ピクシブ百科事典

ウルトラ怪獣

うるとらかいじゅう

ウルトラシリーズに登場する怪獣たちの総称。
目次[非表示]

ウルトラシリーズに登場する怪獣たちを指す。
キャラクター性の強いの怪獣が多いのが特徴。
他作品(ゴジラやガメラ等)の怪獣との区別のために使われる。ウルトラマンと敵対する宇宙人やロボットなども総称として「ウルトラ怪獣」と呼ばれる事が多い。
ソフビなどの商品名にもよく使われる。

仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズでよくイラストが描かれるのはヒーローや敵幹部などのメインキャラクターが主であり、各話ごとの所謂「ゲスト怪人」が描かれる機会は少ないのに対しウルトラ怪獣はイラストに描かれる機会が多く「ウルトラ怪獣のキャラクター性は強い」という認識の一因となっていると思われる。

怪獣を毎週スムーズに登場させるためにウルトラマンが誕生したなどの秘話もあり、怪獣はシリーズにとって非常に大きな意味を持つ特別なキャラクターである。

商品ではマルサンのプラモデル&ソフビやブルマァクの「怪獣シリーズ」、ポピーの「キングザウルスシリーズ」やバンダイの定番ソフビ「ウルトラ怪獣シリーズ」が特に有名。

ウルトラ怪獣の派生


一部のウルトラ怪獣は、その特徴や設定からいくつかの派生形に分類されるものもある。

超獣

ウルトラマンAにおいて、作品を通しての宿敵である「異次元人ヤプール」によって作り出された生物兵器。
超獣製造機により、宇宙怪獣と地球の生物を合成して作りだされる。
それまでの怪獣に比べてゴテゴテとした派手な外見なのが特徴的。
また、生物兵器らしく怪獣よりも強いと設定されており、第8話では超獣ドラゴリーが怪獣ムルチを倒す描写がある他、体からミサイルを発射するなど兵器らしさをより強く感じさせる能力ももつ。
ちなみに世界観の異なるウルトラ作品にも「超獣」と名のついたものが登場するが、基本的にこれらとは無関係である。

円盤生物

ウルトラマンレオの終盤に登場する敵であり、ウルトラシリーズの中でも特に個性的な連中。
ブラックスターからやってきた生命体であり、ブラック指令によって操られる。
さらに何体かは「ブラック○○」というネーミングのものも存在する。
その名の通り円盤形態と戦闘形態に変形する能力を持つ。総じて知能が高く小型化して人間社会への潜伏活動などを行う。
全体的にあまり怪獣らしくない、不気味でつかみどころのない外見が特徴で、海洋生物を連想させるデザインが多い。

ウルトラマンGにも「円盤生物UF-0(ユーエフ.ゼロ)」という怪獣が登場するが、これとは無関係。

スフィア合成獣

ウルトラマンダイナに登場する「宇宙球体スフィア」が岩石や宇宙船など、別のものと融合して誕生した怪獣。
スフィアはダイナを象徴する敵でありながら登場回数が少なく、スフィア合成獣自体も数が少ない。
しかしながら、物語の中で重要な回に登場する割合が多いため、強敵としての印象が強い。
何体かのスフィア合成獣は体にスフィアを連想させる発光器官を持つが、全体的に統一感に欠けるデザインである。
また、共通する能力に「亜空間バリア」があるが、一部のスフィア合成獣はこれを披露していない。
二つ名は「○○合成獣」で統一されている。
ダイナの後日談としての側面を持つウルトラマンサーガにも登場し、大きな役割を果たしている。

根源的破滅招来体

ウルトラマンガイアに登場する作品を通しての敵であり、「地球に破滅をもたらす何か」。
その正体は作品を通して徐々に明かされていくという形式がとられているため、その定義は作品の中で変化していく。そのため「根源的破滅将来体かと思ったら実はそうじゃなかった」といった展開もあった。

スペースビースト

ウルトラマンネクサスに登場する怪獣の総称。
宇宙から飛来した「ビースト因子」と呼ばれるものが生物や物質に取りつくことで誕生する。
とにかく怖い、あるいはグロテスクと形容される外見が印象的。
これまでにもそのような外見の怪獣は存在していたが、これに関してはその部分が全面的に押し出されている。
ウルトラマンネクサス自体がウルトラマンの新たなヒーロー像を確立させるコンセプトの元作られたため、相互理解不可能な絶対的な敵対者とされている。
ネーミングは「○○タイプビースト」という二つ名に5文字の名前で統一されている(派生形として、「グローラー」「ブルード」などが付け足されることもある)。


関連タグ

ウルトラシリーズ 怪獣
ウルトラ怪獣擬人化計画 - 円谷プロ公認の怪獣擬人化(女体化)

東宝怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラ怪獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1709150

コメント