ピクシブ百科事典

バット星人

ばっとせいじん

バット星人とはウルトラシリーズに登場する宇宙人である。別名は触角宇宙人。
目次[非表示]

概要

帰ってきたウルトラマン』最終話にて初登場

身長2.3m~43m
体重80kg~2万8千t
出身地バット星
CV阪脩

「お前の兄弟が死ぬのも時間の問題だ」

地球のみならずウルトラの星も侵略しようとする邪悪な宇宙人。その名の通りコウモリのような被膜があり、長いを持ち、両腕はのようなになっている。

本編での活躍

バット星連合艦隊を組んでウルトラの星への攻撃準備を進める傍ら、地球で活動するウルトラマンジャックを倒すべく「ウルトラ抹殺計画」を始動し、あの宇宙恐竜ゼットン2代目を伴って地球に侵入した。

まず、ウルトラマンジャックこと郷秀樹友人である次郎とルミ子を誘拐して郷を誘き出し、さらに街に出現させたゼットン二代目MATと戦わせている間にMAT基地を破壊して組織の機能を奪い、そして遂には自身も巨大化してゼットンと共にジャックに戦いを挑んだ。

が…このバット星人、大口を叩いていた割には自身の戦闘能力は大したことなく、これといった武器も持たず攻撃羽交い絞め足払いといった姑息なものばかりで戦闘はほぼゼットンに丸投げ状態だった。しかも肝心のゼットン二代目の方も初代ウルトラマンを圧倒した先代と違ってその攻撃はジャックにはほとんど通用せず、バット星人と二匹がかりでようやく優勢というお粗末なものだった。

最期はウルトラマンジャックのウルトラクロスを貫かれてあっけなく死亡、その直後には2代目ゼットンも倒されてしまった。

ちなみに、ウルトラマンの事は裏切り者呼ばわりしているが、その経緯については後にイラストノベル『ザ・ウルトラマンヒカリ』にて語られた。

レッドマン

121話、123話、126話、127話に登場。着ぐるみは恐らく『帰マン』の流用。
単独で登場した事はなく、他の怪獣と組んでレッドマンと戦った。なお、組んだ怪獣の中には同じくコウモリに似た容姿のドラキュラスがいる。

ザ・ウルトラマンメビウス

『帰マン』以降の顛末を描いたイラストノベル『ザ・ウルトラマンメビウス』によると、あの頃に進めていたバット星連合艦隊によるウルトラの星攻撃計画も宇宙警備隊の奮戦によって失敗したとされた。

それでもバット星人は諦めず今度は大量生産したゼットンの群れを差し向けて再度攻撃を仕掛けたが、こちらもウルトラ兄弟の手でゼットンも全て撃破されてしまったと言われている
この後ウルトラマンAヤプールの陰謀を叩き潰すために地球にやってきた、とあるので、恐らく相当短期決戦で決着はついたのであろう。

なお、その時の戦いで「バット星人はゼットンの養殖にかけては宇宙一」という設定が公表された。
しかし、あの2代目ゼットンの醜態と「パワーを上げすぎて能力バランスが崩れた」という設定、さらに大量養殖されたゼットン軍団の雑魚っぷりも相まってウルトラシリーズのファンからは初代ゼットンを生み出したゼットン星人と比較されて「ゼッ豚ブリーダー」とか「バット星人の養殖物はダメ」といった不名誉なレッテルを貼られてしまった。

バット星人の挑戦 1



だが、『帰マン』放送から約40年後の2012年、そんな汚名を返上するチャンスが訪れる。

ウルトラマンサーガ

バット星人



「さあ、今回もたっぷり怯えてくれ。我がゼットンのために…」

デザインが一新されており、イラストの通り、その姿は小太りコミカルな印象があった先代とは似ても似つかない、頭部のも短めの、甲冑ロボットを思わせるような非常にメカニカルでスタイリッシュなデザインになっており、ハサミのようだった両腕もちゃんと指の生えた人間に近いものとなっている。

最早『帰マン』の奴とは完全に別キャラのようにも見えるが、これでも一応同種族という設定であり、その中でも特に優れたエリート的存在とされている。後述の活躍を鑑みれば納得である。

本編での活躍

その目的は「自ら育てたゼットンの力を使って全ての宇宙に破滅をもたらすとなる」事で、まずウルトラマンの居ない次元の地球である“フューチャーアース”に侵攻、一部の子供(女子供だけを残していたのは、ゼットンの育成に必要な恐怖絶望のエネルギーを効率よく回収するためであった)以外の人間を消滅させてフューチャーアースを完全に制圧してしまった

