ピクシブ百科事典

あなをほる

あなをほる

あなをほるとは、ポケモンの技の一つ。地中に潜って、次のターンで攻撃する。
目次[非表示]

データ

<
初出第1世代
タイプじめん
ぶんるい物理
いりょく100(第1世代)→60(第2~3世代)→80(第4世代~)
めいちゅう100
PP10
範囲相手一体
直接攻撃
備考1ターン目に穴を掘り、2ターン目に攻撃する
英語名Dig


ゲームにおいて

初代から存在する技。第6世代まではわざマシン28だった(第7世代ではきゅうけつ)。
所謂1ターン回避技の一種。
フィールドで使うと、ダンジョンから脱出する効果がある。
例えシルフカンパニーであろうが穴ぼこにして脱出できてしまう。後で怒られそうである。

初代では何と威力100とじしん」と同等と言うとんでもない威力を誇ったが、さすがにそれでは1ターンの猶予があるとはいえ強すぎると言う事で第2世代では半分近くの60まで下げられた。第4世代では威力が80まで上げられ現在に至る。

穴を掘る以上地面に攻撃する技である「じしん」・「マグニチュード」を使われるとダメージを受けてしまう。でもじならし」は適用外である。何故だ。
なお第2世代のみ「じわれ」も必中になっていた。
ちなみにひこうタイプか特性ふゆう持ちにあなをほるを使わせた場合、じしんとマグニチュードは回避可能。
しかし地面の底でどうやってかわしているのかは永遠の謎である。

ぶっちゃけ2ターンかけて威力80では使いにくいのは言うまでも無い。
1ターン回避できる、と言うのも相手にとっては自由に行動出来る猶予でしかないのでメリットになっていない。そして何よりも威力と安定性に優れた「じしん」の存在が大きい。覚えられるならじしんで十分である。
そもそもじめんタイプの技なのでひこうタイプやふゆう持ちで簡単にいなされてしまい、採用率の高いじしんで特効を取られてしまう時点で採用率はお察しである。

ちなみにRSE及びORASのおふれのせきしつの解放に必要。
しかし当時はツチニンとナックラーしか習得者がいない為、ほぼこの技マシン頼りだった。
幸い前述の通り覚えさせてもそもそもの使い道が限られる為、大した問題ではなかったが。
ORASでは技マシンが無限使用可能になった為問題は無い。

を除いて、そらをとぶと共に覚えられるポケモンはそうそういない。リザードンフライゴンぐらいのもの。

アニメにおいて

ゲーム本編的には残念な部分の多い技だが、一転してアニメなどのメディアミックスだとその扱いは逆転する。地中で行動できるようになるため、行動範囲が下へ大きく広がり、戦術的利用が可能になったり大技へのとっさの回避に使うことが出来るなど本編とは全く違う側面を見せる。

バトルは勿論、その他、洞窟からの脱出、敵からの退避など、色んな場面で役に立つ。
地中にいる間描かなくて良いため作画にも優しい。

なお、アニメでは「じしん」が使われないため、XYシリーズでは、「じならし」・地面に向かってのアイアンテールで「あなをほる」をしたポケモンにダメージを与えたこともある。

其の他

ポッ拳ではガブリアスが使用する。地中を移動するため攻撃をかわしやすく、1ターン目に攻撃を避けられるという部分を存分に活用している。

ポケダンでも同様だが、マスを移動しただけで簡単に回避されるのであまり役に立たない

タグとして

名前のせいか、このタグが付いたイラストはR-18指定レベルの物が多い。
つまり、このタグは本当に落とし穴だらけの危険地帯である。

関連イラスト

ディグダの あなをほる!
ブースター


ねるねるね~る




関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵
じめんタイプ ディグダ ダグトリオ

pixivに投稿された作品 pixivで「あなをほる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 560577

コメント