ピクシブ百科事典

ハッサム

はっさむ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.212
ジョウト図鑑No.111
ホウエン図鑑No.355
シンオウ図鑑No.196
英語名Scizor
和名英語風表記Hassam
ぶんるいはさみポケモン
タイプむし / はがね
たかさ1.8m
おもさ118.0kg
とくせいむしのしらせ / テクニシャン / ライトメタル(隠れ特性)


※むしのしらせ:HPが残り1/3以下になると、むしタイプの技の威力が1.5倍になる
※テクニシャン:威力60以下の技の威力が1.5倍になる。
※ライトメタル:自分のおもさが半分になる。

進化

ストライクハッサム(メタルコートを持たせて通信交換)

おれたちはかまきり



容姿

全体的には、ストライク以上に全身がシャープになり、流線形の様な身体つきになっている。
進化前であるストライクとは違い全身の色調が緑から赤に変色し、両腕のカマはハサミに変化した。
そのハサミには威嚇用に目玉の様な模様があり、このハサミを振り上げることで相手に頭が三つあるように錯覚させる。

ひこうタイプからはがねタイプに変化した為に背中に羽根こそあるが、退化して飛行能力は失っている
…はずなのだが、ポケスペグリーンのハッサムはカイリキーを持ちあげ飛んでいるように見受けられるほか、アニメおいては、おもさが118.0kgもあるのに風に乗って空を飛んでいる(短時間、短距離の飛行は可能では?という見解)。

ちなみにこの羽根は高速で羽ばたかせて体温調整に使用しているという設定がある。
実際戦闘モーション中もその羽根を常時羽ばたかせている。

なお余談だが、分類「はさみポケモン」の上に立派な鋏を持っているにも関わらずはさむは如何なる手段を用いても習得できない
実際前述の通りその鋏は威嚇用であり、時にそれをいきなり振り下ろしてくる為「殴る為の鋏」……なのかもしれない。イメージ的には覚えても良いとは思うが。

モデルとなった生物は不明。名前からしてハサミムシっぽいがハサミムシとカマキリは別の種である(ただハサミムシはバッタやゴキブリ、カマキリに近い種らしいのでもしかしたら…)。
一番見た目が近い虫にカニムシがいるが第一コイツは昆虫じゃない上に翅は無い。
腕がハサミに変化したカマキリと考えるのが自然なのだろうか…?

概要

HPABCDS合計値
ハッサム70130100558065500
ストライク70110805580105500
進化前比較±0+20+20±0±0-40±0

『ポケットモンスター金・銀・クリスタル』(第2世代)に初登場したポケモン
数少ない主力となりうるむしタイプのポケモン。進化前よりもこうげきとぼうぎょ(それぞれ+20)が上昇している。
その反面進化前よりもすばやさ(-40)が減少した。
勘違いされることもあるが、種族値の合計は進化前から変化していない珍しいポケモンでもある
その為基本的に進化前とは別のポケモンと捉えた方が正しい。

鋼の体はちょっとやそっとの攻撃ではびくともせずに、鋼鉄を含んだハサミでとらえた物はどんなに堅くても粉々に砕いてしまう。そのハサミを威嚇用に振り上げるだけではなくそのまま降ろしてくることもある為、危険である。

むしタイプの中では、パラメーター的にも優秀であり外見のかっこよさから人気の高いポケモン。
その上でほのおタイプの技には4倍のダメージを受けてしまうが、それ以外タイプによる不利は
存在しないことも人気が高い理由の一つである。

そのような強力なポケモンのため、ポケモンセンター限定配布される「シングルバトル 最強クラスのポケモン」の一匹として選ばれた。
ちなみに他のポケモンは全て600族であり、種族値合計を100も下回るこのポケモンが選ばれるのは快挙ともいえ、それだけ対戦での安定した強さ(後述)が伺える。

ゲーム上における特徴

初登場した当時は、数少ないはがねタイプのポケモンの一体であった。
元々メタルクローはハッサム専用の技であった。
登場した当時は、その優秀なパラメーターと相反して覚える技は軒並み低い火力であったが、
弱点の少なさや豊富な積み技からのバトンタッチで繋ぐコンボなどで対戦での需要は高かった。

第3世代(『RSE』)においてはタイプ一致技の「ぎんいろのかぜ」と、特性「むしのしらせ」を得ることで地味にであるが、火力が増大した。
第4世代(『DPt』)においては新たに特性「テクニシャン」を得た事と、アイアンヘッド
シザークロス、などそこそこ決定力のある一致技を習得。特に有利な状況に持って行きやすいとんぼがえりは大きい。
進化前のおかげではねやすめも使え、鋼タイプとしては少ない回復技持ちでもある。
『プラチナ』ではテクニシャン補正で威力90の先制技となるバレットパンチ、止められやすかった鋼タイプもばかぢからで突破できるようになった。
さらに『HGSS』ではテクニシャンと合わせて威力135の一致技となるむしくいを得て火力も増えた。
第5世代においては同タイプで更に遅い、固い、火力が高いシュバルゴの出現や、
ナットレイを始めとした鋼対策にめざめるパワー炎の所持率上昇と若干向い風に。
しかし「とんぼがえり」「はねやすめ」テクニシャン「バレットパンチ」を使える事がやはり大きく、対戦では変わらずメジャーなポケモンである。
特にバレットパンチは最早ハッサムの代名詞となるくらい対戦での所持率が高いお約束技となっているため、ヒーロー体型なデザインも相まってバレパンマンというあだ名が付いた。仲間にドレインパンチを得意とするドレパンマン(ローブシン)がいる。

また、第6世代であるX・Yではメガシンカ可能なポケモンの一体でもある。
入手にはアイテムを持たせての通信進化が必要な為、XYのGTSでは現在伝説・幻を除くと結構な数で交換条件に出されている。

ポケナガ」ではミツナリの初期手持ち(ベストリンクではない)。
ミツナリトリオ(年少組、あるいは3馬鹿子飼いトリオ)のシナリオを進めるにあたり、特にミツナリ以外の二名にとっては強敵となる。場合によっては別シナリオから、4倍弱点を衝けるポケモンを輸入した方が早いことも(特にマサノリルート)。

大乱闘スマッシュブラザーズDXではモンスターボールから登場。
「メタルクロー」で攻撃した後、空中に吹っ飛ばした相手を追撃する。

ポケモンGO」ではストライクにメタルコートを使って進化させることでのみ入手が可能。
現状野生の個体は一切確認されていない(いたとしても超低確率でしか出現しないと思われる)。
同作では進化アイテムが非常に入手しづらいこともあり、入手難易度は高い。
メタルコート自体も、他にイワークハガネールの進化に必要となり、あちらも非常に強力なポケモンなので、どちらに使うか悩みどころである。

主な使用ポケモントレーナー

虫使いでダブルバトル!



ポッ拳への参戦

2016年10月13日、ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENTにて通算18番目のファイターとして参戦することが発表された。翌週の20日解禁予定で、バトルポケモンとしては唯一のむしタイプ。分類はパワータイプ。




関連イラスト

ハッサム
ハッサム


砂と戦場
ハッサム



関連タグ

むしタイプ はがねタイプ
RSE DPt HGSS メガハッサム

「シングルバトル 最強クラスのポケモン」
カイリュー バンギラス メタグロス ガブリアス

                  ← ハリーセン 〈ハッサム〉 ツボツボ →

pixivに投稿された作品 pixivで「ハッサム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2044759

コメント