ピクシブ百科事典

ミミッキュ

みみっきゅ

ミミッキュとは、「ポケットモンスター」に登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.778
ぶんるい ばけのかわポケモン
タイプ ゴースト / フェアリー
たかさ 0.2m
おもさ 0.7kg
とくせい ばけのかわ


他言語版の名称

ミミッキュ

英語 Mimikyu
イタリア語Mimikyu
スペイン語Mimikyu
フランス語Mimiqui
ドイツ語 Mimigma
韓国語  따라큐
中国語謎擬Q(繁体字)/谜拟Q(簡体字)
ばけたすがた
英語 Disguised Form
イタリア語Forma Mascherata
スペイン語Forma Encubierta
フランス語Forme Déguisée
ドイツ語 Verkleidete Form
韓国語  둔갑한 모습
中国語 化形的樣子(繁体字)/化形的样子(簡体字)
ばれたすがた
英語 Busted Form
イタリア語Forma Smascherata
スペイン語Forma Descubierta
フランス語Forme Démasquée
ドイツ語 Entlarvte Form
韓国語  들킨 모습
中国語 現形的樣子(繁体字)/现形的样子(簡体字)

概要

初登場は『ポケモンSM』(第7世代)。
ピカチュウを模したボロ布を被った姿をしており、その正体は謎に包まれているという、色々な意味で異質なポケモン。
名前は恐らく「ミミック」+「キュート」か。

20センチ


実際に並ぶと、身長もピカチュウ(0.4m)とほぼ同じに見えるが、図鑑によると半分の0.2mしかないとされている。
恐らく、本体はピカチュウの着ぐるみの首から下の部分にしか入っていないと思われ、頭の部分の形は詰め物などで補強されている模様。

普通の布切れに自身の能力で顔の絵を浮かび上がらせてピカチュウに似せており、尻尾に見えるものも杖のような持ち物であり、本体や腕ではない。
着ぐるみの腹部には穴が二つあり、そこに目があると思われる。
図鑑説明によると、布が破れた場合は、中身の本体が夜なべで繕うらしい。
この布は、浴びると体調を崩してしまう程苦手な日光を防ぐ効果があるらしい。こうしたこともあって、ミミッキュは日の射さない暗い場所を好む。
生息区域も限定されており、尚且つ滅多に姿を現さない、かなり希少なポケモンである。

この布を被る最大にしてもう一つの理由として、人間と仲良くなりたいという願いからというものがある。
自らの不気味な姿や生態から周囲に避けられていたミミッキュは、(リアル)20年前に流行したピカチュウグッズを見て、「ピカチュウに化ければ人間と仲良くなれるのでは」と考え、このような擬態を行うようになったという。
そのため、ピカチュウブーム以前はどんな姿だったのかは不明。
日除けの為に、何かしらは被った姿だったと思われるが。

設定の切なさや、着用しているピカチュウな見た目の可愛さから、密かに人気を集めている。

その一方で、アローラ地方には「布の中を見ようとするとミミッキュに呪われてしまい、謎の病に侵されてしまう」という言い伝えがあるという。
サンの図鑑説明にも「その中身を見た学者は恐怖のあまりショック死した」と記載されており、実際アニメ版でもほんの少しめくっただけのニャースあの世へ逝きかけている
また、攻撃の時などは本体の一部と思われる影のような黒い腕を伸ばす。

正体を見たものは…


可愛い姿とはいえやはりゴーストタイプはゴーストタイプ

攻撃する時にはキラッと目の部分が光る。
ポケリフレ等でもきぐるみ越しなので表情を見ることは出来ないが、仕様により触ったときの音で何処を触れられるのかが好きなのかは分かる。

ちなみにポケマメはピカチュウの口の部分周辺で食べる。
さらには胴体の目から見て口があるであろう位置に持っていっても食べる。
くわえてアニメでは自分の頭ほどの大きさのマラサダ覆いかぶさるようにして身体の下から食べている。
一体どういう身体の構造なのか・・・

対戦

タイプは初めての組み合わせとなるゴーストタイプフェアリータイプの複合。
耐性はむしタイプ1/4、ノーマルタイプかくとうタイプドラゴンタイプ無効、弱点はゴーストタイプとはがねタイプ
実はゴーストとフェアリーの攻撃範囲は非常に広く、両方を半減以下に抑えられるのは現時点ではカエンジシのみというなかなかのタイプ構成。

種族値もHPと特攻以外は決して低くはなく、無駄が少ない。攻撃技やゴースト特有の補助技に加え、積み技なども一通り揃っている。
擬態先のように「10まんボルト」も使用できるが、特攻が低いのでロマンの域は出ない。
特に積み技は後述の特性と相性が良く、シナリオなら「つるぎのまい」を覚えさせたミミッキュだけでも幅広く活躍できる。
なぜか「ウッドハンマー」も覚えられるが、尻尾に擬態させた材木部分で殴るのだろうか?

