ピクシブ百科事典

メブキジカ

めぶきじか

メブキジカとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.586
ぶんるいきせつポケモン
タイプノーマル / くさ
たかさ1.9m
おもさ92.5kg
とくせいようりょくそ / そうしょく/てんのめぐみ隠れ特性


※ようりょくそ:天候が「ひざしがつよい」の時、「すばやさ」が2倍になる
※そうしょく:くさタイプの技を受けても無効化し、「こうげき」が上がる
※てんのめぐみ:技の追加効果の発動率が2倍になる

他言語版の名称

英語 Sawsbuck
イタリア語Sawsbuck
スペイン語Sawsbuck
フランス語Haydaim
ドイツ語 Kronjuwild


進化

シキジカメブキジカ(Lv.34)

夏の林



容姿

名前の由来は、恐らく「メブキ(芽吹き:樹木から芽が僅かに出る意味)+ジカ(鹿)」

鹿の姿をしたポケモン。進化前の子鹿から大人の鹿に順当に進化している。
体は全体的に大きくなり、頭部からは木の枝のようなが生えてきた。
成長とともに顔つきもキリっとなり、可愛らしかった瞳も凛々しい目つきに変化した。
そして、誇らしくモフモフとした胸毛をたなびかせている。
体色は、基本は茶色をしており、お腹や顔、膝から下はクリーム色をしている。
また第5世代では進化前同様に季節によって姿が変化する。以下に記載。

春夏秋冬




(1月,5月,9月…4で割った余りが1の月)
デフォルトの姿。角には葉はなく、ピンク色の梅のようなが咲いている。

(2月,6月,10月…4で割った余りが2の月)
角の花は無くなり、ケヤキのような青々とした葉が立つように茂っている。
またこの季節だけ胸毛は無くなっている。

(3月,7月,11月…4で割った余りが3の月)
角の葉は垂れ下がるようになり、色もオレンジに紅葉した。

(4月,8月,12月…4で割った余りが0の月)
角の葉は無くなりくなる。胸毛も大きくなり首元全体を覆うようになる。
膝から下はモフモフした毛で覆われている。またクリーム色だった部分は、すべて白くなっている。

第6世代では季節の概念が存在しない為姿を変えることができず、進化前の姿がそのまま継承される。

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
シキジカがLv34以上になると進化する。

「こうげき」・「すばやさ」の高さはなかなか魅力的だが、耐久は決して高くない。
また進化前にも言えることだが、タイプ的には微妙で弱点タイプも6つと多い。

技は比較的豊富で、物理版「ギガドレイン」である半固有技ウッドホーン、思い出しでメガホーン、技マシンでワイルドボルトを覚えさせることができる。
また、四つ足ポケモンにしては珍しくかくとう技とびげりも覚えるため意外と対応できる相手は多い。
当然ノーマルタイプでもある為おんがえし」「すてみタックルも候補に挙がる。
第5世代ではwi-fi環境においてLvアップ技であるしぜんのちからじしんになった為、はがねで止まらない「ようりょくそ」持ちとして一時期騒がれたが、第6世代ではトライアタックになってしまった為事実上没収された。
補助技はやどりぎのタネくさぶえの他でんじはも覚えたりするが、粉系統の技がないのがネック。

特性は「そうしょく」であればくさタイプの攻撃を受けて能力を上げつつ登場できる。自身が「メガホーン」を覚える為交代要員として優秀。
ただしキノガッサ相手だと返り討ちに遭ってしまうので乱用は禁物。
「ようりょくそ」であれば「すばやさ」が強化されるため、天候「晴れ」のお供にどうぞ。ノーマル技のお蔭でドラゴンでは止まらないのが特徴。

隠れ特性「てんのめぐみ」は効果自体は強いが、肝心の適用技が「いわくだき」「エナジーボール」そして「しぜんのちから」で出る「トライアタック」くらいしかなかった。
その為何とも微妙感が拭えなかったが、ORASでひみつのちからを獲得し、通信対戦でこの技は3割「まひ」となり、漸く活路が見出せるようになった。

アニメにおけるメブキジカ

アニメにおいてはポケモンソムリエカベルネの手持ちとして登場。技は「とびげり」、「メガホーン」、「ウッドホーン」の三つで、特性は「ようりょくそ」。

フフフ




関連イラスト

移ろい

 

4 !!


メブキジカ

 

まってろもふもふ



関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ くさタイプ
ポケモン ポケモンBW

pixivに投稿された作品 pixivで「メブキジカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 770813

コメント