ピクシブ百科事典

サンダー

さんだー

(曖昧回避付き)でんげきポケモン。図鑑番号145。でんき・ひこうタイプ。とくせいは「プレッシャー」。
目次[非表示]

サンダーとは、

  1. 英単語thunder。雷鳴・の事。→
  2. 遊戯王デュエルモンスターズGX』に登場する万丈目準の愛称。→万丈目サンダー
  3. ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン。同項で解説する。
  4. 英単語Sander。紙やすりを取り付けて研磨をする工具。当記事の関連商品である。
  5. ゆでたまご作の漫画『キン肉マンⅡ世』に登場する時間超人。
  6. ファイナルファンタジーシリーズに登場する雷の魔法。
  7. サガフロンティア』の登場人物。⇒サンダー(サガフロ)
  8. 革命機ヴァルヴレイヴ』の登場人物、山田ライゾウの愛称。
  9. 銀牙伝説WEED』の登場キャラクター。→サンダー(銀牙伝説WEED)
当記事は3について解説する。

基礎データ

ずかんNo.145
英語名Zapdos
ぶんるいでんげきポケモン
タイプでんき/ひこう
たかさ1.6m
おもさ52.6kg
とくせいプレッシャー / せいでんき(隠れ特性)


※プレッシャー:相手が技を使ったとき、PPが1多く減る。フィールドでは、自分よりレベルの高いポケモンが出やすくなる。
※せいでんき:相手が接触攻撃を使ったとき、3割の確率で相手を「まひ」状態にする。

出現

  1. 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン:むじんはつでんしょ(Lv50)
  2. プラチナ:全国図鑑取得後、パルパークのオーキド博士に話すと、シンオウ地方を巡回(Lv60)
  3. ポケモンXD:デスゴルドからスナッチできる。(Lv50)
  4. ハートゴールド・ソウルシルバー:カントーバッジ全取得後、はつでんしょの入り口横(Lv50)
  5. xy:フォッコを選んだ場合、殿堂入り後カロス地方を徘徊。11回遭遇後海神の穴(Lv70)


概要

初代(赤・緑・青・ピカチュウ)ではファイヤーフリーザーに並ぶ伝説の三鳥の一匹である。
モデルは北米で伝説とされている、雷雨を起こすと呼ばれた巨大な雷の精霊「サンダーバード」。
英語名は擬音語である“zap”(稲妻などの表現に使われる)とスペイン語で2を意味する“dos”から取られている。

雷を操る伝説の鳥ポケモンの一匹。
普段は雷雲の中に住んでおり、それが真っ二つに割れて巨大な稲妻が落ちるときに姿を現す。
雷に打たれると力があふれるといわれている。
翼を羽ばたかせるたびに雷を落とし、の嵐を巻き起こす。


同じ三鳥は、にらみつける(笑)でネタにされたもののその後の強化で実戦にも姿を見せるようになったファイヤー、初代で栄華栄華を誇るものの没落し代わりに心眼零度でロマンを手に入れたフリーザーであり、サンダーは安定したステータスで長年に渡り活躍してきた優秀なポケモン(後述する)という個性が付けられていた。






しかし、『HGSS』でサンダーは発電所の入り口の横(10番道路)に突っ立っているという衝撃的な再登場を果たす。

でんせつのぽけもん


そんな伝説ポケモンの威厳ゼロのサンダーは「発電所に番犬代わりに飼われている」、「リニューアルに伴い作業員に発電所から追い出された」、「発電所の職員に就職した」ようにしか見えず「一線で戦うネタポケモン」という新たなキャラクターとして新デビューを果たした。
頼られることが多かったサンダーは同期のようにトレーナーから愛されたかったのかもしれない。

大乱闘スマッシュブラザーズDXではモンスターボールから登場。「でんきショック」で周囲の相手を引き寄せる。

ゲーム上の特徴

電気と飛行の複合タイプのお陰で、電気唯一の弱点である地面タイプを無効化できるのが強みであり、素早さこそはサンダースに劣るものの、特攻に長ける。
また耐久に期待できるため、対人戦の需要も高い。

三鳥の中では、唯一どの世代にわたっても安定した強さを誇るポケモンである。
第1世代では、他の鳥ポケモンですら覚えるのが限られていたドリルくちばしを使える数少ないポケモンであり、さらにタイプ一致の10まんボルトも技マシンで覚えられたため、この時から技はかなり恵まれていた。
第4世代ではプラチナで「ねっぷう」を習得し、それまで止められがちだったジバコイルハガネールに対しても突破力を得た。
耐性もなかなか優秀で、かつHPや防御もそこそこ高いため、「はねやすめ」を生かした耐久型も可能。
第5世代では同タイプが一気に3匹も増え、中でも同等のとくこうと高いすばやさを持つボルトロスは非常に強力な存在。
ただし、あちらよりは耐久面では勝り、「はねやすめ」や「ねっぷう」などを含めた技の多彩さから十分に差別化は容易。
残り2匹のうちエモンガは、「アンコール」が固有技であるが種族値がやや低い。スピンロトムは似たような耐久があるもののすばやさが低く、特性もないに等しい。
このことから、十分に住み分けが可能である。
第6世代ではより耐久の高さが重視され、ファイアローマリルリへの抑止力として活躍しており、バシャーモのような「ファイアローさえ仕留めれば大体無双できるポケモン」と組ませられることが多い。

ちなみに第5世代のBW2で三鳥は新たな奥義を手に入れている。
フリーザーファイヤーは強力なタイプ一致技「ぼうふう」を手に入れ、サンダーが手に入れたのは……まさかのでんじほう」(笑)
あれ、こんな事がかつてあったような…

そして2016年1月、衝撃のキャンペーンが発表された。
「ポケモンスクラップ」のキャンペーンで三鳥の隠れ特性が解禁されるのだ。
サンダーの隠れ特性はせいでんきである。「はねやすめ」との相性が抜群によい強力な特性である。

なお、『ポケモンXD』でゲットできる個体は、じんつうりき」「バトンタッチ」「きんぞくおんという通常では覚えられない特別な技を覚えており、かつ厳選難易度が異常なまでに高いことで有名。
理由として、スナッチできる場所がラスボスなのでそこまで行くのに非常に時間がかかること、ゲームの仕様上、スナッチしたポケモンはバトル勝利後でないと手持ちに入らず、勝利すればスタッフロール後に強制セーブになってしまうこと、などがある。
この上で「めざめるパワー」まで粘りたい場合、ポケモン史上最高の厳選難易度となる。


関連イラスト

サンダーかっけええ
さんだぁさま


カミツレ&サンダー
炎雷氷


関連タグ

ポケモン 伝説ポケモン ファイヤー フリーザー 三鳥

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 625314

コメント