ピクシブ百科事典

王の財宝

げーとおぶばびろん

『Fateシリーズ』の登場人物であるギルガメッシュの宝具のひとつ。
目次[非表示]

性能

  • ランク:E~A++
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~99
  • 最大補足:1000人


概要

英雄王ギルガメッシュの代名詞とも言える宝具
黄金の都バビロニアの宝物庫と、それに繋がる鍵剣(王律鍵バヴ=イル)。

まだ人の領域が限られた世界だった神代。
王は地上のすべての財宝を集め、これを納める宝物庫を建造した。
後の世に生まれるであろう様々な宝の原典。人間の知恵、人間の叡智が確かである証左。
人々はこれを"神の門"と呼び讃えた。
むべなるかな。これらを納めた「蔵」そのものが、収納した財宝を上回る神秘となったのだから。
そして、その蔵の鍵は彼の王にしか扱えない。
鍵の金型は絶え間なく変化し、財宝の目録は今も増え続ける。
それらを瞬時に読み解く智慧なくして、宝物庫の鍵は開かない。

性能

かつて世界の全てを手中に収めたとされる英雄王が有する宝物庫には、ありとあらゆる伝説の原典となった宝具が財宝として収められている。

より正確に言えば「王の財宝」に収められているものは財宝というよりも『人類の知恵の原典』であり、死後も「この世の全ては我のもの」で財宝が追加され続けている為、最早何でもアリに近い。「王の財宝」の中に無いものは基本的に『新人類が生み出す、まったく新しい概念によるもの』か『他天体の知的生命体による文明技術によるもの(つまり異星人の技術)』のどちらかとされている。

ただし、彼の宝物庫にも限界はあり、セイバーの「全て遠き理想郷(アヴァロン)」、カルナの「日輪よ、具足となれ(カヴァーチャ・クンダーラ)」など人類の手に依らない最高ランクの宝具、そしてヘラクレスの『十二の試練』のように生前の逸話を昇華した宝具だけ含まれていない。
また、宝物庫の中身はギルガメッシュの把握している範疇をとうに超えている為、聖杯など、本人がどんなモノかを知らない物は狙って取り出す事は出来ない模様。この理由でカルナの『日輪よ、死に随え(ヴァサヴィ・シャクティ)』のような使われたことがない宝具は、用途や出典が分から無い為収蔵されていたとしても取り出すことが出来ず、使うことも出来ない。

なお、宝物庫の容量は事実上無限大で、中身は所有者の財の量に準ずる。使用者の財があればあるほど強力な宝具になるのは言うまでもなく、逆に財を持たない者がこれを使っても、あまり意味が無い。


戦闘においては、主に蔵から宝具を直接射出して攻撃を行う(この戦い方は生前からの悪い癖らしい)。
射出される財宝はその全てが膨大な魔力を纏った原初宝具であり、その威力は破滅的。宝槍を無造作に投擲するだけでも爆撃を彷彿とさせる攻撃力を発揮し、十数発も投げ撃てば街区が丸ごと吹き飛ぶほどの破壊をもたらす。
砲門の数も凄まじく、その気になれば無数の宝具を雨霰と降らせることも可能。特に『Fate/strange Fake』においては、エルキドゥ戦で500丁以上、真アーチャー戦ではなんと1000丁を超える砲門を同時に展開している。
財宝の展開方法は様々で、基本的には背後に展開した上で射出する形で用いるが、敵を取り囲むような形で展開したり、敵の足元からいきなり出現させたり、敵の周囲360℃を囲みつつ竜巻のような形で一斉射出する場合もある。
また取り出せるのは武器だけではなく、盾を出現させて攻撃を受け流す描写も見られる。

この時点で「大抵は適当に財宝を射出しているだけで勝てる」というチート宝具なのだが、これに加えて相手の弱点となる武器を蔵から持ち出すことでどんな相手にも対応できてしまうという優位性も持っている。
英雄殺しはもちろん、竜殺しの宝具や不死殺しの宝具、果ては神を縛る宝具など、様々な宝具を状況に応じて持ち出すことができ、これこそが英雄王ギルガメッシュを最強たらしめる所以である。

