ピクシブ百科事典

ハガネール

はがねーる

ハガネールは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.208
英語名 Steelix
ぶんるい てつへびポケモン
タイプ はがね /じめん
たかさ 9.2m
おもさ 400.0kg
とくせい いしあたま / がんじょう / ちからずく(夢特性)


※いしあたま:技による反動ダメージを無効
※がんじょう:一撃必殺技が無効になり、体力が満タンならば一撃では倒れない

進化

イワークハガネール

岩蛇



容姿

複数の鉱石が連結して大蛇の様な姿をしたポケモン。進化した事で全体的に巨大化した。
特に頭部は体全体のバランスから考えても、アンバランスな程大きくなった。
眼光はより鋭くなり、強靭な大顎をしている。
全ポケモンの中で二番目に巨大なポケモン。金属で出来た割には妙に軽いが。
との違いは、雄の方が"牙が2本"であり、雌の方が"牙が1本"である。

概要

『ポケットモンスター』(第2世代)に初登場したポケモン。
イワーク「メタルコート」を持たせて、通信交換すると進化する。
また『ダイヤモンドパール』では、野性で出現するようになった。

名前の由来は、恐らく「ハガネ(鋼) + テール(尻尾)」

イワークが100年以上生きると突然変異で体の成分がダイヤモンドの様な硬度になりハガネールになるといわれている(アニメに出てきたクリスタルのイワークは・・・?)。その他にも土と一緒に食べた鋼の蓄積による進化とも言われている。
100年とはいうもののゲームではメタルコートを持たせて通信すれば進化するのでご安心を。
イワークよりも深い地中に生息している。地中の高い圧力と熱とで鍛えられた体はあるゆる金属より
も硬く、ダイヤモンドに匹敵する。また全身には細かい鋼鉄の欠片が付いており、光を当てると反射する。
地中でも見える眼を持っており、頑丈な顎を使って岩石を噛み砕きながらを掘り進み、地球(?)の中心を目指している。

『金銀』の発売前からイラストが公開されていたポケモン。また『金銀』で登場した新タイプであるはがねタイプのポケモンである。
そこそこのHPと攻撃、高い防御力、低い特攻・特防・素早さとはがねタイプの標準的なステータスをしている。
ハガネールは若干極端だが、はがねタイプの物理アタッカーは概ねこんな感じのポケモンが多い。
名前の関係も含めてはがねタイプの代表的なポケモンとして今も認知されている。

当時は進化アイテムの「メタルコート」が1つしか拾えず、複数入手するには野生のコイルが持っているものを奪うしかなかった。
そのため、同じ進化条件を持つハッサムと選択して、どちらのポケモンが欲しいか迷ったプレイヤーも多かった。

ニコニコ動画では若本のニックネームで有名。若本の名を付けた某氏はハガネールに「このゴツイ顔は若本の名前が合いそうだ」と思いこのNNをつけたらしい。また、その人相(?)や巨体、締め付け系の技を得意とすることから、どうしてもアニメでは悪役ポジが多く、一部のファンはそれを嘆いている。同じ悪役面の同タイプは味方側のポケモンとして大活躍したというのに。

さらに、動画内では編集によりハガネールの一挙一動にあわせて若本ボイスを入れるという拘りっぷり。これによりハガネールを見るたびに若本ボイスが脳内再生される視聴者が後を絶たない。
なお、実際にハガネールに氏の声が充てられたことはないが、ポケモンカードのCM、それもよりによってハガネールの構築済みデッキで若本氏がナレーターを務めた為、話題になった。

ゲーム上の特徴

HPABCDS合計値
ハガネール7585200556530510
イワーク3545160304570385
進化前比較+40+40+40+25+20-40+125

進化前のイワークの欠点である「HP」・「こうげき」の低さはある程度戦える様に改善されている。
また元々高かった「ぼうぎょ」は異常な程高くなり、"全ポケモン中第2位の高さ"を誇る驚異の硬さを得た。
その反面イワークの売りであった「すばやさ」は急激に低下した。また「ぼうぎょ」の高さに反して「とくぼう」は意外な程低くなっている。

一応アイアンテールという威力"100"の大技を持っているが、命中率が低過ぎてほとんど採用されない。ハガネールと言えば?というような専用技だったのに…一応夢特性「ちからずく」で威力130(一致威力195)の技には化けるが…


代わりにはがねタイプの攻撃技として壊滅的な遅さを利用したジャイロボールが一部の相手に驚異の威力を発揮する。
条件が揃えば、最大威力"150"に化ける攻撃技である。他にはタイプ一致技のじしんも採用される。
サブウェポンとしてはストーンエッジ」、「こおりのキバ」、「だいばくはつなどが候補に挙げられる。
補助的にはステルスロック+ほえるのコンボも採用の余地がある。
耐久型を相手にするならどくどくもありだろう。

「すばやさ」が非常に遅いので「トリックルーム」を使用したパーティーとは相性が良いが、
進化前からは上がっているとはいえ素の火力が余り高くないので採用は余りされない。

また、もちものでは、物理受けと相性の良いゴツゴツメットや、弱点タイプの物理攻撃も耐える程の耐久力を利用したじゃくてんほけんと相性がよい。

弱点としては前述した通り、特殊攻撃には弱過ぎること。
また,防御の種族値が200もあるため、"物理攻撃の壁"として戦いたいが、弱点がメジャーばかりな上に高火力な点が厳しい。
特に、最もメジャーな技の一つであるじしんに弱いのがネック。

防御が大量の種族値を奪ったせいで他の能力が低めなのに、肝心の物理耐久がタイプのせいで微妙というのはかなり致命的な問題である。
200もの種族値が活かされないのは・・・・


「すばやさ」が遅いので、耐久型の相手にも先手を取られておにびをやられてしまうので注意。

ポケモンORASではメガシンカすることが判明した。

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

てっぺきガードの おんなのこ
アイアンテール



関連タグ

金銀 FRLG RSE DPt HGSS イワーク ハッサム
ドリュウズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハガネール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1040815

コメント