ピクシブ百科事典

恐竜戦隊ジュウレンジャー

きょうりゅうせんたい

恐竜戦隊ジュウレンジャーとはスーパー戦隊シリーズの作品であり、劇中に登場するヒーローの名称である。
目次[非表示]

1億数千万年前の恐竜時代から、今蘇った五人の戦士たち

概要

スーパー戦隊シリーズ第16作目の作品。古代人類の戦士「ジュウレンジャー」と、人類滅亡を企む魔女バンドーラの一味の戦いを描いた本作品は、モチーフが「太古の動物」であることから当時の流行とは無関係、なおかつ「大きく強い存在が子供たちの憧れである」という理由から、恐竜がモチーフとして選択されている。
また、当時マイケル・クライトン原作の小説「ジュラシック・パーク」のベストセラーや、スティーヴン・スピルバーグが監督を務める同作品の映画版の制作が発表されたことも、このメインテーマの選定に影響を与えている。

初めて「レギュラーで6人目の戦士」が登場した戦隊である。

漢字で書くと「獣連者(タイトルをよーく見ると書いてある)」にもなるが、決して十人編成の戦隊ではないので注意(当時は本気でそう思っている人がいたが、のちに『獣電戦隊キョウリュウジャー』がこれを達成させた)。

ファンタジー戦隊のはじまり

これまでのスーパー戦隊は基本的には優れた科学力を武器に戦ってきていた(それが地球のものであれ、異星からもたらされたものであれ)。
アースフォースオーラパワー等といった超常的な力を有していても、それは科学力に更なるプラスの要素としてのものに限られていたのである。

ところがこのジュウレンジャーにはそうしたバックボーンは存在しない。
彼らは科学などありえない太古の時代の人間であり、従来作品ではあくまでも巨大な敵と戦う為に建造されたロボットであった巨大戦力は「守護獣」という意志を持つ巨大なる神のような存在とされている。
(コックピットがどう見てもロボのそれじゃないかって?それは言わぬお約束だ)
後に「ジュウレン 恐竜 ファンタジー」と歌われる、「ファンタジー戦隊」という新たな戦隊の潮流がここで始まったのだ。

「看板に偽りあり」疑惑

本作は「恐竜戦隊」と銘打っているが、実は哺乳類であるサーベルタイガーやマンモス、翼竜であるプテラノドンなど、恐竜以外の生物のモチーフが明らかに多く、厳密な意味で恐竜に属するのはティラノザウルスとトリケラトプスだけである。

タイトル詐欺だろ!」と糾弾したくなるだろうが、これは「5体すべてを恐竜にすると、デザインラインが似通うのを避けた」という理由でこのような措置が取られたのである。しかし、モチーフとなった実際の生物にかかわらず、本作品では守護獣を「1億7千万年前の人類が各部族の象徴としていた恐竜」として設定している。

したがって、本作における「恐竜」とは分類学のソレではなく「ジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄した爬虫類全般を指す意味での恐竜、もしくは絶滅した古代生物」と定義されているといえよう。

しかし「恐竜と哺乳類を混ぜて恐竜戦隊としたのは明らかにおかしい」と制作陣は思ったのか、のちの「恐竜系戦隊」に本作のパターンは踏襲される事は無く「爆竜戦隊アバレンジャー」では「全員が恐竜と翼竜のみのメンバーで構成」され、「獣電戦隊キョウリュウジャー」では「初期メンバー全員が純粋な恐竜(追加メンバーが翼竜モチーフ)」となっている。

ちなみに初期設定での5体のモチーフには、ティラノサウルス(赤)、トリケラトプス(緑)、プテラノドン(青)、ブラキオサウルス(黒)、ステゴサウルス(黄)が設定されていた。

登場人物

ジュウレンジャー

ゲキ/ティラノレンジャー
1億7000万年前の古代人類の5部族のひとつ、ヤマト族のプリンス。 
正義を信じる仲間思いのリーダーで伝説の武器・竜撃剣を使う、
以前のバンドーラとの戦いで父と母、10歳になる妹を亡くしているためか、血を分けた兄ブライをとても大切に思っている。
守護獣は地を割りマグマから現れる守護獣ティラノザウルス
当時の復元図に倣い背筋を伸ばした姿勢をしている。

