ピクシブ百科事典

ヤミラミ

やみらみ

ヤミラミとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.302
ぶんるいくらやみポケモン
タイプ あく / ゴースト
たかさ 0.5m
おもさ 11.0kg
とくせいするどいめ / あとだし / いたずらごころ(夢特性)


※するどいめ: 命中率を下げられない
※あとだし: 技を出す順番が最後になる
※いたずらごころ: 変化技を先制で出せる(優先度+1)。

他言語版の名称

英語 Sableye
イタリア語Sableye
スペイン語Sableye
フランス語Tenefix
ドイツ語 Zobiris


概要

第3世代から登場。ルビー版では捕獲不能。
希少な「ゴースト」に「あく」を併せ持つ珍しいポケモン。
四天王フヨウの中堅ポジションをつとめる。

タイプ補完がよく効いていて弱点が少ない。フェアリー登場までは弱点がなかった。しかしステータスはあまり高くない。
同タイプにステータスの高いミカルゲがいるが、技のレパートリーが広いので劣化にはなりにくい。
サポート技が充実しているので主戦場はダブルバトルになるだろう。

世代が進むごとに強化がされており、第四世代HGSSでは「だいばくはつ」無効で「フェイント」を修得できる唯一のポケモンであった。遺伝技との両立は不可能だがXD産は「てだすけ」を覚えているのでヤミラミは爆発持ちのパーティにいるだけで相手に大きなプレッシャーを与えることができる嫌なやつだった。

第五世代ポケモンBWでは「だいばくはつ」が弱体化を受けてしまうが新特性「いたずらごころ」を与えられ大きく躍進。
特に「おにび」を習得できるいたすらごころ持ちはヤミラミだけであり、先制で物理アタッカーを無効化できるのは大きい。他にも「じこさいせい」「めいそう」「トリック」などの変化技も覚え、豊富な嫌がらせ手段を持っていただけにそれをほぼ確実に相手より先に繰り出せるのは脅威となる。また「メタルバースト」習得はデメリットが大きかった特性「あとだし」を実践レベルで有効に使えるようにした。フェイントの強化も嬉しい。
3タイプ無効は優秀であり、特にねこだましやしんそくをはじめとした多くの先制技を無効化できるのは強い個性と言える。
弱点はやけどの通らないほのおタイプの物理アタッカーやこんじょう持ち。ほぼ無力なので他のポケモンに任せるか選出を控えよう。
そしてダブルバトルでは同特性のエルフーン・ボルトロス等と同じく前世代以上の優秀なサポート役なることになる。クリスマスカップでもそれは健在であり、低種族値でも禁止伝説ポケモンたちに紛れて戦える性能である事を証明した。
第6世代であるX・Yでは悪タイプに効果抜群のフェアリータイプが新たに出現、ミカルゲ共々
弱点なしのポケモンではなくなってしまうが、同時にはがねタイプの半減も減る。ヤミラミは第六世代も優秀なポケモンとして輝けるのだろうかと思ったら、なんとORASメガシンカを獲得。皆の不安を一気に払拭した。

第7世代ではいたずらごころの効果が乗った変化技があくタイプに無効になってしまった。
しかしヤミラミ自身もあくタイプであるため、あちらのいたずらごころの効果も受けず、いたずらごころ同士のバトルになると同族を除き一方的に変化技をかける事が出来る。ただし攻撃技を普通に撃ってくるであろうフェアリーには注意。
また、サン・ムーンでは、メレシーが助けを呼んだ際にたまに乱入し、プレイヤー側をそっちのけで呼んだ側のメレシーを攻撃する。図鑑によると宝石が主食だけにほうせきポケモンであるメレシーを狙うこともあるが、宝石を集める習性のあるガバイトに横取りされるらしい。

両の目が宝石のような形で、身体の各所がトゲトゲしく牙も生え揃っているのに小柄二足歩行。
可愛い」という理由でファンは存外に多いぞ。
ポケダン二部では主人公たちへの処刑を未遂、プレイヤーに衝撃を与えた。

ディズニーのキャラにちょっと似た奴がいる気がしたがそんなことはなかった。

関連イラスト

ヤミラミ
ヤミラミ


やみー



主な使用トレーナー


Morty
怖~いDVD



関連タグ

ポケモン一覧 ミカルゲ クチート ヨノワール

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤミラミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 917498

コメント