすい性格だが、前述の通り「自身に累が及ぶこと」に無頓着なため、間桐慎二の我儘に対する態度は逆に不思議なほど鷹揚。「よく考えた上で自分を勘定に入れない」人物なため、「よく考えた上でプレイヤーが唖然とするような行動をとる」という一種奇妙な主人公になっている。

養父からの『借り物の理想』を追いかけて正義の味方を目指し、人助けのためなら自らを省みないその生き方は、奈須きのこの表現によれば「一生懸命人間のふりをしているロボット」あるいは「人間になろうとしているロボット」。言峰綺礼が先天的な破綻者であるとすれば、彼は冬木大火災が元で人生が狂った後天的異常者である。

趣味は故障品の修理。ガラクタ弄りとも言う。あと裁縫とか掃除とかのマメなことも好き。五年前からほぼ一人でそれなりに広い家を管理し、あとわりとダメ人間の藤村大河の世話もしてきたため家事は得意。料理も得意だが中華料理に限っては、遠坂凛に自慢の中華を振舞われるまで、「みんな味が一緒だろう」という偏見を持っていた。これは地元商店街唯一の中華料理屋である紅洲宴歳館・泰山の、「ありとあらゆる食材を唐辛子まみれにする」その地獄的な辛さへのトラウマを持っていたためである。
和食を得意料理とする一方、意外にも苦手なものは梅昆布茶。本人曰く「昆布茶のドロッとした感じがダメ」。

余談であるが、
なんでさ
ハイセンス
「だめでござる。今日は断食するでござる」
「星が! 星が見えたスター!」
「危うし命助けて俺、ただいまライブで大ピンチ」
凄まじいな。いや、内容じゃなくて、これを書面に起こす精神性が
など、妙に使い勝手が良い迷言が多い。

能力

体は毎日鍛えているが、これは「いざという時に動けるようにするため」のもの。戦闘訓練を意図したものではなく、家の道場も剣道場としては長らく使われていなかった。魔術を使わない純粋なケンカでは、それぞれの試合形式では専門家に譲る。ただし、“どっちが根を上げるかが勝負みたいなケンカ”なら学園最強ではないか、とのこと(何しろ諦めない)。

かつて弓道部に所属し、弓を得手とする。部長・美綴綾子の知る限り、士郎の矢が的を外したのは「外れることが予めわかった上で射った」時のみ。高速移動する眼球大の的に命中させることも可能な、文字通り百発百中の腕前を持つ。
この弓の腕前は魔術鍛錬の副産物。弓道とは自分を殺す道であり、自己を『無』にする点において弓道と魔術の鍛錬は似通っている、とされる。とはいえこれは「魔術師ならば誰もが弓の名手だ」という意味ではなく、作中で「自分で自分の喉を突き刺しているようだ」と評される鍛錬を八年毎晩続けた人物ならではのことだろう。
余談だが、士郎自身は魔術の瞑想を流用した自分の射を道と思っていない節があるが、作中では某人物が「自分の弓は弓術であり、士郎の弓は弓道である」と指摘するシーンがある。

ただし、その命がけの魔術鍛錬は方法として完全に誤っている。
これは、
・切嗣は士郎が魔術を学ぶことにあまり賛成していなかった
(二年間士郎に頼み込まれ続けてやっと折れたほど)
・更に家を長期間留守にしがちだった
・士郎の特性は異端であり切嗣にもそれが読めず、適切な指導ができなかった
・もっと言えば切嗣はまともに魔術を教えるつもりが無く、わざと誤った鍛錬方を教えていた

というような事情に起因する。
よって、物語開始時は、魔術師としては知識・技量ともに半人前以前の問題。魔術師として常識的なことも半端にしか知らない。その割に魔術師としての心構えは身についており、特に死に対するそれはある局面では遠坂凛をも上回る。彼女はそこに士郎の歪みを認識する。

彼が使える魔術は一見実用性の無い方向に発揮されることが多く、これが切嗣をして指導を見誤らせる一因にもなった。これは士郎の魔術師としての特性が、ある魔術への一点特化型であることに起因する。
シナリオ担当奈須きのこによると、『魔術師としては最後まで半人前だが、魔術使いとしては大成する』『士郎が一番美味しい外見&設定なのは、きっと二十歳過ぎたあたりだと思うんだけど、どうか。』とのこと。

(stay night世界とはパラレルワールドという扱いではあるが)「Fate/EXTRA」でパートナーに特定のサーヴァントを選択すると、とある登場人物の回想で、その後の彼が辿るかもしれない一つの可能性の姿…のような一枚絵が見られる。

fate落書



人間関係

衛宮切嗣
   養父。命の恩人であり、憧れ。
藤村大河
   隣人。姉代わり。精神的には彼女に守られているものの、日常生活は完全にお世話する側になっている。
間桐慎二
   友人。弓道部副部長。ワカメ。色々と困ったちゃん。
柳洞一成
   友人。生徒会長。寺の息子。
遠坂凛
   同じ学校の生徒。命の恩人。聖杯戦争で同盟を組んだ相手で魔術の師匠。ルートによっては恋人に。
間桐桜
   間桐慎二の妹。料理の弟子。ルートによっては恋人に。
セイバー
   召喚したサーヴァント。剣の誓いはどのルートでも有効。ルートによっては恋人に。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
   妹のような存在。(が、彼女は義理の姉にあたる)
アーチャー
   何かといがみ合う、相性の悪い相手だがそれは彼の正体に大きく関係している。

プリズマ☆イリヤ

ようじょはーれむ?


イリヤの義兄。本作は聖杯戦争が起こらなかった世界だが、なぜかこちらでも切嗣の養子になっている。
料理スキルの高さやお人好しで鈍感な性格は変わってないが、イリヤと共に育った名実共に義兄であり、魔術は習っておらず弓道を続けているなどの違いがある。

前述の通り魔術師では無い為バトル面では完全に部外者だが、イリヤを始め、美遊クロ・凛・ルヴィア……etc と本編を超える一級フラグ建築士ぶりが目立っている。
さらに1期第1話の風呂場乱入を筆頭にラッキースケベの常習犯でもある。

関連イラスト

衛宮士郎
鉄の心
士郎さん
剣戟の極地



関連タグ

Fate/staynight(Fate/stay night表記ゆれ)

pixivに投稿された作品 pixivで「衛宮士郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8896297

コメント