新登場にして専用の特性「ばけのかわ」は、1回だけ敵の攻撃によるダメージを無効化することができる。
と同時にみがわりとなったピカチュウ頭(本体ではない部分)がコテっと倒れ、通常の「ばけたすがた」から「ばれたすがた」へと変化する。

他のポケモンでいうフォルムチェンジのような扱いで、ポケモン図鑑ではそれぞれ別の説明になっている。

ミミッキュのアレ



この特性最大の強みは、「化けている時はZワザでさえ無傷で受けることができる」ことである。

本来Zワザは「まもる」をつかっても完全には防ぎきれず、75%の威力でダメージを受けてしまう。
だが、ミミッキュの場合はいわば初めから「変化技貫通のHP1のみがわり」を貼っているようなものなので本体にダメージは届かない。
上から岩に押しつぶされたり、洗濯物のように水でかき回されたりと明らかに内側にもダメージを受けてそうなものもあるが、深く考えてはいけない。

これにより、Zワザ読みでミミッキュに交代させるなど、場に出すタイミング次第では大きなアドバンテージを得られる。

だが、変化技や「かたやぶり」持ちの攻撃、及び攻撃に付属する追加効果は防ぐことが出来ず、連続技の初撃や混乱の自傷ダメージでも解除されてしまう点には注意が必要。
とは言え、天候や毒・火傷のダメージでは解除されず、特性のコピーも無効化するので、やはり強力な特性である。

以上の点から、見た目とは裏腹にかなりの実力者と言える。

アニメのミミッキュ

ムサシのミミッキュ

ポケモンろぐ
Bewear × Beware



「キー……」「ギギッ……」「クカッ……カカカッ……」 (効果音)
ゲームでの愛嬌のある鳴き声とは対照的に、アニメで鳴き声はかなり特徴的で不気味。金属音を思わせるようなものが混じった独特のものである。ちなみに、クレジットがされていないので、CVは不明である。

アニポケサン&ムーン』3話より登場。

元々はハウオリシティ郊外、おそらくポケモンスクールの裏の森にキテルグマ共々野生として住んでいたが、まずはポケモンゲットの為森を散策するロケット団の目の前に飛び出してきた。

ピカチュウそっくりだが首が折れ曲がる姿に一瞬戦慄したロケット団。
ミミッキュはロケット団に攻撃を行わなかったが代わりにニャースソーナンスが怯え、翻訳を拒否する程怖い文言を垂れまくっていた。

そんな二匹とは逆にムサシは「怖い?でもよく見たらちょっと可愛くない!?」と気に入り、ゲットしようとニャースをけしかける。
攻撃を仕掛けたニャースにも反撃せず怖い文言を垂れまくる。
耐えかねてニャースが布をめくり中身を見た瞬間「何か」を目にしたニャースは突然倒れ、不安と幸せと恐怖を絶え間なく繰り返す悪夢を凄まじいやつれ顔で見続けた。
ムサシ達に起こされてげっそりとした顔で目覚め、ひどく怯える。

ロケット団の前から去ったミミッキュはフィールドワークで訪れたサトシと遭遇。
今度は打って変わって彼のピカチュウに並々ならぬ敵意を向けバトルすることに。

何故かピカチュウという種に対して強い憎悪を抱いており、ニャースの通訳によると「好きでこんな姿をしているわけではなく、むしろその姿こそ最大の憎しみ」とのこと。
ゲームの図鑑説明と比べると随分と殺伐としている。
おそらくアニメ特有のオリジナル設定の可能性もあるが、このミミッキュだけがピカチュウ嫌いな可能性もある。但し、ミミッキュは人間と仲良くなりたいとはあっても、ピカチュウと言う種に対しての感情は言及されていないので、一応矛盾はしていない。

そのまま利害関係の一致からロケット団に手を貸すと自ら申し出る。
第4話にて、ムサシが普通のモンスターボールを投げるも、何度も弾き返す姿を見せた。
しかし、ムサシがコジロウ秘蔵のゴージャスボールを(半ば強奪して)使ったところ、あっさりゲットされ(というかゲットされにいった)、出てくる度にサトシのピカチュウを付け狙うという因縁が生まれた。

