ピクシブ百科事典

9-1アイズ

くのいちあいず

9-1アイズは湯川ヤスヒロによる漫画作品 2006年に漫画誌エンジェルストレート(廃刊)に連載されていた キャッチコピーは「ギャグとバトルのお色気和風ファンタジー」

登場人物

愛前アイ(あいぜんあい)
メインヒロイン。オババの命令により十堂家にやってきた、普段はお江戸のセンター街で買い物をしたりすることが趣味の女の子。表向きは十堂家で使用人のアルバイトをしている普通の女の子だが、実際は最強のくノ一。『カラクリケータイ』を駆使し敵と戦い、運動能力も非常に高い。

十堂十助(とうどうじゅうすけ)
主人公。十堂家当主の若殿であるが、名家とは言い難い貧乏な暮らしをしている。内気な性格だが、剣の腕前は抜群。アイに想いを寄せている。

神無月のナツキ
もうひとりのヒロイン。青銀色の髪が特徴的でアソコの毛も同じ色。アイに負けないほどの巨乳である。神無月流忍術のくノ一と名乗り、水を使った忍術を得意とする。しかしその正体は、モノノケによって滅ぼされた長月家の姫「夏姫」。自らの体に水鬼を封印しているため、忍術と同等の力を使える。

一鉄(いってつ)
実家の温泉旅館を継ぐのが嫌で忍者となったハチマキがトレードマークの少年。アイにゾッコンでスケベ。モノノケに奪われた巻物を追っていたが、あてが無くアイの元へやってきた。

黒鉄(くろがね)
ナツキと共に行動していた忍者。ナツキをモノノケから逃がした後、生死不明のまま行方知らずとなる。

用語

カラクリケータイ
アイが使用する忍者専用の携帯端末。複雑な術式を、電子文字で瞬時に打ちだすことが可能(それでも、高度な術式を使いこなすには、それ相応の忍術が必要である)
忍者ネットワークを使い、モノノケの情報を得たり敵を追跡することもできる。
ただし弱点も多く、忍者ネットワークを逆探知されたり、バッテリー切れで使用できなくなったこともしばしば。
また実際の携帯同様、水に弱く、最終決戦で水魔の攻撃で水没する。
四の巻より、折り畳み式に変更されている。

コメント