ゴウシ/マンモスレンジャー
シャーマ族のナイト 知恵の戦士
冷静沈着なサブリーダーでバズーカにもなる斧、モスブレイカーを武器にする。
以前のバンドーラとの戦いで自分を育ててくれた姉を亡くしている。
そのためゴウシがメインの話では姉や兄弟などがキーになることが多い。
守護獣は氷河の中から現れる守護獣ジュウマンモス

ダン/トリケラレンジャー
エトフ族ナイト 勇気の戦士
少々熱くなりやすいがやさしく、メイン回では子供達が関係することが多い。
原宿で女の子をナンパしたりパソコンを欲しがってバイトをするなど一番現代に馴染んでいる。武器は2つに分離させることも出来る伸縮自在の三叉の槍、トリケランス。
守護獣は砂漠を疾走して現れる守護獣トリケラトプス


ボーイ/タイガーレンジャー
ダイム族ナイト 希望の戦士
最年少だがとても身軽で、自己流で忍術が使えるほどの身体能力を持っている。
性格は生真面目なタイプで、ダンと仲がよく、メインの回も同じく子供達がよく関係してくる。武器は2対の短剣、サーベルダガー。
守護獣は密林を駆け抜けて現れる守護獣サーベルタイガー

メイ/プテラレンジャー
リシア族プリンセス 愛の戦士
年頃の女の子らしく、よく髪型を変える。
武器は伝説の英雄、リシアンテウスの力を受け継ぐ弓、プテラアロー。
リシア族に関係した伝承を持つドーラモンスターがメイン回で出ることが多い。
守護獣は火山の内部から飛び立つ守護獣プテラノドン

ブライ/ドラゴンレンジャー
力の戦士
ヤマト族の黒のナイトの息子で、王の養子に出されたゲキの実の兄。
初登場時は「ヤマト族プリンス」と名乗っていたが、実際はナイトだと思われる。
当初はジュウレンジャーと敵対し、その際は一人で五人を圧倒した。
武器はドラゴンシーザーを呼び出すためにも使う短剣、獣奏剣。
敵対していたときは地獄最強の魔剣だというヘルフリードも使用していた。
5人の共通装備であるレンジャースティックを持たない代わりにドラゴンアーマーを装備している。
守護獣はもっとも大きく力の強い守護獣ドラゴンシーザー
ドラゴンと名に付くが、その体系は獣脚類も連想させる怪獣のような姿をしている。

呼称表

が\にゲキゴウシダンボーイメイブライ
ゲキゴウシダンボーイメイ兄さん
ゴウシゲキダンボーイメイブライ
ダンゲキゴウシボーイメイブライ
ボーイゲキゴウシダンメイブライ
メイゲキゴウシダンボーイブライ
ブライゲキゴウシダンボーイメイ

バンドーラ一味

全員がバンドーラの人柄に惹かれて付いてきているようで内紛などがまったく無く、全員でパーティーや歌ってダンスをするなどとても仲の良い、おそらく世界で一番アットホームな悪の組織。死亡した幹部が一人も存在しないというのも特徴。
普段は月に作ったバンドーラパレスで生活している。

魔女バンドーラ
演:曽我町子
バンドーラ一味を率いる魔女で地獄の大サタンと契約している。
悪の大ボスポジションで子供が大嫌いだが、全体的にコミカルで部下達にはとても優しい。
魔法の杖、ドーラセプターを使いドーラモンスターを巨大化させられる。
巨大化させるものは生死種族を問わず、劇中でもグリフォーザーとラミイは頻繁に巨大化し、子供や妖精、さらにはドラゴンレンジャーまで巨大化させたことがある。

トットパット
吸血蝙蝠の魔物なのだが羽をもっておらず、血を吸ったことも無い。
ブックバックとは凸凹コンビ。

ブックバック
小鬼の魔物でトットパット共々子供に負けるくらい戦闘力は弱い。
少々食意地が張っていて頭が悪い。

グリフォーザー
戦闘担当の黄金色の体色をもつグリフォンの魔物で剣を武器にしている。
時間があるときはよく昼寝している。
中盤で恐竜の卵を奪った功績を認められ、バンドーラに喋れるようにしてもらい、渋い声で少し時代がかった口調で話すようになった。
トットパット、ブックバックとも比較的仲はいい。