サトシを差し置いて、シリーズ続投キャラクターがゲットした初のアローラ産ポケモンである。
ちなみに、アニメのメインキャラがお馴染みの赤と白以外のボールを使うのは、実に金銀編以来で、ポケモン自身のボールの選り好みも珍しい。
また、戦いを目的として自分からロケット団に与したパターンも珍しく、元野生ながら非常に腕が立ち、ピカチュウを圧倒する様はロケット団が感嘆する程。
だがピカチュウを憎悪するあまり、ムサシの指示を待たずに攻撃を仕掛けることもある。

普段から怨嗟や恨み節めいた恐ろしいことを呟いている荒み切った性格で、ポケモンの言葉がわかるニャースとソーナンスを度々震え上がらせている。
仲間になった後もピカチュウと戦うこと以外にはやや無関心で普段は割と自由に行動しており、ピカチュウ以外との戦闘もそっぽを向く。
ただムサシとの関係はそんなに悪くはないようで、ピカチュウとの戦闘の際は指示に背くことはないし、ボールから出ていることも多い割にムサシの元から去ることもない。
これら点はかつてのサトシのリザードンヒカリマンムー、そしてアイリスドリュウズに近い。

13話のポケモンパンケーキレースにムサシのパートナーとして参加。
優勝賞品のアローラ地方のパンケーキ食べ放題年間パスポートが目当てのムサシの指示におとなしく従い、尻尾型の何かで皿とパンケーキを持ってレースも順調に走っていた。
しかし、ピカチュウを見るとつい技を撃つ準備をしてしまう。(技での妨害は反則行為となる)
ムサシの指示があると発射準備をやめるのだが……。


一方ニャースは、初対面時に殺されかけた恐怖が尾を引いているのか、ミミッキュが視界に入っただけで怯えている。
ニャゴシエーター」と自称し、あらゆる凶暴なポケモンと関わったこともあるニャースにしては珍しい(が理解はできる)反応である。

キテルグマ同様、関与した人間が死亡した実例があるこれまでにない危険性を秘めたポケモンであるため、「ロケット団は歴代でも屈指の戦力を手に入れたのでは?」との声もある。
対戦相手がピカチュウ以外でないと、やる気を見せないのが厄介であるが。

また、トレーナーに懐きやすい効果を持つゴージャスボールでゲットされたことから、これから話が進む度にミミッキュの心情やムサシ・ニャースとの関係に変化が起こるのではないかと言われている。

因みに、12話では平然とピカチュウの布を脱衣した上で本体のまま海を泳ぎ、目が合ったニャースが再び死にかけている。
この時ニャースが見たミミッキュの本体は、黒いもやのような姿をしていた。

また、ミミッキュの化けの皮に描かれている顔は水性のマジックで描いていたのか、海水で顔部分のインクがにじんだことで一層不気味な風貌になり、これにはさすがにムサシ達をも震え上がらせた。

現時点で確認できる習得技は「じゃれつく」、「シャドークロー」、「シャドーボール」。
他に尻尾でウッドハンマーらしき技を仕掛けたことも。

シャドーボールの連射や同時生成もできるが、これは今までのロケット団の手持ちどころか他のポケモンにも見られない芸当。
特性も発揮されており、弱点であるはずのピカチュウの「アイアンテール」を無傷で受け流してしまった。

ゲームでは「じゃれつく」の習得レベルが46の時点で相当な実力者であることが伺え、実際サトシ達のポケモンを例外なく苦戦させており、バトルで気絶までおいやられたこともない。
噛ませ犬的な扱いを受けることが多い歴代のロケット団のポケモンとは明らかに一線を画するポケモンであり、12話ではなんとヒドイデとの連携でサトシのポケモンを敗北寸前まで追いやった。

しかし、そんなミミッキュもキテルグマには逆らえないようだ。
タイプ相性的にミミッキュの方が相当有利な筈なのだが、このミミッキュを黙らせるキテルグマの強さは底を知れない。

公式でミミッキュがニャースに対してどう思っているかは言及されていないが、突然ニャースのすぐ傍に寄ることが度々あり、当のニャースからは「近寄るな」と言われても寄ってくるなど少なくともニャースに対する嫌悪意識は無い模様。
キテルグマやロケット団との初対面時のように見境なく攻撃を仕掛けるわけでもないあたり、図鑑説明通り本質的には寂しがりやなのかもしれない。

余談

あくまでネタではあるが、アニメでのピカチュウとの因縁、「謎の病」、サトシとピカチュウの写真、そしてようやく存在の言及がアニメの世界で解禁されたことから、ネット上ではミミッキュの中身例のあのポケモンではないかと言われることがある。

実際、今作であのポケモンを入手できる部屋ではミミッキュの姿が確認できる
これを偶然と見るか必然と見るかはあなた次第…。

おまけに、ピカチュウの図鑑番号とそのポケモンの図鑑番号を足すとミミッキュの図鑑番号になるが、ただの偶然だろうか…。

懲役20年の苦悩と末路



しかしミミッキュには性別があり、例のあのポケモンには性別がないという決定的な違いがあるので偶然の可能性も否定できない。

関連イラスト

謎擬Q
どーれだ!


