ピクシブ百科事典

だいばくはつ

だいばくはつ

ポケットモンスターシリーズのわざの1つ。
目次[非表示]

データ

初登場第1世代
威力170(第1世代)→250(第2世代〜)
めいちゅう100
PP5
タイプノーマル
分類ぶつり
攻撃範囲自分以外
直接攻撃×
備考技を使った後、使用者はひんし状態になる。相手の防御を半分にしてダメージ計算をする(〜第4世代)
英語名Explosion

概要

初代から存在する技。
圧倒的な威力と引き換えに自身は戦闘不能になる、正に自爆技。
じばくの上位技に当たる。
但し、ダブル以上では味方を巻き込んでしまう。
味方をゴーストタイプにしたり、まもるでフォローしたりして被害を減らそう。
なお、しめりけ持ちがいると発動すらしない。
キモクナーイ「オニーサン オニーサン」

初代では技マシンの技だったが、第2世代では技マシンの技から外れている。
その後教え技を経て技マシンの技に戻ってきたという稀有な経歴を持つ技でもある。

第4世代までは相手の防御を半減させてダメージ計算すると言うトンデモ効果が付加されており、不一致でも実質威力500と言うわけの分からない破壊力を持っていた。
当時の大会でもメタグロスが最後っ屁にドカドカ大爆発しては数多のポケモンを灰燼に帰していった。
まもるがダブル以上で必須と言われるのも、こういう背景があったりなかったり。
さすがにこれでは強すぎるので第5世代ではこの効果はなくなった。

なお、タイプ一致で習得できるのは今のところベロベルトシルヴァディのみである。カビゴンなどは「じばく」しか覚えない。
第4世代での彼?そりゃあ実質威力750を所有する歩く核弾頭でしたよ。
……だったが、第6世代のORASにてメガオニゴーリフリーズスキン込みでこおりタイプ技としてタイプ一致で弱点をつけるようにもなった。
メガシンカまでさせて自爆させる必要性? それは知らない。

第7世代にて、アローラゴローニャの夢特性がエレキスキンなので、タイプ一致で放てるポケモンが増えた。

ちなみに、野生のポケモンがだいばくはつしてくると泣く。色違いだったら樹海へ行きたくなる。

イラストでは、主にネタとして用いられることが多い。
マルマインの代名詞として扱われているが、
攻撃の低すぎるこいつで使っても被害が殆ど出ないのもやはりネタにされる。
コンテストでは美しさ部門のマスターランクで使用してくるトレーナーがいる。
散り際の美しさと言った所だろうか…。
一部の間ではこの技を覚えさせたポケモンのNNを「リアじゅう」にしてリアじゅうをだいばくはつさせる遊びが流行っているとか。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵
ビリリダマ マルマイン じばく 消したらだいばくはつ

自爆技 ウルトラダイナマイト

pixivに投稿された作品 pixivで「だいばくはつ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377770

コメント