ただし、ギルガメッシュはあくまでも宝具の「持ち主」であって「伝説の担い手」ではないため、担い手のように宝具を使いこなす事も、真名開放することも出来ない。
その為、取り出す過程無く瞬時に武器を複製し、更に「伝説の担い手」の技術ごとコピーする事で使いこなす上に真名開放をも可能にする衛宮士郎五次アーチャーの『無限の剣製』や、宝具を強奪して完全に使いこなす事のできる四次バーサーカーの『「騎士は徒手にて死せず』は天敵と言える。

なお、ギルガメッシュがアーチャーのクラスを割り当てられたのは、強大無比な宝具を有するのみならず、『王の財宝』による『射出』をメインとする戦闘スタイルを持つことに起因するようだ。
賢王として現界した場合、射出せずに貯蔵されている魔杖による攻撃を行う。

貯蔵内容

※一部。作中に登場したものについて記載。他にもまだ見ぬ宝具や財宝が色々入っているらしい。
※『プリズマ☆イリヤ』は他のシリーズとは別の設定で成り立っているので、今作が初出もしくは今作のみ登場している宝物については、他のFateシリーズの宝物庫には収納されていない可能性がある。
※所有する宝具にはそれなりに愛着があるようで(乖離剣エアと天の鎖は別格)、基本的に投げ撃った宝具は戦闘終了時などに全て回収される。戦闘中に射出した宝具を回収する行動はとらず、射出された宝具はギルガメッシュが立ち去るまではそのまま地面に刺さったまま残り続ける(原作、劇場版は正確に描かれているが、テレビアニメでは1作目、2作目共に射出した宝具が消えている)。

乖離剣エア
無名にして最強の剣。エアという名前はギルガメッシュがつけたもの。剣というより円柱状の刀身を持つ突撃槍のような形状をしている。起動すると刀身がドリル状に回転する。
彼自身が真名解放できる究極の切り札。真名開放した最大出力がExランクの対界宝具「天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)」。無論、出力を下げる事も可能。
元ネタはバビロニア神話の創世記叙事詩「エヌマ・エリシュ」に登場した、天と地を分けたとされる無名の剣。
ギルガメッシュも流石に愛着を抱いてはいるが、ソレは天の鎖には程遠いものであるという。Fateルートでは特に顕著だが、とてつもない武器にも関わらずそれほど本気でなくても平気で抜いてくる。UBWルートでも必要があれば人間相手でも躊躇なく使用を決意するほど。
ただし、最大出力の一撃を抜き放つのは、自らが認めた相手に対してのみである。

天の鎖(エルキドゥ)
かつてウルクを七年間飢饉に陥れた“天の牡牛”を捕縛した鎖。
自らの親友の名を冠した彼の所有物の中でもお気に入りの宝具。その信頼度はエア以上とされ、ギルガメッシュにとってエアがノートPCなら天の鎖は預金通帳と印鑑に匹敵するという。
使用者の意思に応じてホーミングし相手を拘束する。
能力は“神を律する”ものであり、捕縛した対象の神性が高いほど硬度を増す特性を持つ。神性を有する強力な英霊に対抗できる数少ない対神兵装だが、神性の無い者にとってはただの頑丈な鎖に過ぎず、戦闘型ホムンクルスなどの怪力かつ神性が無い相手には殆ど効果が無い。
なお、本人は(カーニバルファンタズムを除いて)天の鎖を「エルキドゥ」と呼んだことはない。

グラム
エクスカリバーと対極に位置する最強の魔剣。竜殺しの特性を持つ。

原罪(メロダック
グラム、カリバーンなどの「選定の剣」の原典。「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」ほどではないが、光の斬撃を発生させる。

