ピクシブ百科事典

ガブリアス

がぶりあす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑ナンバーNo.445
分類マッハポケモン
タイプドラゴン / じめん
たかさ1.9m
おもさ95.0kg
とくせいすながくれ / さめはだ(夢特性)


他言語版の名称

英語 Garchomp
イタリア語Garchomp
スペイン語Garchomp
フランス語Carchacrok
ドイツ語 Knakrack

進化

フカマルガバイトガブリアスメガガブリアス(メガシンカ)

フカガバガブ



容姿

外見的特徴として、青い肌に鋭い目つきをしており、二本足で立ち恐竜の様な容姿をしている。
また、をイメージさせる鰭(ひれ)の様なものを背中や腕に見ることが出来る。
頭部には、撞木鮫(しゅもくさめ)の様な突起物が左右対称に付いている。
また、雌は背鰭に切り込みがないが、雄には切り込みがある。イラストは雄のほうが多い。公式絵は雌なのに。
腕こそあるが先端が爪なため切断系の技は使えるものの、殴る事が出来ないので拳を使う技は全く使えない。でも「かわらわり」はできる
故に体当たり、爪、牙等を使った攻撃を主とする。

ガバイトの色違いは鮮やかな青色だったのに対し、何故かガブリアスの色違いは殆ど全くと言っていいほど変化がない。
全身色が変わってはいるのだが、通常色と見比べてようやくちょっと違うなーという程度である。


概要

進化にこそ手間は掛かるが、初心者から上級者まで非常に扱いやすいポケモンであり、育て上げたプレイヤーも非常に多い。
シンオウ地方のチャンピオンであるシロナも切り札として使用していることから、折り紙付きの実力者である。

ポケモン図鑑では「音速で飛ぶ事が出来る」と書かれている割には飛べない上にそこまで速いわけではない。一応ポケモンレンジャーでは図鑑通りトップクラスに速く、テッカニンの次点あたりである。飛行自体はアニメで普通に見られる。

ポケモンXY』にてメガシンカという新たな進化形態を得たポケモンの内の一体(後述)。

ゲーム上の特徴

基本スペック

HPABCDS
種族値108130958085102

平均的に能力が高い600族の中でも、『硬い』『速い』『強い』と3拍子そろった強力なポケモンであり、常に対戦の環境の中心にいる「トップメタ」のポケモンである。
安定してトップクラスの位置についており、「ゲーフリはガブリアスを基準にして対戦環境のバランスを考えている」と憶測が飛ぶことから「ポケモン対戦界の主人公」とも呼ばれる。
上級者はもちろん、これから対戦を始める初心者にもお勧めなポケモンの1匹である。

耐久面は、HP種族値は108、物理防御が95、特殊防御が85あり、タイプ不一致のこおりタイプの技程度では4倍弱点にもかかわらず耐えてしまうことも。
分かりやすく比較で言えば、いわゆる遅い代わりに耐久が多めに振られているポケモンとほぼ同等以上、具体的にはローブシン同等以上の物理耐久ランクルス同等の特殊耐久である。

攻撃面は、ほとんどの相手に等倍で通る竜/地面の複合タイプであり、怒涛の攻撃種族値130からタイプ一致の高威力技をバンバン繰り出す。
じしん」が効かない相手には「げきりん」、「げきりん」が効かない相手には「じしん」と、2つの技の相性補充が上手いこと合わさっている。これらの技を両方半減以下に出来るポケモンは少なく(エアームドエルフーンなど)、それらのポケモンでも大体はサブウェポンで弱点を突くことができる。
抑えられているとはいえ特攻も80もあり、主に利用される特殊技の「だいもんじ」の威力の高さや、その「だいもんじ」を打ちたい相手がほとんど防御寄りのステータスという点からさほど問題は無い。他のドラゴンとのタイマンや物理受け対策として「りゅうせいぐん」を入れた二刀流が採用される事もある。
火力増強手段として「つるぎのまい」も使用でき、「ステルスロック」で場を整えるサポートに回るなど、少ない変化技も十分すぎるほど使いこなせる。

最大の目玉は素早さ種族値102メガシンカポケモン等の強力なポケモンが数多く存在する素早さ種族値100のポケモンを微妙に上回るというなんとも露骨な速さになっている。自力で素早さを上げる手段はないものの、こだわりスカーフを持たせればほとんどの相手を上から叩く事ができる。
ぶっちゃけガブリアスの強さの半分はこの素早さであると言っても過言ではない

