ピクシブ百科事典

しまっちゃうキテルグマ

しまっちゃうきてるぐま

きーっ(勝手に巣から出るロケット団はどんどんしまっちゃおうねぇ〜)!
目次[非表示]

CV:かないみか

概要

「くーっ」

アニメ『サン&ムーン』の1話から登場するやたらロケット団…もといムコニャの元に現れるキテルグマの事。色々あってポケモン界のしまっちゃうおじさんと呼ばれている。理由は後述。

野太い声のゲーム本編と違い、過去にプリンチコリータなどかわいいポケモンを多く担当したかない嬢である為声自体は結構可愛らしい。
だが、かえってそれが恐さを引き立たせているという声もある。

アニポケでの活躍?

キテルグマ


最初は昼寝をしていたところをとあるポケモンの悪戯のせいで起こされてしまう。
ちょうどタイミング悪く森に迷い込んだサトシピカチュウの前に現れ一見フレンドリーに手を振って、二人がその可愛らしい見た目と仕草に惹かれ近づこうとしたが、突然木をへし折り、回し蹴りで大木を次々と粉砕して甲高い奇声を発しながらサトシ達を追いかけた。
ロトム図鑑によると、手を振る仕草は威嚇のサインだった模様。
現実でもコアリクイなどがこのような威嚇態勢をとったりする。

新しい仲間と
キテルグマが来てる


その後、3話で野生のミミッキュと遭遇するが、互いに興味がないのか完全にスルー。
そして、サトシ達と交戦していたロケット団達いきなり背後から捕獲し、自身の住処に連れて行き、かいがいしく世話をするように。何故出会ったこともない彼らをいたく気に入ってるのは不明。

献身的なところだけ取ればハートフルに見えるのだが、メンバーが住処を出ると、判った途端にその腕力で抱え、連れ戻してしまう
ミツハニーハニー蜜を与えたのも、エサを太らせるためか肉の味を良くさせている様に見えて戦慄する視聴者もいるとか。
4話では蓮の葉に入れて蜜を飲ませていたが、9話ではムコニャたちに食べさせる際は彼等に食料を渡すのではなく、磨り潰した木の実と混ぜ合わせたモノを口に直接ブチ込んでいる。朝昼晩肉や魚、野菜も無い三食同じものではさすがに飽きるのは当然である。ヘルシーではあるが…

また、ロケット団にはポケモン万能通訳者のニャースがいるにも関わらず、キテルグマの意図や真意が全く不明なせいで、その不気味な印象に拍車をかけている。

脅威の身体能力

4話以降は、住処を出てサトシ一行と対決している途中に現れ、ロケット団らを抱えて連れて行き、彼らが「何この感じ~!」と言う退場で締めくくるという、今までの「やな感じ~!」と言いながら空の彼方へ吹っ飛んでいくものから、新しい退場の仕方になっている。
尚且つ普段は森で暮らしているはずなのにロケット団たちを連行するためなら生態的に来られそうにもない場所だろうが、どんな所でも来る。その超獣ぶりの数々を挙げると、

  • 気球が爆発し海へと落下しそうになったロケット団らを海上を猛スピードで走りながらキャッチしそのまま巣へ持ち帰る(5話)。

海


  • ロケット団らピンチに一迅の黒い影と共に夕日をバックに颯爽と現れ、彼らを抱き抱えながらビルを縦横無尽に飛び交い去っていく(6話)。

今日もどこかでキテルグマ


  • アローラコラッタアローララッタの大群に撥ね飛ばされたロケット団が久方ぶりに「やな感じ~!」になりかけるも、叢から電光石火の如く現れ、空中で彼らを捕まえ風の様に去っていく(9話)。

そらをとぶ


  • ロケット団がサトシのピカチュウとモクローを瀕死状態にして初勝利目前、突如海中から出現しヒドイデを含めた全員を抱えながら岩場を跳びはねソソクサと巣へ戻っていく(12話)。
  • 自分の偽者を使いポケモンパンケーキレースで優勝しようとしたロケット団がゴールする直前に突如出現し、強烈なラリアットで偽者を破壊して不正を暴き、ついでにムサシ達を捕まえ立ち去っていく(13話)。
  • アローラロコンの「こなゆき」で氷漬けされたロケット団の背後から唐突に現れ、全員回収して助走無しでビルを飛び越え、山へと跳躍し立ち去る。(14話)
  • アママイコのおうふくビンタでダメージを与えられ、ピカチュウの10万ボルトで「やな感じ~!」になる寸前電撃を無傷で受け止め彼らをかっ拐って去って行く(18話)
何、このハイスペック? これにはロトム図鑑も大困惑。