透明な剣
名称不明。セイバーの斬撃を防ぐ為に使用。

氷をくり出す剣
名称不明。振ると空間ごと凍らせる。

魔力を奪う鎌
名称不明。セイバーの鎧ごと貫き魔力を吸収した。

カラドボルグ
アニメ版『Fate/stay night』に登場。当時は本来の使い手に関わる設定が無かったため、デザインは「偽・螺旋剣」になっている。

ゲイ・ボルク
クー・フーリンの槍。衛宮士郎の鑑定によると所有している。

ダインスレフ
士郎の鑑定によると所有している。

絶世の名剣(デュランダル)
魔力がなくても高い切れ味を誇る。

ハルペー
回復不可能力を持つ鎌。メドゥーサの天敵。

方天画戟
呂布が愛用したとされる武器。

ヴァジュラ
古代インド神話に伝わる宝具。一度限りの射出宝具で、ダメージ数値はB+に相当する。所有者の魔力とは関係なくダメージ数値を出すお手軽兵装。

天翔る王の御座(ヴィマーナ
インド神話に登場する、自在に空を飛ぶ乗り物。正確にはその原典。
水銀を燃料とする太陽水晶によって稼働し、思考によって操縦するというインド式チートマシン。
Fate/zero』では宝具として強化されたF15戦闘機と互角以上に渡り合える飛行性能を発揮していた。
strangefake』ではオプションとして数十の迎撃宝具が搭載されており、搭乗者を守る機能があることが判明した。

空中浮遊を可能にする宝具
ヴィマーナを使わず空中を歩くように移動している時も、特殊な宝具によって浮遊しているとのこと。

多目的ドリルランサー
Fate/EXTRA-CCC』(以下『CCC』)で通常攻撃の際に使用した重厚な武装。
斬り付けたり突き刺したりする以外にも、ガトリングガンとしての機能も有するようにも見える。

金色の斧
『CCC』で一部のスキルやEXターンの攻撃で使用。

金色の双刀
『CCC』で通常攻撃の際に使用。
日本刀のようだが完全に金ぴかなのでそういう形の黄金を武器として使っているようにも見える。
Fate/Prototype』に登場するギルガメッシュの使用する、終末剣エンキに酷似している。

エヌルタの灰油
『CCC』での戦闘スキル。自身の筋力を強化する。エヌルタは古代メソポタミアにおける神々の名前。

王律権ダムキナ
『CCC』での戦闘スキル。ターン終了時にMPを小回復する。ダムキナは古代メソポタミアにおける神々の名前。

王律権キシャル
『CCC』での戦闘スキル。使用した手から4手の間、被ダメージを半減する。古代メソポタミアにおける神々の名前。

対魔術武装
本人自身に大した対魔術はないが、武装でガチガチに固めているとの事。Aランクの魔術を余裕で防いだ。

多重次元屈折防具
詳細不明。設定によると持っているとの事。佐々木小次郎燕返しを防げるらしい。

若返りの薬
第四次聖杯戦争終結から第五次聖杯戦争までの10年間、問題を起こさないよう少年期に戻る為に使用した。『Fate/hollowataraxia』でも使用。ギルガメッシュ叙事詩にて伝えられる不老不死の霊草である。
Fate/GrandOrder』では、とあるイベントあるサーヴァント子ギルから「透明になる薬」と言われて受け取り、とんでもない目に遭ってしまう

神代の
Fate/Zero』の聖杯問答にてセイバーとライダーに振舞った。コレを奪い合う為に戦争が起きた程の美酒。

夜の帳
ガウェインとの会話でチラリと出てきた名前。聖者の数字を無効化できる宝具と思われる。

時返りの薬 
詳細不明。ただ本人の弁によれば下がったレベルを元の状態に戻すことができる模様。ただしいつもの油断慢心により使うことはなかった。

宝具を回収する宝具
これを使って使用した財宝を回収しているらしい。

光の船
人類が未来に作り出すであろう光の速さで飛ぶ船。銀河の果てからまでを短時間で移動可能。

胃を整える霊草
エリザベートの料理を美味にする宝具は宝物庫にも存在しないため、次善の策として主人公に提供しようとした霊草。ただし飲むと味覚が一生失われるというヤバすぎる副作用がある。