通常特性は「すながくれ」。
天候がすなあらしの時に発動し、発動中は相手の技の命中率を2割減させるため、技を思うように当てられず鬱陶しいことこの上ない。持ち物「ひかりのこな」(相手の命中率を1割減)と組み合わせれば命中100の技も「かみなり」などとほぼ同等の72まで落ち込んでしまう。
この間に「みがわり」を連打し、相手の攻撃が外れた所で「つるぎのまい」を積み、上がった攻撃力で全抜きを目指すのが通称「粉ガブ」「砂ガブ」である。
みがわりに攻撃が連続で当たる確立は1回目72%、2回目51%、3回目37%、4回目26% 5回目19%、こちらが麻痺状態の場合、命中100%の技でも身代わりに4回連続で当たる確率は8.5%
セットで使われるのは「でんじは」と「きあいのタスキ」を持ったバンギラスが主で、すなおこしで起こす砂嵐がターン無制限だった5世代までは害悪戦術の一つとして数えられていた凶悪な戦術である。
現在ではターン制限ができたことにより著しく弱体化している事から成立しにくい戦術である。

隠れ特性「さめはだ」。現在ではこれが主流となる。
持ち前の耐久力も相まって、むやみにねこだましや連続技を使おうものならむしろ使った側が追い詰められるという恐怖の現象が起きる。
ガブリアスほどの火力があれば、体力を1/8削るだけでもそこから十分とどめを刺すことが可能、と言うよりもこちら側の襷や頑丈が潰されることのほうが脅威である。

一般ドラゴン最速(5世代まで)の素早さや、げきりんを始めとした高火力の物理ドラゴン技を振りまわす基本戦術から、優秀なドラゴンタイプの印象強いが、もう一つの地面タイプとしても非常に優秀であり、「汎用的で強力な地面タイプ」となるとガブリアスがやはり入る。
パーティの電気技の通りの良さを撃ち消したり、でんじはが効かない速いポケモンであるなどの細かい利点も多く存在して居ることからあらゆるパーティに入る可能性が出てくる。器用貧乏ならぬ器用万能と言ったところだろう。

ドラゴンタイプのメタであるフェアリータイプのポケモンに対しても、エルフーン以外のフェアリータイプのポケモンは全てがガブリアスよりも素早さが低く、大半に「じしん」が通る物理耐久の高いフェアリーが少ないなどからあっさり返り討ちにすることもできてしまう。「ドラゴンタイプに強いフェアリータイプとはなんだったのか」とも思えてくる強さである。

以上の事から、シングルバトルでの使用率は第5世代のBWはもちろん、強烈なドラゴンメタとして用意されたフェアリータイプが追加された第6世代でも相変わらず対策必須の要注意ポケモンであり、その「とりあえず入れとけば活躍する」、という立場は全く揺るがない。
その強さゆえ、多くのポケモンの物理耐久はガブリアスを目安として調整されていたり、ほとんどのパーティに氷技を打つことができるポケモンが入ってる、など徹底的に対策されている。特にめざめるパワー氷は誰から飛んでくるかもわからないので油断できない。とはいえ第6世代でめざめるパワーの威力が弱体化したためガブリアスを道具の力無しに一撃で倒せるのはシャンデラギルガルド位の特攻の持ち主でないと倒せないのだが。
対策が増えると大抵その対象のポケモンは減る傾向にあるが、それでも尚環境に君臨し続けるのあたりそのイカれた強さがわかるだろう。
一応実際に使うと色んな所で対策意識されているのがわかる。が、それでも多くのメガシンカポケモンよりちょっと早いこと、さめはだで襷に強く低HPの相手に殴られるだけでも敵が倒せる事があること、とりあえず単体で完結する安定したアタッカーという圧倒的な汎用性から相変わらずトップの使用率を保っている。

たまにどうすればガブリアスが対戦環境から消えるかという話がトレーナーの間でされることがあるが、過剰に偏らせない上での理想的なステータスからくる汎用性の高い技と攻撃範囲、防御にも攻撃にも使える特性を兼ね備えたある種一つのアタッカーとしての理想としての完成形に到達しているので、「おそらくポケモンが終わるその日まで上位に居座り続ける」というのが冗談のようで冗談でない事とされていたりもする。

弱点

目立った弱点としてはやはり「こおりタイプの技が4倍ダメージ」であること。
この弱点のせいで時たま思ってもみない方向から大ダメージを受けたり倒されたりしてしまう。
れいとうビームを覚えないポケモンでも、めざめるパワー氷を仕込んでいる事が多く、不意の一撃で落ちる危険性も低くはない。
とはいえ前述の通り数値では耐久型ポケモンに匹敵する耐久値を備えているため、4倍の氷といえど中途半端な不一致めざパ氷、不一致れいとうパンチぐらいならば耐えてしまう。
第6世代ではめざパ自体の威力低下もあり、耐久に更に磨きがかかっている。

「げきりん」以外に高性能な物理ドラゴン技を持たないのも弱点といえば弱点で、「げきりん」を使うと交代不可になり他のわざが使えなくなるため、シングルではそのタイミングで物理受けのはがねタイプやフェアリータイプ持ちのポケモンタイプを出され、こおりタイプのわざを撃たれるとあっさり落ちる。
初心者にもお勧めのポケモンではあるが、「じしん」との使い分けや「げきりん」を撃つタイミングなどをよく考えなければならないポケモンでもある。
ダブルでは「げきりん」が技としては出しにくいので、「ドラゴンクロー」が主流のドラゴン技となっている。

