ピクシブ百科事典

ソーナンス

そーなんす

ソーナンスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

ソーナンスッ!>(>w<)

基礎データ

ずかんNo.202
英語名Wobbuffet
ぶんるいがまんポケモン
タイプエスパー
たかさ1.3m
おもさ28.5kg
とくせいかげふみ/テレパシー(隠れ特性)


進化

ソーナノ(レベル15)→ソーナンス

ナノナンスでポカポカ



概要

(>w<)……こんな顔をしている。
強い光やショックを嫌い、主な活動時間である夜になるまで洞窟などの暗い場所でひっそりと過ごす。
後ろから生えている黒い尻尾には目が二つあるが、こちらに意思や視力があるのかは不明。
また、この黒い尻尾には何らかの秘密があるようで、暗い場所に住み着くのは尻尾を隠す為でもある。

がまんポケモンの名の通り自分からは攻撃する事はないが、攻撃を受けると身体を膨らませて強力な反撃をしかけてくる。また、尻尾を攻撃される事だけはどうしても我慢できないらしく、この時も猛烈に反撃してくる。サファイアの図鑑解説によると、敵を道連れにするチャンスを伺っているようで、案外執念深い性質なのかもしれない。

ちなみに、メスは口元に真っ赤なルージュらしきものがある。

性能

ステータスは、「HP」以外の数値は全体的に低め。だが、「HP」が全ポケモン中3位の高さとなっており、意外とかたい。覚えられるわざは「カウンター」「ミラーコート」「みちづれ」「しんぴのまもり」と、進化前のソーナノで覚えられる「はねる」「あまえる」「アンコール」のみ。相手の攻撃を高い「HP」で耐えて、「カウンター」か「ミラーコート」で相手に反撃するのが主な戦法となる。自分からは攻撃を仕掛けず、「専守防衛」を地で行くポケモンである。また、『ルビー・サファイア』から、相手を逃げられなくするとくせい「かげふみ」を持つようになったため、ぶつりわざ、またはとくしゅわざのみのフルアタ型(4つのわざが全て攻撃技のポケモン)の天敵と言えるポケモンだろう。

一方で、状態異常、積み技、一撃必殺技、物理型ゴーストタイプ、特殊型あくタイプにはめっぽう弱い。状態異常はわざ「しんぴのまもり」を覚えていればある程度対抗出来るが、「こうげき」を強化する積み技を限界まで積んでから攻撃されてたり、一撃必殺技を連発されるとカウンターが出来ず、かくとうタイプのわざである「カウンター」はゴーストタイプには無効、エスパータイプのわざである「ミラーコート」はあくタイプには無効となる。特にミカルゲヤミラミにはどんな型であっても成す術もなくやられてしまう(わざ「みちづれ」をつかえば、一応倒すことはできるが……)。

とくせい「かげふみ」は、相手のポケモンの離脱・いれかえを封じる強力なとくせい。ただし、第3世代では、離脱・いれかえ不可の効果が自分と相手、お互いに作用していたため、自分も相手もソーナンス同士のミラーマッチとなると、わざのPPが切れるまでお互い何もできず、切れてもお互いHPがなかなか減らない「わるあがき」で、下手すれば永遠にバトルが終わらないという現象も起こっていた。第4世代では「わるあがき」の反動によるダメージの仕様が変更されたことと、「かげふみ同士のポケモンならばとくせいが無効になる」という仕様変更によって、上記の問題は解消された。

かくれとくせいは「テレパシー」。これは、ダブル・トリプルバトルで味方がつかう、味方をまきこんでしまう全体攻撃わざのダメージを受けないというとくせい。例えば「なみのり」「じしん」といった攻撃わざを味方がつかっても、このとくせいを持っているポケモンはダメージを受けない。便利だが、通常のとくせい「かげふみ」はソーナンスの強さの大本でもあるため、あえてこちらを起用するのはあまりおすすめできない。また、このとくせいはシングルバトルではまったく役にたたないので、どうしてもつかいたいのであれば、ダブル・トリプルバトル限定で。

海外では一時期、ミュウツーのような禁止級レベルの反則ポケモンと見られる事もあった。「かげふみ」と「アンコール」で相手を縛って「カウンター」「ミラーコート」で確実に相手を倒す戦術が強力すぎると評価されていたという。

  • 第五世代では「アンコール」の弱体化(3ターン固定化)もあって”解禁”され、その後第六世代では「かげふみ」が弱体化(ゴーストタイプに無効)している。

おぼえられるわざ
  • カウンター(相手から受けたぶつりわざのダメージを倍返しする。ゴーストタイプには無効)
  • ミラーコート(相手からとくしゅわざのダメージを倍返しする。あくタイプには無効)
  • しんぴのまもり(状態異常をふせぐ)
  • みちづれ(これを使用したターンで自分が倒されると、倒した相手もひんしにする)