不老不死になる霊草
生前、蛇に奪われた不老不死の薬。服用者は不老不死を手に入れるものの、代償に植物のような存在に成り果てるという。
ギルガメッシュ叙事詩ではに盗まれているが、本人もその時点で不老不死などいらないと悟っていたので納得している。ただ財宝としては珍しいものだったので「王の財宝」を完成するためにこっそり国を抜け出して回収した。

令呪
『CCC』のあるルートにて主人公に与えた。本人曰く「令呪の一つや二つ、ストックがあって当然であろう」とのこと。

全自動調理器
シュメールが誇る超古代テクノロジーで作られた、全自動お料理マシーン。ヒュドラ肉(後述)のような危険な食材でも問題なく調理し、至高の料理を作り出す高性能機械。リミッターを外す事で性能がアップするが、そうすると何故か壊れてしまう。

ヒュドラの肉
幻想種である多頭蛇の生肉。思いっ切り毒物が入っているが、念入りに血抜きをして内臓を取り除けば問題ないとの事。

テーブルクロス
北欧に伝わる魔法のテーブルクロス「北風のテーブル掛け」の原型。
食べたい物の名前を唱えながらテーブルに広げると、使用者が望んだ料理が出現する最高級の品。
ドラえもんのひみつ道具「グルメテーブルかけ」の元ネタだと思われる。

エリクサー
ギルガメッシュを物理で殴るとたまにドロップするらしい。
レアモンスターですかギル様は。
赤ランサー曰く「ついつい大事にとっておくけど、結局ラスボス戦でも使わない味がする」との事だが、とても美味しいようだ。カルピスと混ぜるとさらに美味になる。
どういうことなの
本来は錬金術において飲めば不老不死をもたらすという霊薬を指す。

占い手袋
五芒星があしらわれた右手用の手袋。これをはめて占いを行った場合、的中率が上がるらしい。

視線避けの指輪
シュメールの古代文字が刻まれた指輪。
嵌めると一般人からは視認されなくなるが、あまりランクは高くなく、魔術師ならば普通に見抜けるレベル。

自動防御宝具
幾何学模様の装飾が施された数枚一組の円盤。
電光を放ちながら周囲を飛び回り、襲いかかる脅威に対して自動的に迎撃する。

遠視のレンズ
金色の輪に嵌められた歪んだレンズ。
遥か遠方の光景を映し出すことが出来る。

神々の盾
プリズマ☆イリヤ』で使用。
巨大な花弁の様な形状の大盾。鉄壁の防御力を誇る。
彼自身もその防御力には自信があったが、ツヴァイフォームとなったイリヤの放った一撃で貫かれてしまう。
他にも宝物庫には様々な時代・国の紋章が描かれた盾が収蔵されており、巨人の体の一部を覆ったりしている。

真・射殺す百頭(ナインライブズ)
『プリズマ☆イリヤ』で巨人状態の際に使用。
ヘラクレスが生前の偉業「ヒュドラ殺し」で使った巨大な大弓。

千山斬り拓く翠の地平(イガリマ
『プリズマ☆イリヤ』で使用。
メソポタミア神話に登場する、戦いの神ザババが持つ「翠の刃」。
「斬山剣」という別名を持ち、その名の通り、その刀身は山を切り裂けるほどに大きい。
泥の巨人となった時の使用が初だが、直後にツヴァイフォームとなったイリヤの斬撃によって両断されてしまった。アンジェリカに所有権を奪われた後も折れたままとなっている。

万海灼き祓う暁の水平(シュルシャガナ
『プリズマ☆イリヤ』で使用。
シュメールの戦の神ザババが使用していた「紅の刃」。
捩れた本体から炎が複数の刀身を形成し、敵を切り裂く剣。
アンジェリカが使用。

