ピクシブ百科事典

間桐臓硯

まとうぞうけん

間桐臓硯とは、『Fate/stay night』及び、『Fate/Zero』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

読みまとう ぞうけん
誕生日不明
血液型不明
身長145cm
体重43kg(しかし、ある程度可変だと思われる)
イメージカラー群青
特技株式投資などの飼育(使役?)
好きなもの出来の悪いたち、悪巧み
苦手なもの太陽陽射し
天敵教会代行者
CV津嘉山正種


概要

坊主頭に深い皺が刻まれた短躯の和服姿の老人で、本名は「マキリ・ゾォルケン」。元々は日本人ではなくロシア系の出身の魔術師であったが、日本に根を下ろして以降は現在の名に変えている(マキリ=間桐、ゾォルケン=臓硯)。
魔道の名門であるマキリ家の500年前の当主であり、戸籍上では鶴野雁夜兄弟の父、慎二の祖父に当たる。同家では桜と慎二から数えて6代前の人物だが、実質的に間桐家を牛耳る真の当主である。

魔術の力で肉体を人のものからに置き換える事で数百年も延命を重ね、既に人外と成り果て生き続けてきた文字通りの「怪物」である。
200年前の御三家による大聖杯儀式にも参加しており、サーヴァント令呪のシステムを考案したのも彼である。
それ故に聖杯戦争を現在に至るまで全て見届けてきた稀有な人物で、過去にアインツベルン家の冒した反則がもたらした異常性をいち早く見抜いていた。

以降に開催された第四次聖杯戦争では不参加を決定し、養子に迎えた桜を育て上げて次回へと持ち越す事で、様子見に徹するつもりであった。
しかし、その矢先に出奔していた雁夜が家に戻り、彼の「桜を解放しろ」という要求を受け参加を承諾する。結果は善戦したものの敗退したが、聖杯戦争終結後に臓硯は火災現場に赴き、そこで砕かれた聖杯の欠片を入手している。

そして予定よりも大幅に早く開催された第五次聖杯戦争においては、桜をマスターとしてライダーを召喚させる。だが、あるルートにおいて桜が「マキリの杯」として覚醒したのを期に臓硯自身も真アサシンを変則召喚し、聖杯戦争の裏側で暗躍する。

普段の生活としては、遠坂家のように霊地を管理する地主として、間桐家が抱えている霊地(冬木市以外にも所有している)を他の魔術師に貸し、その土地収入で暮らしている。経済的には、現在の遠坂家より安定している様子。
こうした霊地を直接巡って管理している(その為に聖杯戦争中以外では留守にしている事が多い)が、それ以外では苦手な日光の届かない屋敷の奥に身を潜めている。

人物像

性格狡猾さと残忍さを兼ね揃えた外道。他者の悲哀や辛苦から娯楽を見出している。それは、例え身内の人間であっても例外ではない。
数百年を生きてきた賜物なのか洞察力も鋭く、『Fate/Zero』においては言峰綺礼の本質を見抜いている。

元来がこのような性格ではなく、かつては自らの代で魔術師としての限界を迎えた事に抗い、やがて切嗣士郎のように正義と理想を抱くようになった求道者であった。ところが、数百年という延命の過程で「人間でありながら肉体が蟲」という苦痛と共に魂が摩耗していき、同時にその意志と記憶さえも消え失せ、現在のように変貌してしまった。その為に、過去に渇望していた「悪の根絶」成就の為の延命も、現在では目的と手段が逆転し、自身が生き延びる事に固執する「不老不死」に変わっている。ただし、『Fate/staynight』のあるルートでは、死の直前に失われた過去の記憶を僅かに取り戻している。

一方で『Fate/hollowataraxia』や同作に収録されている『トラぶる道中記EX』に登場した際は、根底は同じものの本編での外道ぶりは影を潜めている。
特に後者は何処か憎めないおとぼけ爺ちゃんと化しており、そのエピソードでは聖杯の力で若返った彼が登場している。
その性格は物腰柔らかな紳士であり、容貌も頭髪の色やクセは子孫である鶴野や慎二を彷彿させるが、それ以外はイケメンの方のランサーと見紛う程の長身でハンサムな美青年である。
端的に例えると、彼らを足して二で割ったような姿で、作中のイラストや設定画では耳ぐらいしか老齢時の面影が無い。
……こんな好青年がどうしてああなった

余談であるが、『Fate/Zero』の二次創作では愉悦部の特別顧問(またはOBなど)を務めている。

また『氷室の天地』では氷室鐘蒔寺楓に年長物としての訓示を垂れている。また氷室からは「人格者」と評されており、「なぜこの遺伝子からワカメが生まれるのだ」と言われている。

能力など

蟲使いの能力

本来マキリは水属性を持ち、使い魔の使役に特化した家系であり、さらに「吸収」の属性を持つとされるが、臓硯自身は蟲の使役に全ての魔力を導入しており、作中で魔術を行使する場面は無い。

