ピクシブ百科事典

シトリン

しとりん

 黄色に色づいた水晶で、「黄水晶」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

 「富・繁栄」を意味し、あらゆるものにエネルギーを与える”太陽”を象徴する石といわれている。
 11月誕生石のひとつで、石言葉は「友情・友愛・希望・潔白」。
 天然の黄水晶の産出は少なく、市場に出回っている黄水晶のほとんどは紫水晶を熱処理して黄色にしたものが多い。
 マディラシトリンと称される深いオレンジの色相を彩るシトリンは、さらに貴重とされる。
 黄水晶の薄い黄色はトパーズに似るため、「シトリントパーズ」とも言われ、安価なトパーズの代用品として使われる。

関連タグ

宝石 黄水晶 水晶

シトリンという名のキャラクター

ゲーム『Xenosaga』の登場人物。 → 本頁で記述

『Xenosaga』のシトリン

もうすぐ春ですね


CV:水城レナ
U.R.T.V.個体No.668。
じU.R.T.V.の生き残りで女性型のU.R.T.V.
製造目的はガイナン(ニグレド)と同じで、Jr.(ルベド)が暴走した際の抹殺。
身体機能は男性型同一体であるニグレドと同レベルであり、ディミトリの憑代として機能しない点のみが異なる。
ガイナンとは懇意の仲だったようである。

pixivに投稿された作品 pixivで「シトリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528575

コメント