矢避けのお守り

  • ランク:D-
『プリズマ☆イリヤ』で使用。
子ギルが身に着けていたお守り。日食を象った金細工で、装備者の回避率を大きく上昇させ、Dランク以下の飛び道具による攻撃を無効化する。攻撃を無効化する度に金細工の日の欠けは大きくなって行き、欠けが日の大きさに達すると消滅する欠点がある。

身隠しの布
  • ランク:E
『プリズマ☆イリヤ』で使用。
古今東西で見られる「姿を隠す」宝具の原典。この布を被せる、もしくは括ったものは魔術的・光学的に観測不能となり、高度な結界にも探知されることはない。だが音や匂い、体温に気配その他諸々はだだ漏れで、全く役に立たない場合もある。極めて複雑な織りをした布で、織りの方向は少なくとも五次元に達しているとされ、この布の完全な再現は人間には不可能と言われている。
後に折りたたむ事で帽子になり、本来の名前も「ハデスの隠れ兜」であったことが判明。神話上ではゼウスポセイドンと並ぶ宝具のはずだが、何故ここまでランクが低いのかは不明である。

温泉
『プリズマ☆イリヤ』で使用。
拠点とした学校の屋上に出現させた露天風呂。男湯と女湯でちゃんと分かれている。子ギルの計らいで日本風にアレンジされているが、風呂場に「寿司」とか変な言葉が書かれていたりする場所もあり、少々「日本風」の意味を間違えている感は否めない。

透明化する薬
『Grand Order』で存在が明かされた霊薬。
服用すると透明化して姿が隠せるらしいが、所望した人物に子ギルは“寝ぼけて”「若返りの霊薬」を渡してしまう。

ウルクの大杯
『Grand Order』に登場。
望みを叶える願望器。聖杯の原典。膨大な魔力の籠もった杯。

天命の粘土板
『Grand Order』で存在が明かされた。
怪鳥アンズーが掠めた稀有なる大宝物、世界と神々とを統べる窮極の王権。

怪鳥アンズーが掠めた稀有なる大宝物、
世界と神々とを統べる窮極の王権―――天命の粘土板。
是に、怪鳥は触れるべきではなかった。
世界の悉くを危機に陥れたからか。否。
資格なき者が手を伸ばしても王権は応えず、アンズーは何ひとつとして得られぬが故に。
事実、大宝物はエンリル神の息子たる英雄神ニヌルタに奪い返され、世界は修復されたのだった。

そして長き時を経て後、人の時代の興りの頃。
大宝物は黄金の都へと収蔵された。

荒ぶる嵐神アンズーは何を想うか。
自らには叶わなかった王権の簒奪を、神の血を引く人たる英雄王が成し遂げたことに―――


その他、ピコピコハンマーの原典、毒見の宝具、ご褒美の飴、魔術を跳ね返す鏡のような盾、そして潜水艦や飛行機、知恵の木の実などの財宝が挙げられている。

外部出演での王の財宝

実は外部出演において、王の財宝が切り札として扱われた事は無い。

Fate/unlimitedcodes

ゲージ消費の超必殺技として登場。背後から蔵に貯蔵されている数多の宝具を、相手に向けて一斉射出する多段技。連続技に組み込めはするものの、割り込みには不向き。

Fate/EXTRA-CCC

Lv.34で解禁されるスキル。効果は「魔力依存ダメージ+スタン(2手)」。
燃費の悪さに定評のある英雄王の中でも指折りの高MP消費スキル。また、これを喰らった時の相手のボイスがちょっと間抜けになるのはナイショ。

Fate/GrandOrder

「しつけの時間ですね」
「野蛮ですがこれも戦法の一つ。財宝とはこう使う物です。『王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)』!」

通常攻撃で使用。
また、子ギルは天の鎖と併用して通常攻撃に用いている上に、当作品の彼の宝具に設定されている。
後にギルガメッシュ当人も戦闘アニメーションが刷新された際に、天の鎖を通常攻撃に併用している。

関連タグ

宝具 ギルガメッシュ(Fate) Fateシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「王の財宝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 726935

コメント