ピクシブ百科事典

メガンテ

めがんて

スクウェア・エニックスのRPG『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する魔法(呪文)のひとつ。
目次[非表示]

ドラゴンクエスト」シリーズに登場する自己犠牲呪文。

概要

2より登場。
自らの命と引き替えに敵全体に大打撃を与える呪文。
メガンテを受けた敵は、砕け散る(一撃死)か大ダメージを受ける。
描写としては、相手の至近距離で自分自身を爆弾のように爆発させるものが多い。
全作品共通で使用MPは1
容易に使える蘇生手段があるなら、厄介な攻撃を仕掛けてくる敵を
これの自爆で積極的に処理するのも選択肢の1つであろう。

しかしながらそもそも耐性がある敵も多く、メタル系などにはダメージすら当たらないことも多い。
当然ながら、ボスには基本的に効かない。
そのわりに味方が耐性を得るのが難しい、もしくは不可能な作品も多い。

名前の由来は、あまりの威力に「目が点」になるから、だそうである。
(実際にはガッカリ的な意味で「目が点」になったプレーヤーの方が多そうだが)
一方で、漫画やアニメでは非常にインパクトのある使われ方をすることが多く、ザナック、アバン、ポップ、タルキンと重要キャラがこれを繰り出している。
ちなみに、敵に使われると死ぬほど怖い。ザコ敵でこれを使う者がいた場合、嫌すぎるなどというレベルではなく嫌な存在となる。初代ドラクエIIが発売された当時は冗談としてメガンテスライムなどというモンスターを考え出した小学生も存在した。

敵としてはばくだんいわなどが使ってくる。
基本的にHPが一定値を下回らない限り使用しないのだが、作品によっては何の制限もなしに使用する場合もある。

味方としては上述の様に主人公というよりは主人公のお供的なポジションのキャラが使えることが多い。
各シリーズでの使い手は以下の様になっている。
DQ2サマルトリアの王子
DQ3
DQ5サンチョ、他仲間モンスター
DQ8では主人公が習得、転職システムのある679では誰でも習得できる。

ドラクエという有名な作品での自己犠牲呪文であることもあり自爆の代名詞としても使える。
ちなみに似たような呪文にメガザルがある。役に立つかどうかに運の要素が絡むメガンテと比べると非常に使い勝手は上がっている。

トルネコの大冒険2におけるメガンテ

トルネコの大冒険2では、ある条件を満たすと、魔法使いに転職できる。
魔法使いに転職した状態でダンジョンに入ると、初期呪文としてメラとメガンテを習得している。

本編とは違い、2分の1の確率でやられてしまうか、そのフロア内の敵を全滅させるという効果。
(失敗したときも世界樹の葉・メガザルによる復活が出来ない)
どうしようもなくなった時にイチかバチかで使う呪文。
と思われていたが、魔法屋のバシルーラと組み合わせることでとても有用な呪文となり、トルネコ2で最も使用される呪文であるとも言われている。

ロトの紋章~紋章を継ぐ者たちへ~』でのメガンテ

こちらではなんと生命呪文の一種という驚愕の事実が明らかになっている。
そして通常の呪文が「三種の神器」に宿る精霊たちの力を根源とするのに対し、生命呪文は世界樹を根源とするため、世界樹が機能を停止していると使えないことも判明した。

ダイの大冒険のメガンテ

『ほとんど魔力を消費しないが己の生命エネルギーを爆発力に変えて、敵を討つ呪文』として登場。
自己犠牲呪文として扱われ、『神の祝福を受けた僧侶の肉体なら万が一復活ができるが それ以外のものが使えばメガンテの衝撃に耐えきれず、肉体が完全に吹き飛び復活することができない。』



関連タグ

ドラクエ DQ
ばくだんいわ デビルロード バズズ サマルトリアの王子
ザナック:勇者アベル伝説で唱える。
アバン・デ・ジュニュアールⅢ世(アバン先生):ダイとポップを救う為に唱える。
ポップ:記憶を失ったダイを救う為に唱える。
タルキン:アルスらを救う為に唱える。
ムドー:漫画版のみ。ボッツ達を道連れに唱えたが、黄金の龍に阻止された。
サンチョ
特攻
眼丸手

pixivに投稿された作品 pixivで「メガンテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528271

コメント