ピクシブ百科事典

ミカルゲ

みかるげ

ミカルゲとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

ミカルゲとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
名前の由来は、恐らく「ミカゲ(御影:神霊の意味、または御影石)」
鳴き声は「おんみょ~ん

基礎データ

全国図鑑 No.442
シンオウ図鑑 No.108
ぶんるい ふういんポケモン
タイプ ゴースト / あく
たかさ 1.0m
おもさ 108.0kg
とくせい プレッシャー / すりぬけ(夢特性)


※プレッシャー:自分が技を受けると相手の技のPPを1多く減らす(バトル時)
        手持ちの先頭にいるとレベルの高い野性のポケモンと会いやすくなる(フィールド時)
※すりぬけ:相手のリフレクター、ひかりのかべ、しんぴのまもりなどを無視して攻撃できる。

他言語版の名称

英語 Spiritomb
イタリア語Spiritomb
スペイン語Spiritomb
フランス語Spiritomb
ドイツ語 Kryppuk


容姿

ひび割れた石(かなめいし)から紫色霊魂が出ている様な姿をしている。
その霊魂の中心には、不気味な顔の様なものが浮き上がっている。

概要

『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』(第4世代)に初登場したポケモン。

108個の魂から集まって生まれたポケモン。500年前に悪さばかりをしていたところ不思議な術によって本体をかなめいしのひび割れに繋ぎとめられ、2度と悪さの出来ない様に封印されてしまった。

108個の魂から出来ている為か、やたらと"108"の数字が出てくる。(シンオウ図鑑の番号、体重、
「ぼうぎょ」・「とくぼう」の種族値はすべて"108"である)

弱点は第6世代のフェアリータイプただ1つ。第5世代以前だと弱点タイプが無いので、そのとくせいと相まって強力である。
第4世代ではミカルゲの登場であるポケモンの立ち位置を奪ってしまった。
しかし、第5世代ではそのポケモンに逆に立場を奪われてしまったポケモンでもある。

その強さと共に"入手の手間のかかり用"から有名なポケモンである。そのミカルゲの入手方法は「みたまのとう」を「かなめいし」を使用して修復した後に「ちかつうろ」で32人以上の人と会話する必要がある(32人とも同一のプレイヤーでも可)。
条件を満たした後は「みたまのとう」に出現する。その為プレイヤー1人での入手は、ほぼ不可能である。
一人でも他のプレイヤーがいれば可能だが、他のプレイヤーがいない場合はソフトとニンテンドーDS本体をそれぞれ二つ用意する必要がある程の手間のかかり様である。
その分かりにくさは発売から一週間程正式な入手法が判明しなかったほどである。

また「ちかつうろ」が無いハートゴールドソウルシルバーでは入手条件が変更されており、ポケウォーカーで10万W貯めて出現する「しずかなどうくつ」というコースに出現する様になった。
その為今度は一人でも入手可能となったが、10万Wという途方もない数を稼がなければいけなくなった。

何れにしても入手に際してはプレイヤーはかなりの苦労を覚悟しなくてはならないという事である。

因みにインターネット中の一部のファン達は、何故かミカルゲの鳴き声が"おんみょ~ん"であると認識している。(実際は、公式で"ユラーッ!"と表記される)

ゲーム上の特徴

「ぼうぎょ」・「とくぼう」が高く、「こうげき」・「とくこう」もそこそこ高くなっている。
その代わり「HP」と「すばやさ」は壊滅的。
只その耐久力の高さやとくせいとの相性の良さ、おまけに弱点が無いといった凶悪な設定の為に非常に相手にしづらいポケモン。

基本的には「さいみんじゅつ」「おにび」で相手を妨害していき、「めいそう」での耐久力アップを図ったり「わるだくみ」で火力を強化していくなど、補助技に関していえば多彩に戦術が存在して読みづらい。

攻撃技としては「あくのはどう」、「シャドーボール」、「サイコキネシス」などが挙げられる。
その他にも「かげうち」「ふいうち」といった先制技も充実している。
また変則的ではあるが、「のろい+いたみわけ」によるコンボも相手によっては脅威になる。

難点としては半減するタイプも1つしかないので、タイプ相性を過信していると力押しで倒されることがたびたびある。その為耐久型とするには辛い部類に入る。
「きもったま」の特性を持ったガルーラや、「かぎわける」及び「みやぶる」
使用されると弱点が出来てしまう点も注意が必要である。
そして第6世代のX・Yにおいては下準備ナシにフェアリータイプでも弱点が突かれる様になった為、フェアリータイプの技をメイン・サブで覚えられる相手にも油断できなくなっている。

ちなみに夢特性は「すりぬけ」、これは相手のリフレクターやしんぴのまもり等の防御系の技を無視して攻撃できるというクロバットやワタッコにも与えられた優秀な特性。これでたとえ相手がしんぴのまもりを使おうがおにびをお見舞いしてやることが出来る(ただしまもるは無理)。

ポケナガではハンゾウの初期手持ち(ベストリンクではない)。
自分もしくは配下のシナリオでは頼りになるが、特に手元にノーマル属性のポケモンが多い初期シナリオでは凶悪。弱点が衝けない(ノーマルだとそもそも当たらない)うえに「ジャミング」で外れまくる。主人公のイーブイは、対戦する前に必ず進化させておこう。可能なら、「ジャミング」の射程外から攻撃できる「ハイドロポンプ」持ちのシャワーズにしておきたい。相方のオイチプリンでは対策できないので、オイチには別のポケモンをリンクしておきたい。

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

\や~め~て~/
タタリガミ

 

関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 DPt HGSS

pixivに投稿された作品 pixivで「ミカルゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395450

コメント