ピクシブ百科事典

ノーマルタイプ

のーまるたいぷ

ノーマルタイプ(Normal Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

ノーマルタイプのカテゴリーに分類されるポケモンの特徴としては、他のタイプでよく見られる共通したモチーフが少ない(強いて言えば獣類や鳥類が多いことか)ことが挙げられる。特徴がないことが特徴とも言える。
また、鳥ポケモン(ひこうタイプ)で属性的な要素を持たないポケモンの多くはノーマルタイプを持ち合わせていることが多い。
伝説ポケモンでは単タイプにレジギガスアルセウス、複合ではメロエッタがいる。
伝説ではある種原点的な位置づけのポケモンに付与されている。

ポケモンにおいて、最もオーソドックスなタイプ。
ほぼ全てのポケモンがノーマルタイプの技を最低でも1つは覚えられる。低いレベルで覚える「たいあたり」「ひっかく」「なきごえ」「にらみつける」から大技「はかいこうせん」「ギガインパクト」「じばく」「だいばくはつ」「ばくおんぱ」まで、基本となる技はノーマルタイプである。
ポケモンでも序盤に出てくるポケモンに必ずノーマルタイプがおり、スタートしてしばらくはバランスのとれた攻撃役として一通りの活躍をしてくれる。

攻撃面では、全タイプ中唯一弱点を突くことができないはがねタイプいわタイプといった「硬い」イメージのあるタイプには半減され、実体を持たないゴーストタイプには無効化されてしまう。
その反面、他タイプにはないブッ壊れた威力・性能の技がいくつかある。
防御面では、弱点がかくとうタイプのみで、半減が存在せず、ゴーストタイプの技が無効。よく言えばタイプ相性の影響が小さいが、悪く言えばやっぱり特徴に乏しい。
とは言え、ゴーストタイプの技を無効化できる唯一のタイプなので、その面では十分頼もしい。
一方、唯一の弱点であるかくとうタイプは高火力技を引っ提げているため、半端な耐久力では簡単に倒されてしまう。タイプ複合などで等倍に抑えられたとしても油断はできない。

対戦においては、能力や技などで強烈な個性を持つポケモンが活躍する傾向にある。
その最たる例が超耐久で技を受け続けるカビゴンラッキーハピナスポリゴン2、文字通り変則的な戦術を行うドーブルメタモン、恐るべき能力の高さに加えその他の要素にも恵まれたケンタロスケッキングメガガルーラだろう。こいつらに至ってはノーマルどころかむしろアブノーマルと言っていい。

世代別の特徴

第1世代

皆大好きはかいこうせん、皆大好きケンタロス
まともな攻撃技があまりなかった時代、わざマシンで覚えられる「はかいこうせん」がとにかく強力だった。
他タイプが威力100や120で止まる中、この技だけ150。使うと反動で動けなくなるデメリットがあるが、当時はこの技で相手を倒した場合反動が発生しないという仕様で、ちょっとでも削れば即「はかいこうせん」でとどめを刺して次のポケモンへ、という戦術が可能だった。
これを最大限に活用したのがご存知ケンタロスである。
ノーマルタイプで第2位の「すばやさ」、「こうげき」も高水準、今と異なり「とくしゅ」が高いため特殊攻撃も強く、守りも堅い。そして何よりタイプ一致で「はかいこうせん」を高速かつ高火力で放つことができるとあって公式大会で引っ張り凧であった。
ケンタロス以外ではラッキーカビゴンガルーラがそれなりに使われていた。
また、上記ポケモン達が軒並み禁止された99カップではほぼ確定急所というぶっ壊れ技であったきりさくを引っ提げ、かつノーマルタイプ最速のペルシアンが大活躍を見せた。

