ピクシブ百科事典

ミラーマン怪獣

みらーまんかいじゅう

特撮テレビ番組『ミラーマン』に登場した怪獣
目次[非表示]

概要

71年から放送された『ミラーマン』に登場した怪獣達。

全体的な共通点としては、異次元からの侵略者インベーダーの手先という点が挙げられる。
番組初期では、人間に化ける等して潜伏し、円盤からの光線を浴びることで正体を現す、
といった怪獣が多かった。このタイプは序盤に多かったものの、番組終盤までちらほら登場し続ける。
しかし、キングザイガー以降は、普通の「宇宙人に操られている怪獣」といったタイプが増えてゆく。インベーダーによって操られて侵略兵器に仕立て上げられるタイプから、用心棒のように連れてこられる怪獣などもいる。

デザイン的には序盤はユニークなデザインが多かったが、終盤にいくにつれ正統派のデザインが多くなっていく。このあたりスペクトルマンの怪獣とは全く逆の方向性である。

ウルトラとの関連

ミラーマンという作品自体ウルトラシリーズとの関わりが深く、怪獣もちらほらと関連が見られる。

・客演・・・ゴルゴザウルスの息子のゴルゴザウルス二世ウルトラマンタロウ47話「怪獣大将」に登場。前座的な登場のファンサービスであったが、なまじ二世であったためミラーマンの知名度が低くなるにつれ、正体不明の謎の怪獣となってしまっていた時期がある。
ダストパンが映画「ウルトラ6兄弟対怪獣軍団」に登場する。(ただしドロボンタイラントなどの同作怪獣を見ても、本編に登場したものとは姿が似ているだけで能力や設定などには全く類似点がない。またこのダストパンは触覚や翼が最初から無い)。こちらはファンサービスではなく、たまたまあった着ぐるみを借用しただけではないかと考えられる。

またウルトラではないがなんと有言実行三姉妹シュシュトリアンウルトラマンVS仮面ライダーに先駆けて東映特撮である宇宙刑事ギャバンアロザが登場。ファイヤーマンダークマンダーを赤と黒に塗り替えた怪獣と戦っていた。アロザの方はアトラク用のためか本来よりぽっちゃり体形ではあったが、本編にはなかった明るいシーンで活躍する姿と暗くてわかりにくかった全貌を見ることができる。

ウルトラ怪獣・・・少なくとも初期の怪獣は、ウルトラ怪獣とは差別化を図っていたと思われる。また銀河連邦による円谷作品のリンク設定や、ミラーマンを元にしたミラーナイトとアイアンを元にしたアイアロンが「ベリアル銀河帝国」で登場した影響か、一部書籍ではミラーマンに登場した怪獣がウルトラ怪獣と同様に取り扱われ収録されている。
(「ジャンボーグA」と「ファイヤーマン」も同様)

怪獣一覧

鋼鉄竜 アイアン
火炎怪獣 キティファイヤー
暗黒怪獣 ダークロン
分身怪獣 マルチ
ロボット怪鳥 インベラー
火炎怪獣 キティファイヤー二代目
黄金怪人 ゴールドサタン
鋼鉄竜 アイアン二代目
分身怪獣 マルチ二代目
異次元超兵器 重力マシン
火焔怪人 ザイラス
黄金怪人 ゴールドサタン二代目
怪獣ロボット ノア
宇宙怪獣 キングザイガー
偽装宇宙船 ジャバラ
鋼鉄竜アイアン三代目
火炎怪獣 キティファイヤー三代目
火焔怪人 ザイラス二代目
人形怪獣 キンダー
透明怪獣 カメレゴン
古代恐竜 アロザ
植物怪獣 ビッグアイ
原始怪獣 スフェノドン
暗黒怪獣 ダークロン二代目
液体怪獣 タイガン
月面怪獣 キング・ワンダー
土星怪獣 アンドロザウルス
カプセル冷凍怪獣 コールドン
妖怪怪獣 ダストパン
害虫怪獣 ゴキブラー
害虫怪獣 ハエブーン
害虫怪獣 モスゴジラ
宇宙大蛇 スネークキング
針地獄怪獣 ハリゴジラ
殺し屋怪獣 キーラゴン
巨大星獣 ゴルゴザウルス
巨大星獣 マヤザウルス
異次元モグラ アリゲーダー
海洋汚染怪獣 シーキラザウルス
巨大双頭怪獣 ペアモンスキング
弾丸怪獣 スモークネス
異次元昆虫 モグラキング
巨大双頭怪獣 ペアモンスキングβ
巨大星獣 ゴルゴザウルスβ
巨大星獣 マヤザウルスβ
彗星怪獣 ハレージャック
土星怪獣 アンドロザウルスJr.
妖怪怪獣 マグマゴン
怪奇大怪獣 サンガーニ
暗闇怪獣 シャドウモンス
異次元昆虫 テロリンガ
宇宙犬怪獣 インベザウルス
幽霊怪獣 ゴースト
巨大宇宙怪獣 ボアザウルス
宇宙怪獣 ブラックゴン
キラー怪獣 レッドモンス
改造怪獣 ギランダー
巨大宇宙怪獣 ボアザウルス二代目
吸盤怪獣 イエズ
電気怪獣エレキザウルス
角獣 デッドキング

関連項目

ミラーマン(特撮) 円谷プロ 怪獣
特撮 昭和特撮 ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラーマン怪獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2690

コメント