ピクシブ百科事典

シーリン・バフティヤール

しーりんばふてぃやーる

シーリン・バフティヤールとは、「機動戦士ガンダム00」の登場人物。
目次[非表示]

CV:根谷美智子

人物像

マリナの側近でお目付け役も務める女性。優れた政治的手腕を持つが、アザディスタンでは女性が政治に関わることが許されていないため、マリナが個人的に雇った政治アドバイザーという立場である。

2nd seasonのシーリン

マリナの下を離れ反連邦組織カタロンの一員となっている。アザディスタンの再建のためには地球連邦との戦いが不可避であると主張し、マリナとは意見を異にしているが、カタロンに身を寄せるマリナを個人的に気遣う面も見せる。 最終決戦後はクラウス・グラードと共に連邦議会の議員となった。この時、クラウスの子供を妊娠していることが小説版にて明かされた。

A wakening of the Trailblazerのシーリン

議員の仕事を続けており、マリナと共にコロニー建造現場を視察中、コロニー公社側の襲撃を受けるが、刹那とロックオン(ライル)により助けられている。ELSの襲撃の際はマリナを気遣い、彼女の下で手助けを行っていた。 さらに、西暦2314年時点で1歳になる男の子が生まれている。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 マリナ・イスマイール クラウス・グラード マスード・ラフマディー

pixivに投稿された作品 pixivで「シーリン・バフティヤール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13334

コメント