ピクシブ百科事典

間桐雁夜

まとうかりや

間桐雁夜とは、『Fate/Zero』の登場人物。
目次[非表示]

薄汚れた魔術師共め……ッ! 殺してやる……一人残さず殺し尽くすッ!!

概要

身長173cm
体重55kg
誕生日3月22日
星座牡羊座
血液型AB型
イメージカラー青緑
特技文書作成
好きなもの小旅行、写真撮影
苦手なもの豪奢なもの
天敵間桐臓硯遠坂時臣
CV新垣樽助
人気投票22位(男性9位・型月10周年記念)


人物

(左:黒髪の頃/右:白髪の頃)

侵食
×××



第四次聖杯戦争当時の間桐家当主・間桐鶴野の弟であり、正当な間桐の魔術師では無い。
バーサーカーのマスター。
自身の身代わりとなった間桐桜を救い出すべく、余命を捨てて聖杯戦争に参戦。
魔術の資質そのものはより優れていたものの、間桐の魔術を嫌って11年前に家を出奔した過去を持つ。
出奔中はフリーのルポライターとして生計を立てていた。

魔術師の生まれでありながら感覚的には一般人で、魔術師特有の常識や矜持を嫌悪している。魔術師として生きてこなかったため、極々平凡な幸福を貴い物とし、尊んでいる。それ故、個人よりも魔術の継承が選ばれる魔術師たちとは相容れない。

時臣の妻・遠坂葵とは幼馴染であり、昔から仄かな恋心を寄せていた。
だが間桐家の妻となる事は蟲の餌となる事と同義である為、その想いを告げる事ができず、さらには葵が時臣を選んだため、自身は身を引いた。

常に優雅たる時臣に羨望と嫉妬の感情を積み上げており、葵を幸せにしてくれるという期待を裏切られたことが引き金となり憎悪を発露。
葵の元へ娘を返すという望みを、彼女から夫を奪うことで成し遂げようとする。
この大きな矛盾に目を向けなかったが為、そこを言峰綺礼に付け込まれる事となる。

略歴

聖杯戦争の11年前に出奔。
聖杯戦争の1年前、遠坂葵のもとに顔を出したある日、彼女の口からが間桐へ養子に出されたと知る。
自身が間桐の継承を拒んだことにより桜が間桐家の犠牲になってしまう。
そのことで桜の母親であり自身の想い人である葵に涙を流させてしまったことに絶望。償いのため10年間戻らなかった間桐の家に戻ることを決意する。

間桐臓硯と交渉の末、間桐のおぞましい魔術から桜を解放することを交換条件に自身をマスターとして聖杯戦争に参加し、聖杯を持ち帰ることを約束する。そして桜の解放、間桐へ桜を養子に出した時臣への憎悪を糧に、嫌悪していた魔術の鍛錬と足りない魔術回路を補う刻印虫の施術を受け、死人のような体になりながらもマスターとしての資格をギリギリ得る。

能力

臓硯からの手解き(と呼べるものかは定かではないが)により、蟲を使役する魔術を使う。切り札は牛骨すら噛み砕く肉食虫「翅刃虫」の大群使役。ただし蟲は炎に弱いため、火炎の魔術を得意とする時臣相手にはすこぶる相性が悪い

半端な魔術師である上に多大な魔力を消費するバーサーカーを抱えている為、魔力事情は常に逼迫している。また、魔術行使にあたっては刻印虫が過剰に励起、自身の肉体を破壊していくという代償を伴う。つまり魔術を使うだけで文字通り血を吐く程の苦痛を伴う。真の意味で「死の危険と隣り合わせ」の魔術師。

人間関係

間桐臓硯
表向きは父親。自ら傀儡となり聖杯戦争で勝利する代わりに、桜を解放すると約束させが、雁夜の苦しむ様が見たいが為に、クラスの特性としてエネルギー消費の激しいバーサーカーをわざわざ召喚させるという悪質な蟲使い。まさに外道

間桐桜
遠坂家の時臣・葵の次女だが、間桐の養子として迎え入れられる。続柄としては義理の姪。彼女を間桐から解放し、葵・凛・桜と自分の四人で遠い所に行こうと話した。
しかし、桜に希望を持たせないようにと具体的なことを話さなかったため、虐待を受けた後の桜にとっては「間桐の人間」という恐怖の対象でしかなかった。

