ピクシブ百科事典

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト

けいねすえるめろいあーちぼると

「Fate/Zero」の登場人物。第四次聖杯戦争のマスターの1人。
目次[非表示]

「求める聖杯に命と誇りを賭して、いざ尋常に立ち会うがいい!」

プロフィール

スペルKayneth El-Melloi Archibald
身長181cm
体重62kg
誕生日4月11日
星座牡羊座
血液型B型
イメージカラー真鍮
特技絵画、彫刻、工芸
好きなもの自分
苦手なもの愚か者
天敵衛宮切嗣
CV山崎たくみ



概要

魔術協会所属、時計塔魔術師。九代続く魔術師の名門・アーチボルト家の頭首であり、時計塔鉱石科の君主(ロード)。

※タグでは「ケイネス」のみの登録が多い。

略歴

第四次聖杯戦争におけるランサーのマスター。
500年以上続き、由緒正しい魔術師の名門・アーチボルト家の九代目頭首であり、「降霊学科」の一級講師であり、鉱石科の君主(ロード)。作中ではロード・エルメロイとも呼ばれている(詳細は下記ロード・エルメロイⅡ世の事件簿項参照)。

希代の才能を持ち合わせ、さまざまなジャンルの魔術で才能を見せるその出鱈目な多才ぶりは平賀源内曹操かという有様であった。ただし、貴族でもあり研究畑の人間という事もあり実戦経験には乏しい。

そんな彼がわざわざ冬木の地の聖杯戦争へと身を投じたのは、その経歴に「武功」という逸話もひとつふたつ加えておくか、という程度のものであり聖杯そのものに願いがある訳では無かった。

本来なら征服王のマントの一片を触媒に征服王イスカンダルを伴う筈であったが、時計塔備品係の手違いで弟子のウェイバー・ベルベットに奪われ、急遽手配した代替の聖遺物からランサーを召喚し参戦した。


人物

名門生まれ故、プライドが高い。嫉妬深く、苛烈な気性との一文も。ただし、本来ならば感情に流されて冷静さを失うことなど決してない
また己の地位や実績に関しては自身の才に付随する「当然の事実」であると考え、そこには驕りも、高慢さもなかった。だが、壁に突き当たる事も挫折する事も一切無くかった故に、予期せぬ不都合や偶然の積み重ねに因って目論見が外れる事態が発生すれば、それに対処する術を持たなかった。

そんなケイネスだが、学部長の娘であるソラウに一目惚れして以来、許嫁となってからも頭が上がらない一面もある。ただし誇り高いが故に、深層心理ではその事実の理解を拒んでいるという複雑な状態である。


能力

稀有な属性(ノウブル)である『風』と、『水』の二重属性。講師を務めている降霊術のみならず、召喚術、錬金術に関してもエキスパートである。
ケイネス自身の魔力を込めた水銀、『月霊髄液(ヴォールメン・ハイドラグラム)』は硬度・重量を自在に変化させ武器にも防具にもなる強力な魔術礼装。オート防御・オート索敵なども可能。なおこの礼装はケイネスの趣味の産物である
この多才さゆえか、サーヴァントすらも数ある礼装のひとつという認識でしかなかった。

聖杯戦争中の動き

本来ならばマスターとサーヴァントの間で繋ぐパスを、婚約者であるソラウと繋げる事によりアドバンテージを得ようとした。このイレギュラーな戦術は天才であるケイネスだからこそ出来たものだと言えるが、皮肉にもこの事により彼の陣営の歯車は大きく狂いはじめてゆく。

また、開戦後も第四次聖杯戦争マスターのほとんどがである(真っ当な魔術師は自身と遠坂時臣のみ)という事と、ランサーとの価値観の相違によるすれ違い・不信感のめばえや、ソラウがランサーの魅了(チャーム)を受け入れるなど、ケイネスの思い通りにいかないまま聖杯戦争は進む。

特に衛宮切嗣の魔術師らしからぬ戦法に、『生粋の魔術師』であるケイネスは翻弄される。その怒りもあってアインツベルン城に単身乗り込み魔術師同士の一騎打ちを繰り広げるも、切嗣の切り札「起源弾」を受け魔術回路が暴走。身体・魔術回路全てに多大なるダメージを負った。

