ピクシブ百科事典

ポワルン

ぽわるん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.351
英語名Castform
ぶんるいてんきポケモン
タイプ晴れ:ノーマル 雨:みず 日本晴れほのお 霰:こおり
たかさ0.3m
おもさ0.8kg
とくせいてんきや


※てんきや: 天気によってタイプが変化し、それぞれ対応した姿にフォルムチェンジする。(ポワルン専用特性)

概要

 雲の様な姿を持つポケモン。
気象の変化に従って、自らの姿を太陽・雨水・雪雲に変える力を持つ。気温・湿度等が細胞に影響し変化するらしい。
 ポケモンの中でも有数の小型な体躯を外敵から守るため、大自然の力を借りる様になったとされている。
また、アホ毛のような触覚がある。

アニメには『裂空の訪問者』公開の頃に登場しているが、あろう事かその回の個体はCV:水樹奈々
…今となってはさぞ驚くことだろう。

ゲームにおける特徴

初登場はRSE。ヒワマキシティ前の天気研究所で一定のイベントをこなすと貰える。
当時は野生の個体が存在せず、タマゴで増やすしか複数入手の出来なかったレアポケだった。
…のだが、次世代のDPtで殿堂入り後のじまんのうらにわで入手できるようになり、一気に価値ががた落ちしてしまった。

ステータスはオール70という何とも中途半端なステータス。
固有特性てんきやによって天候に応じて計3種の姿に変化しタイプも変わる。
しかし、唯一すなあらしに対してだけはフォルムが変わらない。

てんきや

晴れ
ポワルン
昔描いたポワルン
日本晴れ
ポワルン(晴れ)
霰ポワルン【さむいぞ!】

そのような特徴を持っている故か技を豊富に覚えるが、素がノーマルタイプなのでフォルムチェンジで使用しない場合は他の同タイプ達と大して変わらない。

なお、てんきやという特性はタイプ一致技の威力は上がってもステータスが上昇するわけではないので素の能力が低いポワルンにとっては結局微妙。ただ、条件付きとはいえこおりタイプでめざパ以外のほのお技を撃てたりするのはコイツくらいなので舐めてかかると意外な仕打ちを食らうかもしれない。バイバニラユキメノコも晴れ限定でほのお技が使えるが。

RSE当時は素の威力は50だが天候変化で技タイプが変化し威力が2倍になる強力な技ウェザーボールの唯一の使い手だったのだが、DPtでロズレイドも習得し、HGSS以降では多くの草タイプや不定形ポケモンのタマゴ技に追加される羽目になりアイデンティティーの一つを失ってしまった。

またBWでかくれとくせいなる新要素が登場したが、「ふゆう持ち(例外もいるが)や固有特性持ちは対象外」という暗黙の決まり上、それを貰えなかった被害者の一人。
にもかかわらずPDWではゆめしまに出てくるポケモンの一種として登場する。
つまりその目的は…どう見ても新参専用です。
ちなみにBW2では殿堂入り前から6番道路の揺れる草むらで出ます。

ORASでも天気研究所でもらえるが、これがコピペロスのキーになっているなんて誰が予想できたであろうか…

関連イラスト

Castforms
ポワルン




関連タグ

ポケモン RSE
ポケモン一覧 ノーマルタイプ
ポケスペ 石原良純
ウェザーボール

pixivに投稿された作品 pixivで「ポワルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98008

コメント