ピクシブ百科事典

サイドン

さいどん

サイドンとは、「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモンの一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.112
英語名Rhydon
ぶんるいドリルポケモン
タイプじめん/いわ
たかさ1.9m
おもさ120.0kg
とくせいひらいしん/いしあたま
進化系統1進化ポケモン

進化

サイホーン→サイドン→ドサイドン

犀



特性解説
ひらいしん:電気タイプの攻撃を自分が受ける。
いしあたま:反動を受ける技を使ってもダメージを受けない。

概要

第1世代(赤・緑・青・ピカチュウ)から登場している古参のポケモン。
サイホーンがLv42で進化する。進化したことで四足歩行→二足歩行になり、知能が発達した。
尻尾の一撃でビルをも突き崩しダイヤモンドをも突き破る高い攻撃力と、マグマの中でも平気で過ごし大砲の弾も通じないほどの防御力が魅力(以上、ポケモン図鑑より)だが鈍足で特防も脆い。サブウェポンとして採用率の高い「くさむすび」は天敵。
覚える技のレパートリーは豊富なものの、鈍足なため繰り出せる相手は熟知しておく必要がある。

初代ではレベルアップで覚えられる技が非常に貧弱であり、主力技である「じしん」どころかノーマルタイプの技しか覚えなかった
ラストバトルでライバルがサイドンを使用してくるのだが、その技構成ですら散々なものであった。

・第二世代までは素早さ依存で鈍足のサイドンでは役に立たない「つのドリル」
・特殊な型以外では通常序盤でしか使わないであろう「にらみつける」
・唯一の攻撃手段はというとタイプ不一致かつ乱数技の「みだれづき」

といった酷い物でプレイヤーの印象に全く残らない不遇ぶりであった。
そんな扱いでも開発コードは堂々の1番。設定上ではミュウが最初のポケモンでも現実ではコイツが最初のポケモンである。
また、初代151匹中最も物理耐久が高いのは実はパルシェンでもイワークでもなくコイツ。防御種族値は大きく引き離されているが、HPが高いため実際はこれらをわずかに上回る。

サイドン先生

そんなサイドンだったが、ルビー・サファイア以降のバトルタワーで登場するサイドンは今までの鬱憤を晴らすかのごとく大暴れであった。
博打性の高い「せんせいのツメ」と「つのドリル」を所持しており、通常の確率ではあり得ない程連続して発動するといった現象が起こったのである。
ほぼ必中かつ先制攻撃化した一撃必殺技を武器に、連勝を重ねてきた多くのプレイヤーを絶望させた。

他にも、追加効果1割で怯んで動けなくなるいわなだれをせんせいのツメと併用して使用。
見事に怯んで反撃を封じられると言った報告事例も多く、一方的に虐殺されたと嘆くプレイヤーが大量発生した。
いつしかこれらの行動を起こすサイドンは「サイドン先生」としてプレイヤーから畏怖の対象になっていったといわれている。

なお、CPU有利な事が連続で発生することをタワークオリティフロンティアクオリティ)と言う。

英達と裏切り...そして

時は第4世代、DPtで突如ドサイドンへと進化。
元々高かった攻撃に一層の磨きをかけ、新特性「ハードロック」での耐久力の強化により不遇であった「いわ」・「じめん」界に衝撃を与えた。
強力な攻撃を当てる前に沈む事が問題だったのであり、耐久力を得たドサイドンは他の同タイプとは一線を画す事になる。

しかし、それは同時に初代不遇岩・地面ズ(サイドン・イワークゴローニャ)の完全な瓦解を意味する物であった。
金銀で鉱石系タイプに「はがね」追加され、その流れでイワークがハガネールに進化してグループを抜けた。
その後、岩・地面の双璧(通常技のサイドンor大爆発のゴローニャ)となっていた状況でのサイドンの進化は、
皮肉にも初代から凌ぎを削ってきた両者の上下関係を完全に固定させる結果となってしまったのである。

かくして、ドサイドンは「先生」と敬われ、ゴローニャは「ゴローニャ(´;ω;`)カワイソス」と哀れまれることとなり
無邪気に喜ぶドサイドンの影で『裏切り』の恨みを岩に刻むゴローニャという関係になってしまった。

しかし時は流れ第五世代BW…
好敵手は自分とは異なる道筋を歩み、再び肩を並べる事となる
こちらもしんかのきせきの登場で新たな戦法を手に入れたが…

関連イラスト

あぢー



関連タグ

ポケモン サイホーン ドサイドン

pixivに投稿された作品 pixivで「サイドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349643

コメント