プリプリカン
妖精レプラコーンの生まれ。ドーラモンスターは彼の作品の粘土細工から生み出される。
芸術家として誇りを持っていて、少々気難しいところがある。

ラミィ
中盤から登場した新幹部で蠍の魔物。
グリフォーザーの奥さんであり、ラブラブである。
巨大化するとモンスター然としたラミィスコーピオンに姿が変わる。
最終回ではグリフォーザーとの間に子供も生まれ、一味全員から祝福されていた。

ドーラモンスター
怪人に当たるもので、プリプリカンが作り上げた粘土細工を魔法の窯、ネンドーラで焼き上げることで誕生する。
中盤で新たなドキータ粘土という粘土を使用しパワーアップする。
タイタン、スケルトン、アルゴス、ラドゥーン、ナイト、キマイラ、タロスなどファンタジー系のモチーフを持つものが多いという特徴がある。

ゴーレム兵
戦闘員であり上級らしきゴツイタイプとシンプルなタイプの2種類が居る
ジュウレンジャーに倒されても粘土なので破片が集まりすぐに再生するという何気にすごい能力を持っている。
ドキータ粘土製のゴーレムは単体での能力向上に加え、一度倒すと2体に増えて復活するという戦闘員にあるまじきすごい能力がある

ジュウレンジャーの関係者

大獣神
5人の守護獣、ティラノザウルス、ジュウマンモス、トリケラトプス、サーベルタイガー、プテラノドンが合体し、獣戦車ダイノタンカーを経て現れる"神様"である。
普段は5人が操縦しているが自我を持ち、数々の超常的な能力を持っている。
パンチ一発で山を打ち砕く程のパワーを持っており、恐竜剣ゴッドホーンによる超伝説雷光斬りは巨大化したドーラモンスターを一撃で倒すほどの威力を誇る。
5人そろっていないと5守護獣が呼び出せないため合体は出来ないが、操縦は5人そろっていなくても可能。

守護獣ドラゴンシーザー
ドラゴンレンジャーの守護獣であり、獣奏剣から呼び出す。
必殺技はドラゴンハーレー。
初陣では巨大化グリフォーザーとラミイスコーピオンの2体を相手に互角以上に渡り合うほどのパワーを見せていた。
ジュウマンモス、トリケラトプス、サーベルタイガーと合体することで剛龍神に、大獣神と合体することで獣帝大獣神となる。

獣騎神キングブラキオン
沼地で宝箱を守護していた存在。
武器は口からのガイアトロン光弾とテイルキャノン。
体内に保温室を持っており、終盤は体内で恐竜の卵を守っていた。

究極大獣神
全ての守護獣とキングブラブラキオンが合体した形態で大獣神もとい「神」の本来の姿。
かつての戦いで受けたダメージによりその肉体が分離・独立したものが守護獣であり、正確には「合体」ではなく「元の姿に回帰した」姿である。
その力は圧倒的で、ラスボスである大サタンすら一撃の下に粉砕するほどの力を持っている。

不思議仙人バーザ
妖精でありバンドーラが復活したときのためにずっと5人の眠る地下神殿を管理していた。
普段はマンションの管理人をしている。
5人の生活費は地下神殿の宝物を少しずつ換金して捻出しているらしく、5人には小遣いも渡しているが全員1日100円とかなり少ない額である。

命の精霊クロト
大獣神の頼みでブライを蘇らせた。

関連イラスト

恐竜兄弟
もう去年の話ですが



関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 恐竜 ファンタジー
バンドーラ一味
鳥人戦隊ジェットマン→ →五星戦隊ダイレンジャー

マイティ・モーフィン・パワーレンジャー

爆竜戦隊アバレンジャー:同じく恐竜モチーフ。
獣電戦隊キョウリュウジャー:同上
海賊戦隊ゴーカイジャー:第18話で、ドラゴンレンジャーが登場。タイムファイヤー・アバレキラーとともに、伊狩鎧に3戦隊の大いなる力を託した。また、第50話と最終回にゴウシが登場。鎧に宇宙最大の宝を使ってザンギャックを消すよう説得する。
電子戦隊デンジマン 太陽戦隊サンバルカンヘドリアン女王を、バンドーラと同じく曽我町子が演じる。

仮面ライダーOOO仮面ライダーオーズ:同じくメダルで変身するヒーロー繋がり。更に恐竜をモチーフにした形態も登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「恐竜戦隊ジュウレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172040

コメント