ピクシブ百科事典

有言実行三姉妹シュシュトリアン

ゆうげんじっこうしすたーずしゅしゅとりあん

有言実行シスターズシュシュトリアンとは東映不思議コメディーシリーズの作品のひとつである
目次[非表示]

概要

有言実行三姉妹シュシュトリアンは、東映不思議コメディーシリーズの第11作目。
美少女路線の6作目かつシリーズ最終作。

酉年の神、お酉様から変身能力を与えられ、家庭の平和と1993年酉年の平和を守る正義の味方、有言実行三姉妹シュシュトリアンとなった三姉妹の活躍を描くシュールコメディ。

ストーリー

時は1993年酉年。輝かしい年明けとは裏腹に、山吹家は不穏な空気に包まれていた。
かねてから不仲だった両親が離婚寸前の状態に陥っていたのだ。

気晴らしにカラオケボックスに出向いた山吹家の三姉妹、雪子、月子、花子は、「酉年の神」を名乗る謎のオヤジ、お酉様に遭遇。あろうことか、カラオケ中毒に陥って酉年の平和を守れなくなってしまったお酉様の一方的な裁量により、妖怪退治の正義の味方、「有言実行三姉妹シュシュトリアン」に仕立て上げられ、家庭円満の成就の引き換えに酉年の平和を守る使命を押し付けられてしまうのであった。

こうして、家庭の平和と酉年の平和を守るための三姉妹の秘密の戦いが始まった。


概要

「ポワトリン」や「ナイルなトトメス」同様、実写魔法少女アクションもの路線を継承しているが、キャラクターの衣装デザインや舞台設定に和風要素を取り入れている点や、主役三人からなる戦隊ヒーロー路線を強く打ち出して差別化しており、最も特撮ヒーローアクション色が濃く派手な内容になっている。主題歌も主演アイドルの持ち歌とのタイアップだった前2作と異なり、歌詞にヒロイングループの名称を織り込んだ特撮アニソン色が強い。

全盛期よりもやや落ちるものの視聴率はそれなりに高く人気を保っていたが、同時期に放映されていた「美少女戦士セーラームーン」の強力な人気に押されて玩具の売り上げ不振に陥っていたため、酉年の残り3ヶ月を待たずして打ち切られた。

こうして番組が終了すると共に、東映不思議コメディシリーズに幕を下ろすこととなった。

余談

実は当時の円谷プロの社長が本作の個人的なファンであり、同社の協力のもと、初代ウルトラマンとバルタン星人が登場する特別エピソードが描かれた事がある。

三女・花子は後のニンジャホワイトであり、本作をパロディ化したエピソードもある。

関連タグ

東映不思議コメディーシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「有言実行三姉妹シュシュトリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60631

コメント