使役する蟲の種類は多岐に亘り、術者と視覚を共有し偵察等を行う「視蟲(しちゅう)」、雁夜や桜に植え付けた魔術回路の補強を促す「刻印虫(こくいんちゅう)」、攻撃用の凶暴な肉食虫である「翅刃虫(しじんちゅう)」など。

延命術

蟲を操る術の応用として、臓硯は自らの肉体を蟲に置き換え延命を図っている。一定期毎に新しい蟲で肉体を構築・交換しており、その身体は例え欠損したとしても臓硯本体の魂を収めた核となる蟲を破壊される、霊体へ直接ダメージを与えでもしない限り、他者の血肉を「吸収」する(対象は動物でも可能だが、人間の方が効率としては良いらしい)事で何度でも再生する。その為に、サーヴァントですら彼を完全に殺すのは容易ではない。
ただし、それでも再構築の際には負荷が掛かり、他には蟲の性質上から日光を苦手としており、直射を受けるのを極力避けている。

この延命術により500年以上も生き続けているが、前述の魂の摩耗に比例して延命術が劣化しており、当初は半世紀毎に新しい身体に移し替えていたが、現在はそれを半年毎に行なわなければたちまち腐敗し崩壊してしまう程(『トラぶる道中記EX』での「完成された秘術を以てしても劣化は免れない」という臓硯の台詞はこの事を指している)。
外見も最初の内は延命を始めた頃の青年姿を保っていたが、魂の劣化に伴い現在の老人の姿に変わってしまっている。『アインツベルン相談室』によると、大聖杯儀式時の彼(当時300歳前後)は青年姿で活動していたようで、劣化が始まったのはそれ以降のようである。

召喚術

過去にサーヴァントと令呪のシステムを考案した実績から、召喚術に関しては滅法強い。作中では、佐々木小次郎の肉体を触媒に真アサシンを呼び出す変則召喚を実現させている。

Fate/Apocrypha

劇中には登場しないが設定によると第三次聖杯戦争でダーニック・プレストーン・ユグドミレニアを相手取り魔術戦、謀略戦を行い奮闘したらしい。しかし結果として聖杯は奪われ、そのことが原因で廃人となりマキリは魔術師の家としては滅んでしまったらしい。

人間関係

冬木

遠坂永人ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン
数百年前の大聖杯鋳造時における『始まりの御三家』の盟友。
間桐鶴野
長男。表向きの間桐家当主に据えているが、実権は臓硯が握っている。魔術的素養がほぼ一般人と呼んで差し支えないほど希薄なため、その面では歯牙にもかけていない。
間桐雁夜
次男。当初、兄よりは魔術的素養があった彼を表向きの後継者として育成しようとしたが、途中で出奔したため勘当した。しかし、第四次聖杯戦争では…。
間桐慎二
孫。魔術回路がないため後継者としては眼中にないが、単純に孫としては可愛がっている。
遠坂葵
次男雁夜の幼馴染…なのだが、その関係自体彼女の『魔術師の母体として優秀すぎる』性質を狙った臓硯が意図的にセッティングしたもの。しかし、雁夜の家出により目論見は崩れてしまう。
間桐桜
養孫。類い稀な魔術師の才能を持っているが、間桐の後継者にするつもりなど毛頭なく、あくまで胎盤として利用するための道具に過ぎない。
言峰綺礼
自身と同類であると評した相手。第四次聖杯戦争からの因縁の間柄。お互いに必ず手ずから仕留めると心に決めている。
真アサシン
『Fate/SN』において、ルートによっては彼を変則召喚して第五次聖杯戦争に参戦する。本来のマスターとサーヴァントらしい互いに利用し合うだけの関係だが、それ故に返って上手くいっている。

Fate/Apocrypha

ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
第三次聖杯戦争で魔術戦を繰り広げた相手。

Fate/Grand Order

???
理想を抱いていたはずの彼を絶望に突き落とし、配下として第四特異点の焼却を命じた黒幕。
彼から魔神柱バルバトスを貸し与えられている。
アーチャー
倒される直前に狂化を付加して召喚。彼の力とイギリス中を覆った魔霧の相乗効果で第四特異点を破壊するのが最終目的だった。
「P」
魔霧計画を進める首謀者の仲間「P」。
「B」
魔霧計画を進める首謀者の仲間「B」。

関連イラスト

(左画像:『stay night』『Zero』時代、右画像中心:青年時代)

蟲爺の趣味
急に爺が若返ったので



関連タグ

Fateシリーズ Fate/Zero Fate/staynight

マキリ・ゾォルケン:元の名前。pixivでは青年期の彼を描いたイラストに付加される。

間桐雁夜 間桐鶴野
間桐桜 間桐慎二
真アサシン サーヴァント

愉悦部

pixivに投稿された作品 pixivで「間桐臓硯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1273013

コメント