ゲームでのキテルグマはどちらかといえば素早さは低いほうであり、明らかに種族の壁を超えた別の何かに到達しているが、タケシのピンプクよろしくアニメではゲームとの性能が違うことが割とあるので気にしてはいけない。
因みに、11話で眠っているキテルグマがムコニャ組達を抱き枕に優しく包み込み、彼らはもうどうでも良いやぁっとだらけさせていたので特性は「もふもふ」かもしれない。しかし、14話ではムサシからの日頃のお礼としてマラサダドーナツの紙袋を受け取り、感激したのか彼女をその腕力でハグし、呼吸困難や顔芸と言うには洒落にならない苦悶に陥れてしまった。
もし特性が「もふもふ」だった場合、キテルグマに有効なダメージを与えられるのはサトシ達のメンバーの中でカキの手持ちと(現状野生だが)ニャビーのみとなる。

また12話ではムコニャ組がサトシの手持ちに実質勝利するも、その直後キテルグマが現れて問答無用でムコニャ組達を回収して立ち去っており、サン&ムーンに於けるムコニャ組達のストッパー役として運用されるようだ。この回で初めて自分の巣にキテルグマが直接連れ戻しているシーンが描写された。
13話ではロケット団を連れ去る光景がレース会場だけでなく、地方全土にもTV中継されており、その超獣ぶりに観客や参加者のピカチュウとアローラライチュウも一瞬静然となった。
このように、ロケット団の勝利をかっさらってしまう事もある。当然、やられそうになったムコニャ達をとどめや追撃から救助してくれる場合もある。

これらの事情を含めれば劇中最強と思われがちになるが、完全に熟睡した場合、逃げられる弱点が16話で露見した。それでも、居なくなったと認識したと解った途端に目視や匂いを使って即行動に移す。

メタ的な視点からいうと、ムサシのミミッキュがこれまでのロケット団の手持ちと一線を画す怨恨と強さを持ち、今までの「10まんボルト→退場」という流れが作りにくくなった(どころか12話では完封寸前まで追い込んだ)故にキテルグマに退場の役割を担わせたと考えられる。
バトルでの実力は未知数だが、ゴーストタイプじゃれつく(習得Lv46)持ちのミミッキュが抵抗しようともしないあたり、島の主にも迫る実力を秘めているのかもしれない。

上述のやたら訓練されている超獣ぶり、ムコニャを抱える時も自らの腕力で損傷させる事なく普通に力加減ができている事から実は元々別のトレーナーに育てられ、はぐれたか逃がされた個体ではないか?とも推測されている。

毎回登場シーンは10秒程度でありながら、水上を走り、ビルを飛び交い、空中キャッチも完備で、キテルグマがひとり残らず彼等を回収して撤収するというそのあまりのシュールさに視聴者の腹筋も崩壊し、「既にライドポケモンを超えた」と言われたりもしている。回収するキテルグマが同一個体かは不明だがムコニャ達は手厚く保護されてる事に変わりはないようだ。あの速度で追いかけられたらまず逃げられないのは分かるが…。
結果、12話では寝床にも食料にも困らないという理由からキテルグマの棲み家がムコニャ組のアローラ地方に於ける重要拠点として活用される事となった。
尚、ムコニャは本部に成果の報告を行った際、キテルグマも捕まえたポケモンとして勘定していたが、現状「捕まえられている」といった方が正しい・・・
ロケット団としては、このキテルグマを最終的にゲットして献上するつもりでいるのだが、スペックがチート過ぎるあまり現時点で勝ち目が無いというのが現状であり、目的を達成するまでの間はこのキテルグマの巣を拠点にするとしている。

このようなロケット団を自分の巣に連れ戻すためなら並外れた行動を平気でこなすハイスペックぶりや、ピンクの体色や洞穴状の棲み家も相まってポケモン界のしまっちゃうおじさんと例えられるようになったわけである。

関連タグ

アニポケ サン&ムーン キテルグマ ムコニャ ストーカー団
しまっちゃうおじさん 異能生存体 根源的破滅招来体 デウス・エクス・マキナ 桃色の悪魔
公式が病気 にげられない! どうあがいても絶望 腹筋崩壊 ポケモンにおけるみんなのトラウマ一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「しまっちゃうキテルグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10964

コメント