ピクシブ百科事典

目次[非表示]

FB-28(架空機)に付けられるタグである。
F-28(架空機)の発展型ないし、派生型である。

開発経緯

アメリカ空軍のF-15Eの老朽化に備え、F-28ベースに開発された戦闘攻撃機である。
開発はTF-28の試作3号機がベースに行われ、F-28生産バッチ2以降の機体となる。
空対空性能は若干下がったものの、空対地&対艦性能は大幅に上昇した。

バリエーション


Batch2

Block26 FB-28A

F-28の戦闘攻撃機仕様。
EOTSやIRSTが特徴的である。




Batch3


Block32 FB-28A

フレーム構造をBatch3仕様に変えたもの。
基本的にBlock26と同じ。

Block33 FB-28N

FB-28Aの艦載機仕様。
空軍型に比べ、EOTSが未装備なところが本機との違いである。



Block34 FB-28A

Block32の機体にF135-PW-100を搭載した仕様。
最初は全機が換装される予定であったが、予算の問題のために半数に減らされる。
(F135の生産数が足りなかった為。)

Block35 FA-28N/FB-28N

Block33にEOTSを取り付けた仕様。
その他にエンジンがF135-PW-100に換装されている。(コストダウンの為にTVCは取り付けられていない。)

Block37 FB-28J

航空自衛隊仕様。
FB-28Aのノックダウン生産機。
試験配備のため、ADTW以外は未配備である。

Block37+ FB-28J改

航空総隊向けに改造された仕様。
SM-3改が2発装備できることで知られている。
そのほかに胴体上部に2つのブレードアンテナ(イージスシステムとのデータリンク、システムコントロール用)が取り付けられていると同時にレーダーも専用の物(SM-3誘導用イルミネータモード追加)に換装されている。
(空中からのミサイル防衛の為に改造された仕様のため)

採用国

アメリカ合衆国:?機(どっかのパラレルワールド。空軍/海軍)
日本 航空自衛隊:7機?(改造機含む)

機体仕様


基本性能

・乗員:2名
・全長:22m?
・全高:???
・全幅:???
・翼幅:???
・翼面積:???
・重量:???
・最大離陸重量:???
・搭載エンジン:F110-GE-132

兵装


内蔵武器

・M61A1:1基(800発)

AAM関連

・AIM-9X:2発(外装込で10発搭載可)
・AIM-120C:6発(外装込で10発搭載可)
・J]AAM-3:2発(外装込で10発搭載可)
・J]AAM-5:2発(外装込で10発搭載可、J改のみ)
・J]AAM-4:4発(外装込で8発搭載可)
・J]SM-3BlockⅡB改:2発(外装、J改専用)

AGM/ASM関連

・AGM-84D:4発(外装のみ)
・AGM-84L:4発(外装のみ)
・AGM-88:4発(外装のみ)
・J]ASM-1/ASM-2:4発(外装のみ)ASM-1Cも搭載可能。
・J]ASM-3:4発(外装のみ、J改のみ)
・AGM-119:4発(外装のみ)
・AGM-65A~K:2発(外装込みで6発搭載可)
・AGM-114A~N:12発(外装込みで24発搭載可)

特殊兵装

・B-83:2発(外装のみ)


関連タグ MWC/MWC-ACF/F-28/TF-28/F-30/F-34/XFAシリーズ

コメント