ピクシブ百科事典

キャスター(フラグメンツ)

きゃすたー

「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」に登場するキャスターのサーヴァント。
目次[非表示]

──魔術師に、真の意味での友人などいませんよ

プロフィール

真名ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス
クラスキャスター
性別男性
身長183cm
体重65kg
出典史実
地域欧州
属性混沌・善
サーヴァント階位第六位
CV三木眞一郎(FGO)

五元素を操る強力な魔術師(アベレージ・ワン)

概要

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』に登場するキャスターサーヴァント

白色のローブを纏った、女性と見紛いかねない長髪の美青年。
1991年2月に玲瓏館美沙夜の父によって召喚された。

Fate/GrandOrder』ではメインシナリオ第四章、第四特異点『死界魔霧都市ロンドン』に敵側のサーヴァントとして登場。

人物

性格は理知的で物静か。気性は温和で戦闘を好まない人の情愛は何より尊いものであると説く。
生粋の魔術師であるが、人を教え導くことに喜びを感じる人物で、美沙夜の父や幼い美沙夜にも真摯に接する人格者。また効果や効率を重んじすぎる魔術師の中で、魔術に風情や情感を覚える一風変わった人柄。
あまねく現代の魔術師たちは自らの教えを継ぐ弟子たちの裔とみなし、等しく慈しむ。
――世界が、それ(愛)を許す限りにおいては。

「根源への到達」と言う、「魔術師」として、恐ろしくまともな目的を持つサーヴァント。

一方、姿隠しを見破られているのに不気味な人影の姿で美沙夜の前に現れ、彼女に透明で冷ややかな氷のようだと思わせている。
また姿を現した後も、美沙夜は彼と話していると偶に「気圧されている」と感じる時があり、その思惑には不明な点があった。
実は美沙夜が出会った当初に覚えた不安は正しく、清廉ではあるが彼もまた「正しい魔術師」の一人であり、根源への到達には手段を選ばない。結果、玲瓏館を裏切って沙条愛歌の元に付き、美沙夜を彼女に売って遠距離から呪詛を掛けられるよう細工を行っていた。

聖杯にかけた願いは「根源への到達」だが、更に言えば、星の光(たとえば聖剣の)こそが根源から差し込む光に違いない、という自説が正しいか否かを確かめること――だった。
が、現在の彼は贖罪をこそ求めているのかも知れない。

以上の前科があることから、FGOでのイベントでは大概カエサル共々黒幕枠にされており、そして大概「良かれと思って滅茶苦茶な真似をする」というトラブルメーカーとなった。
結果、「何かつまらないトラブルが起きたらその黒幕はカエサルかこいつ」という方程式がカルデアメンバーの中で出来上がってしまっており、無実でも容赦なく疑われてしまう始末。

真名

真名は「パラケルスス」の名で広く知られる、伝説的な医師にして錬金術師ヴァン・ホーエンハイム。
十六世紀、ルネサンス期の人物として知られる。「四元素(五元素)の再発見」「三原質の再発見」を始めとして数多の功績と書物とを残した人類史と魔術史の双方に名を残す稀有な人物。
生前は「遍く人々を、愛し子を救うために成すべきことを成す」として、魔術師でありながらその研究成果を世間に広め、医療の発達に貢献した。そして、それを疎んだ他の魔術師の手によって最期を迎えたらしい。その聖人のような高潔さに美沙夜の父や美沙夜からは全幅の信頼を向けられる。

Fate/stay night』でも活躍したアイテムであるアゾット剣の本質的な意味での製作者にして所有者。作中でも美沙夜にアゾット剣を渡すことで自身の真名を示唆している。

能力

伝説的な錬金術師にして、「土」「水」「火」「風」「空」の5つの属性を併せ持つアベレージ・ワンの魔術師。宝石魔術を操る。
玲瓏館邸を「神殿」に作り変え、数十の結界と呪詛の罠、各方角に独立した防御機構である「エレメンタル」を一体ずつ配置し、気配遮断を持つアサシンや突破力に優れたバーサーカーの侵入すら阻む強固な陣を敷いている。また魔力を込めた宝石やホムンクルス、エーテル塊の欠片など、短時間で高度な魔術品の生成を可能とする。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
美沙夜の父DECABA+
藤丸立香DECABA+


保有スキル

陣地作成(A)「魔術師」のクラス特性。魔術師として自らに有利な陣地な陣地「工房」を作成可能。Aランクとなると「工房」を上回る「神殿」を構築する事ができる。
道具作成(EX)魔力を帯びた器具を作成する。伝説の錬金術師として数多の逸話を有した彼は、このスキルをEXランクで習得している。賢者の石と呼ばれる特殊な結晶を初めにエレメンタルと呼ばれる五属性に対応した人工霊、高度な判断能力と複数体での同期思考能力を有する人造人間(ホムンクルス)といった多彩な道具を作成する。宝石魔術に用いられる宝石の大量生産も、陣地に接続した霊脈を利用することで可能となる。
高速詠唱(A)魔術の詠唱を高速化するスキル。大魔術の詠唱を一工程で成し遂げる。彼の場合、これに加えて宝石魔術(具体的には賢者の石)を組み合わせて効率化を図っている。
エレメンタル(A+) 五属性に対応した人工霊を使役する能力。この人工霊をパラケルススはエレメンタル、または元素塊と呼称する。それぞれの属性元素を超高密度に凝縮させた結晶をベースにして作り上げられた魔術存在。火の元素塊は炎を凝縮させたモノであり、超高熱を操る。土の元素塊であれば超質量及び金剛(ダイアモンド)に等しい硬度を有する。なお、空=エーテルの元素塊は「エーテル塊」とは異なるもの。作成に掛ける手間次第ではあるが、サーヴァントの戦闘にもある程度まで対応可能な使い魔として操ることが出来る。
賢者の石(A)自ら精製した強力な魔力集積結晶、フォトニック結晶を操る技術。ランクは精製の度合いで大きく変動する。ランク次第で様々な効果を発揮するが、Aランクともなれば擬似的な不死を任意の対象にもたらすことも可能。


宝具

元素使いの魔剣(ソード・オブ・パラケルスス)

『元素使いの魔剣』


  • ランク:A+
  • 種別:対軍宝具
刀身の全てを超々高密度の“賢者の石”で構成された魔術礼装。パラケルススの魔剣であり、アゾット剣の原典。
宝具本来の効果は魔術の増幅・補助・強化だが、この剣を用いて直接対象を攻撃するのではなく、刀身の魔力によって瞬時に儀式魔術を行使し、五つの元素を触媒に用いることで、一時的に神代の真エーテルを擬似構成し、放出する。
実体化する擬似的な真エーテル(偽)はほんの僅かな一欠けらではあるものの、恐るべき威力で周囲を砕く。威力には自負があるものの、サーヴァント2騎以上をまとめて相手取って使用すべきと考えている。
更に、単純な破壊とは異なる真の機能を有している。この剣を構成している賢者の石はフォトニック結晶、霊子演算器としての能力であり、星の聖剣の斬撃すら取り込むが、セイバーの『約束された勝利の剣』によって手にした右腕ごと消えてしまった。

関連画像

無題
パラケルスス


どうか、このパラケルススと…
パラケス



関連タグ

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ キャスター(Fate) サーヴァント
魔術師 錬金術

パラケルスス・ロア(元人物が同じ)

pixivに投稿された作品 pixivで「キャスター(フラグメンツ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 901290

コメント