ピクシブ百科事典

フーディン

ふーでぃん

フーディンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.065
英語名Alakazam
ぶんるいねんりきポケモン
タイプエスパー
たかさ1.5m
おもさ48.0kg
とくせいシンクロ / せいしんりょく/マジックガード(PGL)


進化

ケーシィユンゲラー(レベル16) → フーディン(通信交換)

進化シリーズ(ケーシィ)



特徴

ユンゲラーの進化形。知能指数5000。両手にスプーンを持つようになり、髭はユンゲラーよりも長く伸びている。

額の星マークと腹部の縦波の模様は消え、尾も退化し、体重が減っている。第四世代ではユンゲラーと同様、メスは髭が短い。知能指数が5000なだけあってが大きくて頭が重く、首だけでは支えきれないため自身の超能力(念力)で支えている。また、身体を動かすのもほとんど筋肉を使わず超能力を用いている。

実は『赤・緑・青・ピカチュウ』では薄らではあるものの額に六芒星)のような意匠があるが、『金・銀』以降ではそれが消えている。

名前の由来は恐らく「脱出王」の異名を持つアメリカで最も有名な奇術師ハリー・フーディーニ
マジシャンとしての知識と洞察力で「超能力」や「霊能力」のトリックを見破ったことでも有名な人物。
進化前のポケモン二種の元ネタが超能力者を自称する人物であったことを踏まえると意味深なモチーフである。

環境

多彩な特殊攻撃と高い特攻・素早さを持つため、初代から衰えることなく強ポケの一角を担っている。
しかしながらDP以降ではふいうちの登場やほのおのパンチの物理化に伴って多少落ち着いた。

だが、第五世代では相手の防御でダメージを計算するサイコショックを習得した事により特殊受けにも強みが出た事や、何より夢特性で天候ダメやいのちのたまの反動が無効化されるマジックガードを手に入れるなど再び強化されつつある、むしろDPで「エナジーボール」や「きあいだま」や「シャドーボール」が使えるようになった為、みずタイプいわタイプだけでなく弱点のタイプに対抗できる技が揃った事で初代や第三世代の頃より安定した強さを持っている。
しかし、相変わらず使用率の多いあく技やゴースト技には弱いので、補助技のアンコールなどを生かしたい所。

第六世代では密かに特防が強化され、さらにメガシンカするポケモンの一角を占める事となった。
詳細はメガフーディンを参照。

関連イラスト

ミルフーディン
フーディン



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 ひげ 
フーディーニ魂 - フーディンと同じくフーディーニをモチーフとしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「フーディン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 690542

コメント