ピクシブ百科事典

ヤメタランス

やめたらんす

ヤメタランスとは、帰ってきたウルトラマンに登場した怪獣で・・・やーめた! ・・・ああくそ、こんな事してる場合じゃないんだ・・・!
目次[非表示]

データ

第48話「地球頂きます!」に登場。

  • 別名:なまけ怪獣
  • 身長:20センチメートル - 45メートル(無限に成長する)
  • 体重:20キログラム - 3万トン(無限に増える)
  • 声:市川治

概要

ある日次郎の友達の怠け者少年マサルが拾った、空から落ちてきたカプセルの中に入っていた怪獣。
その怪獣はマサルが寺の境内で落書きに描いた怪獣と瓜二つだった。
その正体は地球侵略を目論む宇宙人ササヒラーに無理やり地球に連れてこられた宇宙生物。
外見もまるでやる気を感じさせない顔つきで名前の由来も「やめた」または「止め足らん」(止め足りない)から来ているものと思われる。

本来は敵意がなく、無線機を介して人間に助けを求めていたが、彼の意志とは関係無く空腹を覚えると手当たり次第に何でも食べてしまう。それにより体が無限に成長するため彼が居座った箇所は地盤沈下していた。
破壊活動の際には黄色いガスをばらまいていた。
さらに彼の体からは人を怠け者にしてしまう放射能(最近では大人の事情からか光線と説明されている)が出ており、浴びた者は顔に黒いソバカスの様なものができ、たちまち「やーめた」と言い放ち怠け者になってしまう。さらに浴びた者の近くにいると伝染病のごとく伝染していくというたちの悪さ。これにより周りの人間はもとよりMATの隊員達も怠け者になってしまう。
ただし、マサルは元来怠け者なので逆に「怠けること」を怠けて一生懸命頑張る性格になり、郷隊員ウルトラマンは完全な効果が出ず何とか自制できた。
戦闘シーンでは怠け効果が発動する度にBGMがスロー再生になるというシュールな場面が展開された。
最終的にウルトラブレスレットの力により体を元の大きさに縮小され、ウルトラマンが宇宙に放り投げた事により、地球を去ることができた。

しかし・・・

千草「ゆるキャラ?」
友也「違います」

ウルトラマンギンガ劇場スペシャル第2弾でまさかの再登場。
ここでも相手を怠けさせる能力を遺憾なく発揮してくれる。
ライブした千草は戸惑ってメタ発言までしてしまった。

闘士ヤメタランス

ウルトラマン超闘士激伝』に登場。一人称は「オデ」でTV版とは別個体。なぜ宇宙一の怠け者怪獣が「激しい鍛錬を積み格闘技達人となった証」である闘士怪獣になれたのかは全くもって不明
宇宙一やる気がある(が実力は十人並)なササヒラーに無理矢理付き従わされ、相打ちになって意識を失ったコダラーシラリーにトドメを差すよう命じられるも、いらんことしたせいで究極魔神シーダの誕生を招いてしまった。
自分が招いた宇宙危機にもかかわらずウルトラ戦士が駆け付ければ「我々の邪魔」とほざき、(なまけ放射能のせいで逃げなくなった)調査団を逃がそうというヤメタランスの願いも「他人の事なんざ知るかバカ!!」と一蹴したササヒラーに遂に堪忍袋の緒が切れ、ササヒラーをボコボコに打ち据えると彼を見限り調査団救助へと向かった。その最中、闘士ウルトラマンジャックのウルトラブレスレットの力により常時垂れ流しのなまけ放射能が制御され、なんとか調査団(および、怠けていた鋼魔四天王)の救助にも成功した。
この尽力が認められてシーダ撃滅後は宇宙テレビ局から表彰を受け、エンペラ星人編では北の銀河で闘士ウルトラセブンの協力に向かっている。

余談

ウルトラ銀河伝説ではベリュドラの胴体を構成する怪獣の1体として確認できるが、周りの怪獣どころかベリュドラ自体が怠けてしまわないか心配になる。そうならなかった辺り、きっとベリアル陛下がレイオニクスの力でうまくコントロールしているのだろう・・・
ちなみに、ウルトラマン列伝でベリアル陛下がヤメタランスを紹介した時は「さすがの俺様でもこいつには近づきたくないな・・・」とコメントしている。

関連タグ

ギジェラ・・・・同じような能力を持つ
モエタランガ - ヤメタランスとは真逆の力を持った宇宙人

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤメタランス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26033

コメント