二度と魔術が行使できず、一生車椅子生活となる重傷を負ったが、サーヴァントへの魔力供給をソラウが分担していたことで、聖杯戦争は続行可能であった。
聖杯の力で傷を治すべく戦争を続けるが、切嗣にソラウを人質に取られ、「サーヴァントを自害させれば見逃してやる」という交換条件を突きつけられる。もはや否やはなく、令呪でランサーに自害を命じ、聖杯戦争から脱落しつつも命は長らえることになった。

しかし、実は切嗣が提示していたのは「切嗣はケイネスたちに危害を加えない」というものであり、切嗣の協力者による加害は含まれていなかった。
次の瞬間、切嗣の助手である久宇舞弥から銃撃され、ソラウともども蜂の巣にされる。
早く殺してくれと懇願するほどの重傷を負い、最後はセイバーの手で介錯されるという無残な最期を遂げた。

死後

ケイネスの突然の死によって、彼が時計塔において積み重ねてきた多くの貴重な研究は散逸の危機にあった。だが魔術の実践はからっきしだが理論の最講釈と系統分類という方面に妙な才覚を持ち合わせていた一番無能な弟子ことウェイバー・ベルベットにより、『ロード・ケイネス秘術大全』という一冊の魔道書として編纂された事により、彼の全ての秘術はアーチボルト家の管理下へと戻され、後のアーチボルト家の繁栄を盤石のものとした。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿において

2014年12月から刊行されているこのシリーズにおいて、時計塔内部が詳細に描写され情報がアップデートされている。

時計塔はロンドン郊外に位置する中世と近代の入り混じった街で四十を超える学生寮と百を超える学術棟と、そこに住む人々を潤す商業で成り立つという巨大な学園都市である。
そこには12の学部があり、各学部を統括する12人の学部長は「君主(ロード)」と呼ばれ、絶大な権力を誇っている。
学部長はそれぞれの学部が広大な学園都市の中で割り当てられている区画に君臨し、独自の、あたかも一国のごとき自治を行うことすら許されている(『2015年の時計塔』より)。

ケイネスはそんな12人の内の一人、鉱石科の君主(ロード)であった。エルメロイ学派の長にして鉱石科学部長であるが、その多才さ故に「降霊学科」の講師もしていたと思われる。

また、2015年度のタイプムーンエイプリールフールの二世とフラット・エスカルドスのやり取りで、最低二十代年上の『コルネリウス・アルバに並ぶ逸材』と『彼がいなければ時計塔の発展は10年遅れていた』などと評価されていたことがのツイートで明らかになった。

なお、同作二巻においてケイネスの魔術階梯は『色位』である事が判明した。

対人関係

ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ
婚約者。出会った瞬間に一目惚れし、その弱みからか全く頭が上がらない相手。普段は冷徹で尊大なケイネスも、彼女の前ではついつい得意げになってしまう。好きな物が「自分」であるケイネスが本心から惚れこんでいたのだから、彼女に対する愛は間違いなく本物であった。

ブラム・ヌァザレ・ソフィアリ
婚約者の実兄。将来の義兄…になるはずだった人物。

ソフィアリ学部長
婚約者の実父にして、学生時代の恩師。将来の義父…になるはずだった人物。ケイネスがソラウに一目惚れしていたことを知り、婚約を執り成した。

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
アーチボルト家に連なる親族。ケイネス存命時の序列は低く、末席に据えられていた。

ウェイバー・ベルベット
時計塔での生徒。ただそれだけで歯牙にもかけていなかった。聖杯戦争で使う予定だった触媒を強奪されたことにより、明確に『敵』として容赦ない殺意を向ける。なお、派生作品などで未来の彼と邂逅した時は思いの外良好な関係を築いている。

ライダー(Fate/zero)
ウェイバーに触媒を盗まれていなければ、本来呼び出すはずだったサーヴァント。しかし、当人からはむべもなく『つまらない男』と揶揄され、マスターでなかったことを幸いと酷評される。

