ピクシブ百科事典

そらをとぶ

そらをとぶ

空を飛行している状態。この表記の場合は、任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズに登場する「わざ」を指す。
目次[非表示]

データ

初登場第1世代
タイプひこう
分類物理
威力70(第3世代以前)→90(第4世代以降)
命中率95
PP15
直接攻撃
効果1ターン目で空高く飛び上がり、2ターン目で攻撃する
英語名Fly


概要

初代から存在する技。
1ターン目で飛行し、2ターン目で攻撃する。
永遠のひでんマシン02…と言いたいところなのだが、第7世代ではひでんマシン廃止の影響でわざマシン76に変更された。

言葉通り習得可能なポケモンは大半がひこうタイプ
…なのだが、図鑑で「飛べない」と明記されている故にネイティアーケンは習得できない。にも関わらず同じく明記されているドードーバルチャイ普通に習得できる
いい加減すぎるぞポケモン図鑑。
ちなみに初代はもっとガバガバであり、RGBではリザードンカイリューですら習得できなかった。そのデカい翼は飾りか。

故に空を飛べる扱いになってしまった為、ドードリオは第4世代までの3Dポケモンゲームで足を交互にバタつかせながら飛ぶと言う妙ちきりんなモーションが与えられる羽目になってしまった。空気を蹴れば浮けるとか言う理論なのだろうか…。

なお、ゴルーグも習得できる
デザイナー曰く、「設定に『空も飛べる』と書いたら採用されてしまった」(要約)との事。
いやまあ別の意味で飛べそうな見た目ではあるが。

ゴルーグの そらをとぶ


第7世代では新たに非ひこうタイプにジジーロンも仲間入りした。

ひでん技時代に自力習得者がいたと言う変わった技でもある。
ボーマンダレックウザが該当する。
ボーマンダは設定の都合で覚えるのだが、はっきり言って後述の都合で習得は邪魔なだけである。

対戦では非常に使い辛い。
そのままでは2ターンかけて威力90でしかなく、ブレイブバードや同じ溜め技のゴッドバードと比べるとどうしても見劣りしてしまう。
2ターン内に与えるダメージならばつばめがえしつばさでうつを2発撃った方が強い

第2世代からはさらに「空中にいる間はかみなりスカイアッパーぼうふうは命中し、たつまきかぜおこしに至っては威力2倍で受ける」と言う特効効果まで追加されてしまったため、もはや戦闘での使い勝手はお察しである。

溜め技共通の欠点として相手の交代・積み技を許してしまうのもいただけない。
しかも初代は凶悪無比の積み技かげぶんしんの存在もあり、空なんて飛ぼうものならば泥沼の戦いを許すのは目に見えていた。
まず習得できるひこうタイプが軒並みふぶきで軽く落ちてしまうし。
第2世代以降も優秀な積み技が増えたり半減に出来るポケモンが増えたりしているので、未だ報われていないのが事実である。

この技の本領発揮はやはりひでん技らしくフィールドでの活用となる。
マップ上で使用可能になれば、一度行ったことのある町などに瞬時に移動できるようになるため、移動の幅が非常に広くなるからである。
XYまではポケモンセンターのある場所にしか飛べなかったが、ORASでは、道路や水道にも飛べるようになり利便性が上がった(但し着地地点は場所ごとに固定)。
道路の場合は看板のある場所、洞窟や施設の場合はその入口前に着地するのでわざわざポケモンセンターから歩く手間が省けた。
またおおぞらをとぶという要素が追加されている。詳しくはリンク参照。
アローラ地方においてはライドギアに登録されているポケモン以外でのこの技による移動は法律で禁じられているらしい。そのためこの技の利用価値はほぼ無くなった…というわけでは決してなく、ひこうタイプを持ちながらもブレイブバードを覚えない物理アタッカー(カイリュー等)がZワザ化してタメ無しでぶっ放すという新たな使い方が生まれた。

アニメ版では空戦可能なポケモンは普通に空中戦を仕掛けるためか、技としての「そらをとぶ」が使われた事はない。

スマブラではリザードンの上必殺ワザとして実装されている。
体をきりもみさせながら上方向へ上昇する。連続ヒットするため、真上にいる相手への追い打ちにも使える。
ただ、上昇の度合いはそこまで高くはないので過信は禁物である。


関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵 わざマシン一覧 ひこうタイプ 
フリーフォール おおぞらをとぶ

pixivに投稿された作品 pixivで「そらをとぶ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 693817

コメント