第2世代

「はかいこうせん」が倒しても反動を受けるように、また「きりさく」を始めとした技の急所率が修正され、代わりに「おんがえし」「やつあたり」(共に最大威力102)の登場、「すてみタックル」の威力増強(100→120)などの整備が施された。
この頃に登場したポケモンは、「スケッチ」で何でも覚えられるドーブル、ラッキーがまさかの進化を遂げて特殊の壁として立ちはだかったハピナス、ポリゴンが同じく進化を遂げ安定した耐久力と強力な技を揃えるポリゴン2など。
バトルではケンタロスに代わって(ケンタロス自体はそこまで弱くはなってないが)カビゴンが大流行。火力、耐久共に高水準で多彩な技を覚え、新技「のろい」「はらだいこ」で火力を底上げできる。ピンチになったら「ねむる」を使い、「ねごと」で「ねむる」が出ればまた回復と、手の付けられない強さにまで上り詰めた。

第3世代

特性が付与され、ケンタロスには「いかく」、カビゴンには「めんえき」「あついしぼう」、ハピナスには「しぜんかいふく」「てんのめぐみ」など、前線を張るポケモンには相応の優秀なものが与えられた。
また、ダブルバトルが始まり、新登場の「ねこだまし」を始め「まもる」「しんぴのまもり」などの技がシングルとは違った形で普及するようになった。
じばく」や「だいばくはつ」が敵味方関係なくダメージを与え、シングル以上に強力な技になったのも大きい。
この頃に登場したポケモンは、ぶっ壊れた種族値と大き過ぎるマイナス特性を持つケッキング、特性「ものひろい」を持ち、ストーリー上で大変お世話になるマッスグマなど。

第4世代

かくとうタイプが本格躍進し始めたのがこの世代。そしてこの頃から周りの火力増加に押されたケンタロスが徐々に第一線から退くことに。
また物理特殊分化が行われ、「はかいこうせん」が特殊技となった。これによって、初代ケンタロスに代わる強力な「はかいこうせん」使いとしてポリゴンZが登場、その火力で度肝を抜かした。
この他、当時序盤鳥最強と言われたムクホーク白い悪魔ことトゲキッス、最強「だいばくはつ」使いのベロベルトなどが登場。
ノーマル初の伝説のポケモンであるレジギガスアルセウスも登場した。

第5世代

本格的にかくとうタイプ隆盛の時代。カビゴンが凋落し、ハピナスは「しんかのきせき」を持たせたラッキーに取って代わられた。
だが「しんかのきせき」でラッキー同様ポリゴン2が超耐久を引っ提げて前線に復帰した。
この頃に登場したポケモンは、可愛い見た目をして特性のお蔭で高い火力を誇るチラチーノ、みんなの経験値ことタブンネ、伝説のポケモンメロエッタなど。

第6世代

メガシンカが追加され、その中でもメガガルーラが現在多彩な技と超絶火力を手に入れて大暴れ。その姿は初代のケンタロスを彷彿とさせる。
さらにORASではメガミミロップが登場し、かくとうが追加され特性のおかげでヌケニンを除く全てのタイプに等倍以上のダメージを与えられるようになった。
またフェアリーが追加されたことにより攻撃相性が劣化ドラゴンから脱却、更にゴーストタイプ強化でゴースト無効が長所として見なされるなど、ノーマルタイプの性質自体も向上した。
一方、ノーマルタイプと直接は関係ないが、○○スキンの特性により「弱点が突けない代わりに性能が優秀」な技を自分の属性に変えた上で威力まで上げて使う無茶苦茶なポケモンが出てきた。本来の使い手としては複雑なところである。
そして同時にピクシートゲキッスグランブルの系統がノーマルタイプからフェアリータイプに移動した。
加えて今作、最終形態の中にノーマル単独タイプがわずかに1種族だけというかつてない現象が起きた。
今まであまり複合が多くなかったノーマルも他のタイプと少しずつ融合し始めていく時期なのかもしれない。

第7世代

初の進化形準伝説ポケモンシルヴァディが登場。パット見の性能は劣化アルセウスみたいなものだが、通常対戦で使用可能なのが嬉しく、だいばくはつすてゼリフなどの自主退場技に富み、独自の持ち味がある。今までにない複合のジジーロンやダブルでトリックルーム要因に欲しいものを全部備えたようなヤレユータン、タイプではなく接触か非接触かでダメージが変わるキテルグマ、状態異常無効のネッコアラと、個性溢れるメンツが登場。
メガガルーラおやこあいが少しだけ弱体化したため、他のノーマルタイプのアタッカーにも少しは光が見えるようになった。まぁ弱体化した上でも強いのだが。
タイプ規模での大きな変化や皆が使える新技は特段なかったが、Z技の登場により、攻撃範囲が広いながら不一致なのでいまいち倒しきれないポケモンの火力を補えるようになった。
あえて特筆すべきものとしては、今までポリゴン2の陰に隠れがちだったポリゴンZがZテクスチャーで全能力アップの効果を獲得している。

