ピクシブ百科事典

キルリア

きるりあ

キルリアとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.281
英語名 Kirlia
ぶんるい かんじょうポケモン
タイプ エスパー/フェアリー: (第6世代より)
たかさ 0.8m
おもさ 20.2kg
とくせい シンクロ / トレース/ テレパシー隠れ特性


※シンクロ:自分が「どく」「まひ」「やけど」状態になったとき、相手も同じ状態になる。(バトル時)
手持ちの先頭にいるとき、同じ性格の野生のポケモンと出会いやすくなる。(フィールド時)
※トレース:対戦相手と同じ特性になる。ただし、一部の特性(「トレース」や「バトルスイッチ」など)はトレースできない。
※テレパシー:味方の技のダメージを受けない。

進化

ラルトスキルリア(Lv.20) → サーナイト(Lv.30)/ エルレイド(「めざめいし」を使う・♂限定)

ラルトス系統



容姿

人間の少女のようなデザインだが、♂♀共に存在する。が、デザインゆえ♀として描かれることが多い。
脚が非常に細く、またスカートを模したようなものがあり、バレリーナのようにも見える。
頭に生えている赤いツノは、感情を読み取ることができるもの。

ちなみに身長80センチは人間でいえば幼稚園児以下のサイズ。大体1~2歳児位の大きさ。

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。

その容姿ゆえ人気は高く、原型擬人化を問わず絵が多数存在する。
宣言をしている人も多い。
アニメスタッフの間でも人気なのか、アニメ・映画ではラルトスサーナイトよりも多く出演している。
またバトレボではラルトス、サーナイトが似たモーションであるのに対し、キルリアだけはバレリーナのような専用モーションとなっている。
第6世代からはフェアリータイプが追加され、ドラゴンタイプの技を受け付けなくなった。

ツノによって感情を感じ取ることができ、楽しい感情や嬉しい感情を感知するとついつい踊ってしまうという踊り好きな性格。
しかし、「つるぎのまい」「りゅうのまい」「フラフラダンス」「ちょうのまい」などの踊る類の技は一切覚えない
もっとも「ちょうのまい」など覚えてしまった日にはサーナイトが手が付けられなくなるくらい強くなってしまうのだが。
(余談だが進化形のエルレイドは「つるぎのまい」を覚えられる)

また、バトレボではラルトスサーナイトのモーションが概ね似ているのに対しキルリアは全く違う動きをする。
くるくると踊るように回り、戦闘不能の時もバレリーナの股割りのようなポーズで倒れる。
ポケモン不思議のダンジョンでもくるくる回る。立ち止まっても回るし歩く時も回る。
そして最新作のXYでは、待機ポーズやボールからの登場ポーズ、技のモーションがバレリーナっぽくなっている。

関連イラスト

無題


関連タグ

ポケモン一覧 エスパータイプ フェアリータイプ
ロリ ワンピース

pixivに投稿された作品 pixivで「キルリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6236951

コメント