ピクシブ百科事典

ゴローニャ

ごろーにゃ

「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモンの一種である。
目次[非表示]

もしかして→ゴローニャ(創価学会)

基礎データ

ずかんNo.76
英語名GOLEM
ぶんるいメガトンポケモン
タイプいわ/じめん
たかさ1.4m
おもさ300.0kg
とくせいいしあたま/がんじょう


進化

イシツブテゴローンゴローニャ

進化シリーズ(イシツブテ)



容姿

鈍いゴローニャ


通称岩団子。
岩石の集合体に頭と手足が生えたといった感じの外観で、デザインとしては非常にシンプル。特撮ファンには見覚えのある見た目。※1
一年に一回脱皮をするため、岩に見える部分はれっきとした皮膚らしい。…爬虫類なのだろうか。

概要

序盤の洞窟から度々現れるイシツブテの最終進化系。
初代の通信進化組であり、鈍足物理型のいわ・じめん系ポケモンが出るたびに引き合いに出される事が多い。
同期のサイドンドサイドンとはいろんな意味で比較されまくるため、関係性を知っておくと面白いだろう。

攻撃・防御のステータスに長け、ストーリー攻略においてはタイプ的に有利に戦える事が多い。
強力な物理技であるじしん」・「ストーンエッジ等を一致技として扱え、いずれもレベルアップで習得可能なのも大きな利点。
自身の役割として必要な技は大概自力で習得するため旅パーティでは安定した活躍が望める。

技の中でも最大の特徴として挙げられるのは、高攻撃力からくりだされるだいばくはつの存在だろう。
強力な技であり、ゴローニャの代表技としてのイメージを持つトレーナーも多い。…逆にこれのせいで長くネタにされ続けてきた感も無くはないが。

攻撃面では強力な技を一致で放てる反面、2タイプ相乗による弱点は致命的なレベルに達している。
防御性能は高めであるものの特防に関しては平均以下というのも苦しい。
得手不得手がはっきりしているといえばそうなのだが、昨今の火力インフレには頭を抱えることも多く、
鈍足である事も重なり、素早さで負ける苦手なタイプの相手には一方的に倒されてしまうことも少なくなかった。

長い冬と脱却

ストーリー攻略における立場ではある程度恵まれていたものの、「いわ」・「じめん」というタイプ構成は対人戦では決して良い組み合わせではなかった。
弱点の多さは直接耐久力の低さに繋がり、様々な技を駆使して戦う対人戦では攻撃を行う前に弱点を突かれ倒される事が多かった。
特に初代では4倍弱点かつ覚えるポケモンの多い「なみのり」の存在はどうしようもなく大きな壁であったと言える。

その後ポケモンに持たせる道具が多様化し様々な戦法が確立されていく中、残された戦法は「だいばくはつ」の存在だった。
手榴弾戦法が必要に迫られたのは同期の岩・地面タイプであるイワーク第二世代でハガネールへの進化を果たし、
その後同タイプとしてしのぎを削っていたサイドンが第四世代にてドサイドンへと進化した事が決め手だった。

ドサイドンはステータスの関係上完全な上位互換としてゴローニャの上位に君臨し、更に新特性を与えられるなど圧倒的な優位性を見せつけた。
通常のアタッカーとして運用する場合、覚える技に差異が殆ど無い上に特性の面でも劣るゴローニャを採用する意義は皆無だったのである。
差別化を行う上で「だいばくはつ」を外すことはほぼ出来なくなり、圧倒的な火力で敵を粉砕していくドサイドンに比べ
その身を爆発させて戦うゴローニャの姿が哀れみの目で見られるようになるのは自明の理だったとも言える。

しかもタイプ的にゴローニャが有利である、ほのおタイプでんきタイプのポケモンは
弱点対策に高威力特殊依存、みずタイプまたはくさタイプの「めざめるパワー」を覚えていることがほぼ確実にあり、
(しかもピカチュウ系統に限っては重さで威力が変わる特殊依存のくさタイプ技「くさむすび」をも覚えられる)
ほのおタイプやでんきタイプの大半が素早さと特攻が高い事もあり、
先手を取られて上述のめざパを喰らって、大爆発や地震を喰らわせる前に一撃で倒されることも少なくない。
自分の有利なタイプですら満足に倒せなくなるどころか、カモにされることも多々あるのだ。

初代から不遇の時代を共にした戦友は皆高みへと登っていった。
ただ一人残されたゴローニャは岩団子と罵られ「爆発すること」を存在意義として長い冬を過ごす事となる。

しかし時は第五世代BW。
かつての戦友らに遅れること4年、ついにゴローニャに陽の光が射したのである。

BWで特性「がんじょう」の効果に「HPが満タンの場合は一撃で倒されそうになっても必ずHPが1残る」という性能が追加。
これにより相手の先制攻撃を特性で耐え切り、前述の強力な技による確実な反撃が可能になった。
めざパを覚えているほのおタイプやでんきタイプももう怖くない。特性のがんじょうの恩恵で耐えきり、
反撃のタイプ一致の強力な「じしん」をお見舞いしてやることもできる。

大爆発もを持つこと無く安定して撃つことが出来るようになり、空いた道具スペースで多様さも生まれた。
結局爆発はするのだがそこはらしさとして受け取って欲しい。

さらに第6世代では攻撃種族値が110から120へアップ。今まで確定で倒せなかった敵を確定で倒す事が出来たり、新アイテムじゃくてんほけんはがんじょうとの相性も抜群。ますますゴローニャの強さに磨きがかかったと言えるだろう。あえて言うならばふいうちが第四世代必須というのがデメリットではあるが。

第四世代での技の追加がここになって生きてきている。技の差別化を始め、特性を生かした戦い方はドサイドンには決して出来ないものも多い。
かつて『裏切り』の恨みを抱きつつも、強くなり高みへを歩みを進めた戦友と再び肩を並べれた事に喜ぶプレイヤーは多いだろう。
往年のファンからは長い冬を乗り切ったとの声も高く、これからの活躍に期待がかかる。※2

※1ウルトラマンタッコングという形状の似た怪獣がいる。


※2長い冬に関してはニコニコ大百科ゴローニャ(´;ω;`)カワイソスを参照。

関連イラスト

ゴローニャとロズレイド
ごろにゃん



関連タグ

イシツブテ ゴローン サイドン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴローニャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261742

コメント