ランサー(Fate/zero)
ライダーの代わりに用意した触媒で呼び寄せたサーヴァント。しかし、魔術師故に等価交換を物事の原則として捉えるケイネスには、無償の奉仕を捧げんとする彼の騎士道と忠誠は到底受け入れられるものではなく、相性は最悪だった。また、スキルによってソラウを魅了してしまったため、それも深刻な確執の原因となってしまう。ランサーの方も主君に滅私奉公することを優先し過ぎてケイネス個人を理解することを二の次にしていた節があった。

衛宮切嗣
聖杯戦争で戦った最後の相手。『魔術師殺し』たる彼にとって、典型的な魔術師、ましてや戦闘よりも学者が本分のケイネスなど格好の獲物でしかなった。


余談

本来は第四次聖杯戦争に参加したマスターの中では間違いなく最強の実力を持つ魔術師であり、奈須きのこからは「天敵」である衛宮切嗣以外のマスターは手の出しようがないと明言されている。]

だが、召喚したランサーとの性格面・性能面どちらをとっても相性が悪く、能力を発揮するための下地を奪われた状態であったことを彼の名誉のために明記しておきたい……が、元々ケイネスは「切嗣が本領を発揮しやすい正統派タイプの魔術師(=端的に言えば切嗣のフラグ回収)」として設定されたキャラクターであるため、最初から運命は決まっていたのかもしれない。

各並行世界で後のウェイバーことエルメロイ二世が登場していることを考えると、ケイネスが死んでウェイバーが二世となるという流れはほぼ確定的な模様。つまりは下記のGrand Orderでの特殊案件を除いてはどうあがいても絶望という有様である。

平行世界、他登場作品

  • とびたて!超時空トラぶる花札大作戦

2012年12月発売の『Fate/stay night (Realta Nua)』のおまけゲームに敵陣営、及びプレイアブル陣営として登場。主役ルートではトラブルに巻き込まれやたらと頭髪を弄られながらもランサー陣営3人仲良く(?)なり、更にはラストバトルで騎士の忠節に胸を張って応える器を見せつけ、切嗣にも見事逆襲を果すなど、どうしてこうならなかった時空がフルボイスで繰り広げられる。共に戦う内に相互理解が進んでいたようで、最後の最後でランサーの忠義に報いたその姿は魔術王ケイネスと讃えられるべき堂々たるものであった。

2014年11月発売の『Fate/hollowataraxia PSVITA移植版』のおまけゲームカプセルさーばんと内で敵マスターとして登場。天才カブさばマスターとして大人げなくも元気にやっている。プレイアブルキャラとしても選択可能。こちらもフルボイス。
コラボイベント『Fate/Accel Zero Order』に登場。聖杯の起動を阻止するために現れたエルメロイⅡ世の接触を受ける。彼が語る未来の出来事に半信半疑だったものの、「カルデアの成立が全部自分の成果」「ソラウと幸せな生活を送っている」などのおだてに簡単に乗せられ、協力を受け入れる。
その後もエルメロイⅡ世の口車に乗せられ策略通りに動いた挙句、なんと聖杯戦争を中途放棄して帰国、何がどう転んでも聖杯戦争を生き残れないと明言されていた彼が生き延びてしまう異例の事態となった。ケイネス先生マジチョロい


…と思いきや
実はⅡ世の発言の一部から、嘘の一部や自身の結末を察していたようで、破滅の運命から自分を遠ざけようとしていたに彼に「その一点においては礼を言おう」と言葉を残し、ディルムッドを託して日本を去っていく。
会話の随所では知見の深さを垣間見せ、また間桐雁夜と接触し彼との共闘を取り付けるなど、原作でのやられ役イメージを払拭する有能な一面も見る事が出来た。

関連イラスト

せんせぇえええええぁああ゛
ケイネスの日常



関連タグ

Fate/Zero

ランサー(Fate/Zero) ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ

ケイソラ

他の記事言語

Kayneth Archibald El-Melloi

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイネス・エルメロイ・アーチボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 865921

コメント