ピクシブ百科事典

スイミー

すいみー

広い海のどこかに、小さな魚のきょうだいたちが、楽しくくらしていた。みんな赤いのに、1ぴきだけは、からす貝よりも真っ黒。およぐのは、だれよりもはやかった。名前はスイミー。
目次[非表示]

スイミーは、小さな賢いの物語を描いた絵本であり、その小さな黒い魚の名前である。
作者はオランダ出身のレオ=レオニ
日本では谷川俊太郎の翻訳により、『スイミー ちいさな かしこい さかなの はなし』として出版されている。

概要

赤く小さな魚達の中で、1人だけ黒いスイミーの物語。
ある日仲間がマグロに食べられてしまった後、スイミーは海の中で数々の素晴らしい物を発見する。
そして、岩陰に隠れたかつての仲間に似た赤い魚達を見つける。
スイミーは彼らに、「岩陰から出てきてみんなで遊ぼう」と誘う。
しかし、彼らは「大きな魚に食べられてしまう」と怖がって出てこない。
スイミーは一計を案じた。スイミー達は固まって泳ぐことで大きな魚の振りをし、大きな魚達を追い出すことに成功する。

「みんなで力を合わせれば何でもできる」と受け止められがちだが、スイミーの自己発見と自己実現という深いテーマが隠されている。
作中で最もページを割かれているのは、自分とは違う種類の生物と出会い、発見するくだりである。
そこでの経験を元にして、スイミーは仲間達を先導し、大きな魚を追い出すのである。

あらすじ

小さな赤い魚の兄弟達の中で、スイミーは1匹だけ黒い体だった。兄弟はみんなで楽しく暮らしていた。
ある日、仲間が全員マグロに食べられてしまう。
泳ぐのが誰よりも早いスイミーは、たった一匹だけ生き残った。

一匹だけで真っ暗な海を泳ぐ恐怖。仲間がいない寂しさ。仲間を失い自分だけになってしまった悲しみ。
そんな感情を抱きながら、スイミーは暗い海の底を泳いだ。
しかし、海で素晴らしい物をたくさん見つける。
昆布若布、水中ブルドーザーのようなイセエビ色のゼリーのようなクラゲヤシの木のようなイソギンチャク、そしてウナギ。どれもスイミーが今まで見た事の無い物だった。
面白いものを見るたびに、スイミーはだんだん元気を取り戻した。

その時、岩陰にスイミーとよく似た小さな赤い魚達を見つける。
スイミーは「みんなで遊ぼう。面白いものがいっぱいだよ」と誘うものの、小さな魚達は「大きな魚に食べられてしまう」と怖がって出てこない。

そこでスイミーは考えた。そして、名案を思いつく。
「皆で大きな魚の振りをして泳ごう」と。
スイミーは、決して離ればなれにならないこと、みんなが持ち場を守ることを教えた。
皆が一匹の魚のように泳げるようになった時、スイミーは言った。

「ぼくが、になろう」

スイミー達は、朝の冷たい水の中を、昼の輝く光の中を泳ぎ、大きな魚を追い出した。


関連タグ

絵本  ヨワシ←どう考えてもこの絵本が元ネタ

pixivに投稿された作品 pixivで「スイミー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437661

コメント