他のタイプとの相性

ノーマルタイプの技を相手に与えた場合

  • いわ・はがねタイプのポケモンには、効果が今一つになる。
  • ゴーストタイプのポケモンには、効果が無しになる。

他のタイプの技をノーマルタイプに与えた場合
  • かくとうタイプの技は、効果が抜群になる。
  • ゴーストタイプの技は、効果が無しになる。

ノーマルタイプのポケモン一覧

第1世代(『赤緑』)

No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
016ポッポ 017ピジョン 018ピジョット
019コラッタ 020ラッタ
021オニスズメ 022オニドリル
- - 039プリン040プクリン
052ニャース 053ペルシアン
083カモネギ
084ドードー 085ドードリオ
108ベロリンガ - -
- - 113ラッキー - -
115ガルーラ
128ケンタロス
132メタモン
133イーブイ - -
137ポリゴン - - - -
- - 143カビゴン

ピッピピクシーは第6世代からフェアリータイプに変更された。

第2世代(『金銀』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
161オタチ 162オオタチ
163ホーホー 164ヨルノズク
174ププリン - - - -
190エイパム - -
203キリンリキ
206ノコッチ
216ヒメグマ 217リングマ
- - 233ポリゴン2 - -
234オドシシ
235ドーブル
241ミルタンク
- - - - 242ハピナス

ピィトゲピーブルーグランブルは第6世代からフェアリータイプに、トゲチックは第6世代からフェアリーひこうタイプに変更された。


第3世代(『RS』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
263ジグザグマ 264マッスグマ
276スバメ 277オオスバメ
287ナマケロ 288ヤルキモノ 289ケッキング
293ゴニョニョ 294ドゴーム 295バクオング
298ルリリ - - - -
300エネコ 301エネコロロ
327パッチール
333チルット - -
335ザングース
351ポワルン
352カクレオン


第4世代(『DP』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
396ムックル 397ムクバード 398ムクホーク
399ビッパ 400ビーダル
- - 424エテボース
427ミミロル 428ミミロップ
431ニャルマー 432ブニャット
440ピンプク - - - -
441ペラップ
446ゴンベ - -
- - 463ベロベルト
- - - - 474ポリゴンZ
486レジギガス
493アルセウス

トゲキッスは第6世代からフェアリーひこうタイプに変更された。


第5世代(『BW』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
504ミネズミ 505ミルホッグ
506ヨーテリー 607ハーデリア 508ムーランド
519マメパト 520ハトーボー 521ケンホロウ
531タブンネ
572チラーミィ 573チラチーノ
585シキジカ 586メブキジカ
626バッフロン
627ワシボン 628ウォーグル
648メロエッタ


第6世代(『XY』)
No.名前(たね) No.名前(1進化)
659ホルビー 660ホルード
661ヤヤコマ - -
667シシコ 668カエンジシ
676トリミアン
694エリキテル 695エレザード


第7世代(『SM』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
731ツツケラ 732ケララッパ   733ドデカバシ
734ヤングース 735デカグース
759ヌイコグマ 760キテルグマ
765ヤレユータン
772タイプ:ヌル 773シルヴァディ
775ネッコアラ
780ジジーロン



メガシンカポケモン

ノーマルタイプポケモンの主な使い手

ころがるっ!
私は 今こうして


ナチュラル ボーン ママ
どきなさい!


イリマとドーブル



揃いも揃ってみんなのトラウマである。チェレン先生は優しい人だ。

その他のタイプ


関連タグ

ポケモン一覧 ポケモン技絵
赤緑 金銀 RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW ポケモンXY ポケモンSM

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーマルタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 610885

コメント