ピクシブ百科事典

ナッシー

なっしー

ナッシーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]
  1. 鳥取県のマスコットキャラクター。
  2. ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。本項で解説。


基礎データ

図鑑No.103
英語名Exeggutor
分類やしのみポケモン
タイプくさ/エスパー
高さ2.0m
重さ120.0kg
とくせいようりょくそ / しゅうかく(夢特性)


進化

タマタマナッシー(リーフのいし)

概要

寸胴なヤシの木に足を生やし、実に顔が付いたような外観。
」ではなく、名も知らぬ遠き島より流れ寄るほうである。いわゆる「ヤシ」。
サファリボールがかなり似合いそうなポケモンの一つだが、後述の特性が理由で実践ではまず使われることはない。

「歩く熱帯雨林」とも呼ばれ、たくさん集まるとジャングルのように見える。
それぞれの頭で考えていることは別々でも、仲が良いので仲間割れはしない。
良い環境で大きく育ち、増え過ぎた頭は地面に落ちてタマタマになり、テレパシーを発信しながら仲間を探しにいく。ポケモンの謎や不思議さを感じさせる繁殖方法である。

2015年の紅白歌合戦では、アニメ紅白歌合戦のコーナーでゴールデンボンバーが「めざせポケモンマスター」をカバーした際、喜矢武豊が何故かナッシーの着ぐるみを着て登場した。
他の着ぐるみがピカチュウアチャモポッチャマハリマロンと並んでいる中でのナッシーである。
沢山種類が存在する中であえてナッシーをチョイスした辺りさすがRGBP直球世代と言ったところか…。

リージョンフォーム

ナッシー(アローラのすがた)


基礎データ

タイプくさ / ドラゴン
高さ10.9m
重さ415.6kg
とくせいおみとおし / しゅうかく(夢特性)

ポケモンSM』から登場する、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたナッシーの姿。この姿を見た全国のトレーナー達は度肝を抜かれたに違いない。

詳細は→アローラナッシー


ゲームにおける特徴

弱点が6つと多く鈍足ステータスだが、「ねむりごな」や「やどりぎのタネ」など厄介な技はしっかり使える上に攻撃系のステータスに恵まれており、とくこうは非常に高い。
HPと防御も結構あり、とくぼうとすばやさ以外はかなり高水準である。
こうげきもなかなか高く、数少ない「ウッドハンマー」の使い手でもある。
その威力は僅かながらにユキノオーのそれを上回るため、物理型でも問題なく使える。
また草タイプでは珍しく「だいばくはつ」も覚えられる。

とくせいは「ようりょくそ」だが、素早さに努力値をかなり振らないとあまり生かす事が出来ない。
また、弱点が多いナッシーにとって耐久を犠牲にしてまで素早さに振る事は晴れパのアタッカーとして生かす場合でもない限りは実用性に欠ける。

そのため耐久面にも数値を振る余裕が出来る「トリックルーム」の方がその力を存分に発揮することができ、実際そっちの方が使われている。
特性がほぼ役立たずになってしまい、下手をすれば足かせにすらなってしまう(相手に「にほんばれ」をされるとこちらの素早さが上がってしまうため)のが残念だが、仕方あるまい。

第一世代では特防も125あったので特殊耐久は最高クラスで「サイコキネシス」の威力はフーディンに次ぐ威力を誇った。当時猛威を振るっていた氷技の「ふぶき」には弱かったが「10まんボルト」、「じしん」を半減できる点は強く、当時不遇と言われた草タイプの中でも使用率は高かった。肝心の草技は「メガドレインのみであったが補助技は豊富で上述の「だいばくはつ」での相打ち、「どくどく」+「やどりぎのタネ」のコンボが使える利点から97カップで支持を集めた。虫技で四倍ダメージを喰らってしまうが当時は虫技の威力が貧弱だったため、問題にならなかった。

続く第二世代では悪、鋼タイプの登場でエスパー黄金期が幕を閉じたが、「やどりぎのタネ」の威力が倍増したため、この時代で猛威を振るったカビゴンをサイコキネシスでタイマンで押し切ったり、ガラガラを「リフレクター」で止めることができたため、総合的に見ると第一世代以上の人気を誇った。

第三世代では特製「ようりょくそ」によって晴れ状態での「ソーラービーム」を活用しやすくなった。
が、この時代で大幅にテコ入れされた炎と氷両タイプの技を喰らって堕ちるという事態に陥ってしまった。

ブラック・ホワイト」では、ついに夢特性で新たな特性「しゅうかく」を手に入れた。
これは持たせているきのみを何度使い果たしても作り直す、つまりラムのみを持たせれば何度でも状態異常が回復し、タンガのみを持たせれば虫技が4倍ダメージで食らいにくくなり、オボンのみを持たせればゾンビのごときしぶとさを発揮するのだ。
相手が「きんちょうかん」持ちでもない限り厄介な事極まりないだろう…。
ただし、きのみ復活は常時ではなくターン終了ごとに一定の確率でのみ。
天候が晴れの状態の時は常時復活する。
トリパとの相性も良いので、是非とも入手しておきたいところ。

弱点の数は虫(4倍)、炎、氷、悪、ゴースト、毒、飛行と現存するポケモンでは史上最多。
第三世代まではフェアリータイプがいなかった関係上同タイプのセレビィとワースト記録を独占していた。特に虫4倍に至ってはとんぼがえりを覚える種族がタイプを問わず非常に多いため、逃げられるついでに殺されたなんて事態になりかねないので注意。
なお、第五世代では草/氷という耐性補完がほとんどなく弱点が多い物同士のユキノオーが、第六世代でフェアリーが追加された事で弱点が増えたダーテングノクタスの草/悪組やバンギラステラキオンもナッシーに並んだ。ナッシー自体は弱点にフェアリーこそつかなかったものの、それまで採用率が低かった毒技をフェアリー対策に装備するポケモンが急増しつつある逆風をもろに受け、第六世代ではさらに動きづらくなってしまっている。初代の栄光はどこへやら…。

しかし、ドラゴン持ちのリージョンフォームが登場したことで、戦略の幅が大きく広がる可能性が出てきた。その上、第7世代で特防種族値が+10されて75まで上昇し、若干だが耐久性は向上した。
ナッシーのこれからに期待しよう。

余談

初代ではかなり強面で、特に青版のグラフィックがすごかった。

青のナッシー


ゲーム「ポケモンスタジアム」やアニメに登場し始めてからだいぶ表情が子供向けに。

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

PokemonGO!22日目
あろーらなっしーちゃん



関連タグ

ポケモン一覧
タマタマ ポケモン 顔芸 喜矢武豊
これはゾンビですか?
青のゴルバット:顔芸仲間
ふなっしー:名前が似ているので、時たま合体事故が発生する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナッシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1035128

コメント