間桐鶴野
兄。魔術師としての資質・才能はまるで無く、お互いに無関心。雁夜が間桐家に戻ってからも関係は断絶している。

間桐慎二
兄の息子で甥。第四次聖杯戦争中は海外に留学していた。

遠坂葵
三歳年上の幼馴染。思いを寄せていたが、時臣が彼女を幸せにしてくれることを信じて身を引く。
だが、気丈に振る舞いながらも耐え切れなかった涙を流すところを見て、彼女への罪悪感と時臣に対する憎悪を燃やす。

遠坂凛
桜の姉。雁夜が仕事へ行った先で買ったおみやげを楽しみにしていた節があり、雁夜も彼女が喜ぶような「ちょっと大人びたアクセサリー」を選んで渡すなど、関係は良好だった。

遠坂時臣
恋敵。聖杯戦争では桜を外道の手に委ねた元凶として付け狙う。

バーサーカー
召喚したサーヴァント。時臣のサーヴァントであるアーチャーの数少ない天敵だが、バーサーカー本人はセイバーを目の敵にしている。

Fate/GrandOrderにおいて

「Fate/Grand Order」では概念礼装「意思の目覚め」として登場。
効果は「毎ターンHP500減&毎ターン〝確率〟でNP12%獲得」という、とんでもなく扱いづらい性能。原作再現としてバーサーカーに装備させると、被ダメージ0でも宝具を解放する前にほぼ死ぬ事が確認されている。補助礼装としては優秀とは言えないが、古参Fateファンからは「素晴らしい原作再現だ」と斜め上の方向に絶賛される。どういうことなの

その後コラボイベント『Fate/Accel Zero Order』に登場。
人理修復とかつての遺恨の払拭のために動くロード・エルメロイⅡ世の策で、ケイネス・エルメロイ・アーチボルトを介して、主人公サイドと協定を結ぶ。
その後聖杯問答に乱入し、主人公たちと共にアーチャーの脱落という、大番狂わせを実現させる。
しかし、セイバーを発見したバーサーカーが、案の定暴走してしまい、その巻き添えをくらって瀕死の重傷となる。
やはりここまでか――と思いきや、ライダーの予想外のバーサーカーへの加勢でバーサーカーともども一命を取り留め、さらにライダーの計らいで間桐邸が壊滅し、桜まで救出されるという、原作のあらすじを根底からひっくり返す事態に発展。
なお離脱直後は“かくなる上は”と時臣を殺る気満々だったが、自分を救ったライダーから「なにもかも中途半端だ」と己の抱えた矛盾を真っ向から指摘された挙句に説教と拳骨を貰い、思い止まっている。
桜を取り戻す対価に令呪を宿した手を斬り落とされて聖杯戦争から脱落したが、桜を取り戻せた上に刻印蟲も除去され(切り取られた令呪の方に付いて行った)、更にライダーの配下の英霊によって一応病院に連れて行かれた(その後の消息は不明だが助かる確率は五分五分らしい)等、原作の雁夜おじさんの境遇を考えればもはや別人と言える結末を迎えた方である。

余談

TYPE-MOONにおける「その行為に意味などなかったけれど、価値はあった」というテーマを真っ向から覆すキャラクター。奈須きのこには生み出せない、「Fate/Zero」ならではの登場人物と言える。

TVアニメ化に伴い爆発的に人気が上昇。原作ではグロテスクな蟲の描写や歪んだ恋慕が目立っていたり、マテリアルでも作者に「女の気持ちを無視して愛に生きる男はすべからくダメ男」と言われていたため、突然の人気爆発には作者の虚淵玄氏も困惑したという。
このことについて、奈須きのこ氏は「アニメではメディアの特性や尺の都合から、内面描写が抑えられていたため、"女の子を助けようとして果たせなかった正義の人"に見えやすかったからだろう」と推測している。

関連イラスト

間桐雁夜
愛情


あなたのためなら命さえ惜しくない
―――



関連動画



関連タグ

Fate/Zero
全部時臣のせい 消したら刻印虫
豆腐メンタル

その他個人タグは雁夜を参照。

他の言語記事

Kariya Matou

pixivに投稿された作品 pixivで「間桐雁夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54948176

コメント