ミミッッッッキュ詰め


あなたの後ろにミミッキュ
お裁縫



見た目や設定からか、ピカチュウとセットで描かれることが多い

【ポケモン】ミミッキュさ〜〜ん
仲良し


🎃
ピカ?



ちなみに「着ぐるみ」という設定上、ピカチュウ以外の着ぐるみを着せてみたイラストがちらほらある

ミミッキュと愉快仲間達
clown Pikachu and Mimikkyu
ミミッキュじゃないよマメッキュだよ
アイドルに憧れるミミッキュ
mimikyu - eevee
ミミッキュ(オオタチのすがた)



ハハッボクミミッキュ


↑こんないかにもやばそうなきぐるみも…

関連タグ

ポケモンSM ポケモン ポケットモンスター
ゴーストタイプ フェアリータイプ
ピカチュウ 

カゲボウズ:こちらは進化するとぬいぐるみになる。

ミミッキュ着ぐるみシリーズ

アニポケ

サン&ムーン ムサシ(アニポケ)

外部リンク


動画

公式で「ミミッキュのうた」なるものも製作されたYO



ピカチュウじゃないよ ミミッキュだよ」という歌詞がキャッチーだが、多くの人にうろ覚えされているらしくGoogleで検索すると「ピカチュウじゃないよ ミミックだよ」がサジェストされる。

……だけならず、フレーズ強制指定のはずの「ピカチュウじゃないよ "ミミックだよ"」であってもGoogle先生に頑なに訂正される。

ピカチュウじゃないよ ミミッキュだよ

本編発売前にグッズどころか歌が発表されるポケモンはかなり珍しく、(ちょっとコワいところはあるが)かわいいポケモンだと事前にわかった上でサン・ムーン本編を楽しんでもらおうという細やかな心遣いが感じられる。

ピカチュウじゃないよ ミミッキュだよ




ピカチ ュウじゃ いよ  ミッ キュ   

………










以下、背筋の凍る思いをしたくない方は閲覧注意







「ミタアーッ!?」

ウラウラ島のキャプテンの一人、アセロラが下す第6の試練に於けるぬしポケモンである。

その試練の内容は舞台となるメガやす跡地に潜む4匹のゴーストタイプポケモンをポケファインダーで撮影してキャプテンに見せること。
体験版同様撮影後は必ず撮られたポケモンが襲ってきて戦闘になる。

言わば下っ端にあたる3匹のポケモンたちを撮影・撃破後、ピカチュウと思しきモンスターに最奥部の狭い小部屋に誘われる。
小部屋にはピカチュウのポスターや写真などが貼られているが、普通にフォーカスを合わせてもミミッキュの姿は見当たらない。

では何処にいるのかというと、あなたの真後ろにいる。

ミミッキュ




しかも、撮影時は通常サイズなのに戦闘が始まった途端どう見ても0.2mではない特大サイズのミミッキュへと変貌するので、事前情報を知らずに始めたプレイヤーにとっちゃトラウマものだっただろう。

他のぬしポケモン同様能力が上昇するだけでなく、ほぼ確実にばけのかわで攻撃を一回は無効化してくるため、仲間を呼ぶ起点を作られやすい。
ミミッキュ自体もかなり素早く、「じゃれつく」などでこちらのゲージをガンガン削ってくる厄介者だが、それ以上に恐ろしいのは仲間として呼んでくるゴーストが「さいみんじゅつ」を持っている点

両方とも素早いため、こちらが眠り状態にされるとミミッキュとゴースト両方からボッコボコにされパーティを全滅させられかねない。
これらのことから、試練の中でも有数の難易度を誇る。

無事にぬしポケモンのミミッキュを倒すと、ポケファインダーにはミミッキュが僅かに写った写真が残る…。
明らかに姿が撮れていても僅かに写った写真が…。
ポケファインダーの挙動もおかしかったような…。








ミタアーッ!?


アセロラにその旨を報告すると、メガやすにそんな小部屋など存在しないはずという驚愕の事実が発覚。

実際試練後に確かめに行ってみると、そこには壁があるだけで本当に何も無い
始めはジョークと笑っていたアセロラも、事実を悟った瞬間凍りついていた。

さらにその瞬間、主人公の後ろでミミッキュが建物の影へ去っていく姿が確認できる。
ゴーストタイプの中でも屈指と言える、ホラーな雰囲気全開のシナリオである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミミッキュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4412916

コメント