以下はソーナノの時のみ覚えられるわざ。
  • はねる(何も起こらない)
  • あまえる(相手の「こうげき」を2段階下げる)
  • アンコール(自分が受けたわざを相手に数ターン繰り返し使用させる)

とくに「アンコール」持ちのソーナンスには細心の注意を払いたい。相手の行動を妨害するストッパーとして働き、「ソーヘラ(ソーナンスヘラクロス)」、「ウルガナンス(ウルガモス+ソーナンス)」などの、多くの強力なポケモンの組み合わせが存在するためである。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではDXXに登場。攻撃を受けると「カウンター」で身体を左右に揺らし、近くにいるファイターを敵味方関係なく攻撃する。ダメージとふっ飛ばし力は攻撃された時のダメージが大きいほど上がり、身体の揺れも激しくなる。

アニメでのソーナンス

ロケット団のソーナンスも参照

ジョウト編で、ムサシがテルという少年と手持ちのベロリンガを交換して入手。
以後、ロケット団のレギュラーポジションに収まり、何かあるたび勝手にボールからでては「ソーナンスッ!」と鳴く。

実は、元々ソーナンスは苦しそうな表情しかしないポケモンだったのだが、アニメの影響からか、第三世代以降はひょうきんな表情のグラフィックが定着している。

ゲームと同様に、相手へ攻撃を跳ね返すことを得意としているが、ゲームと違ってこちらはダメージを受けずそのまま倍返し出来るというチート能力を持っている。しかし、強すぎる攻撃技や速すぎる攻撃は反射しきれないか、間に合わないかでダメージを受けてしまう。さらに、当たり前だが時間制限もある為、ムサシが指示をするタイミングを誤ってやられる事もある。ムサシはどんな攻撃に対しても「カウンター!」としか指示しておらず、自分の判断で相手のわざに応じて「カウンター」と「ミラーコート」を使い分けているという賢い一面も持つ。最近ではソーナンス!よろしく!orやっちゃって!inムサシっと技の指示すら無しに使い分ける事が多くなっている。上記の能力からロケット団のポケモンの中でも圧倒的な勝率(もちろん普段はやられ役だが)を持ち、不良軍団のポケモン3匹を全てカウンターだけで倒したり、伝説ポケモンのフリーザーの攻撃を難なく跳ね返したりと実際バトルに出ると中々優れた活躍を見せる。

加入してからしばらくはロケット団のレギュラーとして活躍してきたが、無印時代はソーナンスより遥かにムサシの手持ちとして付き合いが長いアーボックを多用していた為、ムサシはソーナンスの存在を度々忘れる事があったり、勝手にボールから出てきては鬱陶しいとスグにボールに戻されるなど割とぞんざいな扱いを受ける事もあった。しかし、ムサシの手持ちとして長い間そばにいる間にムサシからも深く愛着され、次第にロケット団のマスコットとしてDP編まで活動していた。だが、『ベストウイッシュ』で、他の地方のポケモンを持ちだすと怪しまれる(人語を話せるニャースは例外)という理由で、手持ち総入れ替えの際に預けられた。レギュラーを外れた後も、劇場版短編『メロエッタのキラキラリサイタル』『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』では、従来通りニャースの相棒として登場している。

そして、『ベストウイッシュ』最終回で3年ぶりに本編に再登場、2013年10月から開始されたアニメ新シリーズ『ポケットモンスター XY』ではレギュラー復活を果たした。

『XY』では第1話から、従来のシリーズ同様にモンスターボールから勝手に飛び出し「ソーナンス!」の一言を発し登場。実に、3年ぶりのネタである。その後、サトシシトロンのバトルに乱入、サトシのピカチュウとシトロンのホルビーを強奪する為、バトルに駆り出された。以前に比べ実力もかなり上がっているようで、ピカチュウの「10まんボルト」を跳ね返し、ホルビーの「マッドショット」を全て紙一重でかわし、ピカチュウの「エレキボール」のみを跳ね返す、離れ業を披露。しかし、本体に直接ダメージを与えるものではないわざは跳ね返す事が出来ないのは相変わらず(もしそれ以外もはね返せたらそれはそれで大変だが・・・)で、わざですらないケロマツの「ケロムース」投げで動きを封じられ、ピカチュウ達に破れた。(ケロムースもケロムースで卑怯な気がするが・・・) アニメのOPでは、ニャースの気球から落ちそうになっていたムサシ・コジロウ・ニャースの三人を、ボールからいきなり飛び出した勢いで落下させてしまっている。

又、ニャース同様にメイン回や主役回が度々作られている。

関連イラスト

一日一匹金銀ポケモン描いていこう〜No.202
ナンスさんシール



関連タグ

ポケモン一覧 エスパータイプ
ソーナノ そーなのかー 一方通行(アクセラレータ)

pixivに投稿された作品 pixivで「ソーナンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 888800

コメント