分かりやすいメタとしては以下。条件次第では返り討ちにあうが、高確率で仕留められる。
物理耐久の高いポケモン+氷タイプの技が一般的と言える。

等倍のげきりんに出ていけるずば抜けた物理耐久を持つ氷ポケモン。スキルリンクつららばりで襷だろうがヤチェの実だろうがみがわりがあろうが確実に倒す事ができる。ガブリアスの天敵と言っても過言ではない。
高い攻撃を誇る氷ポケモン。先制技のこおりのつぶてですら致命傷になりかねない。また、パルシェン同様つららばりを覚える。
しんかのきせきによる異常な耐久を持つポケモン。特性ダウンロードで上手くとくこうが上がればれいとうビーム一撃で葬り去ることも可能。再生技もある。防御特化ポリゴン2はなんとようきガブリアスのげきりんを超低乱数3発まで抑える事が出来る。
圧倒的速さと広い攻撃範囲を合わせ持つポケモン。ガブリアスよりも速く、ねこだまし、こおりのつぶてを覚えるのでだいたいのガブリアスは倒す事ができるが、こちらの耐久が低すぎるのがネック。さめはだでむしろ返り討ちに遭うことも・・・
天候を「あられ」にしてしまう特性「ゆきふらし」を持つポケモン。状態天候自体を変えてしまうので砂による脅威が無くなる。その上こおりタイプ最強技の「ふぶき」を必中で当てる事ができる、相手の襷を潰せるなどいいこと尽くし。炎技に弱いが大抵の場合襷かこだわりスカーフを持っている。
第6世代でノーマルからフェアリータイプに変更され、これによりガブリアスのメインウェポンである「げきりん」と「じしん」が効かない、まさに天敵とも言える存在になった。しかも仮に襷で耐えたとしても、その保険で「しんそく」を覚えてる場合もある。一応「アイアンヘッド」や「ストーンエッジ」などで逆襲できる可能性はあるが、こちらもスカーフを持っている事が多い。しかし、強化されたがんせきふうじを持っているケースが多いのでやや厳しい。

他多数。

余談

第四世代前半ではその真価を発揮させる技を覚えさせるのに色々と苦労が絶えないポケモンであった。-じめんタイプのタイプ一致技はあなをほるしか自力習得できず、貴重な技マシンである「じしん」を使わなければならなかった。タマゴ遺伝で「げきりん」を覚えさせるまでが手間がかかり、最短ルートはミニリュウ♂を進化させないままレベル50以上育てるという鬼畜条件であった。

現在では「じしん」はBWで技マシンが無限に使用できるようになっており、「げきりん」はプラチナでは技教えによって、BWでも教え技こそ無くなったが野生で高レベルのミニリュウが捕獲できる上、タブンネボムを利用して一気にLv1→Lv43まで上げられる。
続くBW2においては技教えが復活したため、更に育成難易度は下降してきている。


メガシンカ

時はポケットモンスターXY、ドラゴンタイプの天敵、フェアリータイプの登場によりドラゴンタイプが逆風を受ける中ガブリアスは恐るべき力を手にして帰って来た・・・。


そう、メガシンカである。

メガガブリアスのドラゴンクロー!!



こうげきととくこうが大幅に上がり、特性はすなのちからになった。
すなのちからは砂嵐状態ではいわ、じめん、はがねの技の威力が1.3倍になるというもの、つまり攻撃種族値130から繰り出されるタイプ一致の威力100のじしんが砂嵐状態ではさらに強化されるという訳である。
さらに言うと不一致ではあるがサブウェポンであるストーンエッジやいわなだれ、採用はまれだがフェアリータイプの弱点を突けるアイアンヘッドの威力も増す。まさに砂パで戦う事を前提に生まれたメガシンカである。しかもそれなりにあったとくこうが120に跳ね上がるので両刀型としても活躍でき、りゅうせいぐんをぶっ放した後にすなあらし状態でのじしんをかますなんて芸当も出来る。
耐久もそれなりに上がり、特化すると不一致れいとうビームではHPが赤ゲージにさえ行き届かなくなる程にもなる。

ただし短所もあり、メガシンカ前のガブリアスと比べてとくこうがあがる代わりにすばやさが下がってしまう。分類のマッハポケモンとは何だったのか。さらに言えば道具も限られてしまうので通常の状態のガブリアスとはまた違った戦略が必要になるかもしれない。
むしろ、通常のガブリアスを併用できない事がデメリットとなるだろう

使用トレーナー


関連イラスト

アニメありがとう
やだやだ!


ガブたんで表情練習【イメレス】
ガブリアスとケロマツ



関連タグ

ポケモン一覧 DP メガガブリアス
ドラゴンタイプ じめんタイプ 
サメハダー(同じ鮫モチーフのポケモン) フライゴン(地・竜複合タイプの同僚) クリムガン(鮫肌ドラゴンの仲間)
ガブリエル(名前の由来がおそらく同じ)

pixivに投稿された作品 pixivで「ガブリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2498732

コメント