なお、現代の地球を完全征服できたウルトラ世界の宇宙人はコイツが史上初である。
また、映画の前日譚を描いたオリジナルDVD『キラー・ザ・ビートスター』によると、かつてビートスターや天球のあった宇宙を破滅させたのもこのバット星人であると言われており、かなり大々的な破壊活動を行っていた模様。

制圧した地球を新たなゼットンの育成の養殖場もとい実験場と定めてゼットンのを置き、捕まえたスフィアをゼットンのにしたり、怪獣墓場から連れてきたアーストロンゴメスグビラに生き残った人々を襲わせてそれによって生ずる人間達の絶望恐怖(マイナスエネルギー?)をもゼットンに吸収させてその成長を促してきた。

また、映画でカットされたシーンでは、ハイパーゼットンとは別にスフィアの力を利用し改造した怪獣:怪獣兵器も生み出させ、ウルトラ兄弟と激闘を繰り広げさせた。ベースとなった怪獣はアントラーキングパンドンブラックキングベロクロンタイラントと過去にウルトラ戦士達を苦しめた強豪怪獣であり、首や胸にスフィアの発光器官が着いているのが特徴。ただ、実力を上げたウルトラ兄弟の敵ではなく、ほとんど手こずらせる事なく倒されてしまった。

そこに他の次元から現れたウルトラマンダイナが現れるが、圧倒的な戦闘力でこれを撃破し、力尽きたダイナを石化させる。しかし、ダイナのテレパシーを受けて、M78ワールドからウルトラマンゼロが、そしてコスモスペースからウルトラマンコスモスが現れ、人類たちの決死の作戦によりダイナも復活し、から生まれたハイパーゼットン・ギガントと激突。そのギガントが倒されそうになると宇宙船ごとギガントと融合し、ハイパーゼットン・イマーゴへと進化させ、さらには自らもハイパーゼットンと一体化して3大ウルトラマンに逆襲を仕掛け、一度は彼等を変身不能の状態にまで追い込んだ。

彼等がウルトラマンサーガとして復活を果たしてもなおハイパーゼットンを操ってサーガと互角の戦いを繰り広げるが、人間の策にはまってからは一転不利となり、最後はハイパーゼットンもろともサーガのパンチを受けてバラバラに消し飛び、完全に滅ぼされた。

余談

まるごと映画一本の敵役としてデザインや設定が大幅にリファインされており、先代が果たせなかった地球征服を一時的とはいえ実質的に実現しただけでなく、さらには今まで散々下に見られてきたバット製ゼットンに至っては、初代以上の実力とインパクトを見せつけるなど、もはや名誉挽回を通り越して“ゼットン養殖業者の面目躍如”と言える成果を出している。

一方でハイパーゼットンと融合した際にはハイパーゼットンの能力頼りだった模様で、サーガ登場時に「貴様がどんな姿になった所で私は無敵だ!指一本…」と言おうとした瞬間サーガの不意打ちを食らったり(ヒーローなのに不意打ちなんて卑怯だとか言ってはいけない)、光弾で火球が相殺された時の衝撃でバランスを崩しかけたり(反対にサーガは微動打にもしない)人間側の策に文字通り足元を掬われた際には脱出に手間取ったりと、初代同様戦闘は不慣れに見える場面が目立った(この為互角な勝負ながらサーガ側に全くダメージを負わせられていなかったりする)。

声を演じたのは元宮崎県知事タレント東国原英夫(旧芸名:そのまんま東である。ただし、声のエフェクトが強く、ほとんど東国原氏の声には聞こえない。

ちなみに初期設定では宇宙人ではなく、バット星人を名乗っていた人間マッドサイエンティストだった。その時のデザインはバットマンを思わせるものとなっている。

ウルトラゼロファイト

バット星人 グラシエ


「地球では我が同胞がお世話になりました」

ウルトラマン列伝』内の短編ストーリーである「ウルトラゼロファイト」に登場。
グラシエという名前が付けられている。
詳細は個別記事を参照。

ウルトラマンサーガ ゼロ&ウルトラ兄弟 飛び出す!ハイパーバトル

「ゼットンはいただくよ」

ウルトラマンサーガ』の前日譚に当たる雑誌付録DVDに登場。
上記2つのバット星人の別個体で、過去にウルトラ兄弟を苦しめた強敵怪獣たちを「怪獣兵器」に改造し、初代バット星人同様ウルトラ抹殺計画を遂行しようとしている。

何処かの小惑星でウルトラマンゼロと戦っていたゼットンを回収し、ゼロに自身の目的を伝えた後、怪獣兵器と化したバードンを差し向け、さらにウルトラ戦士のエネルギーを奪う結界のようなフィールド「アンチウルトラフィールド」を張り、去って行った。

この時回収されたゼットンが、『サーガ』に登場した個体の手に渡り、後にハイパーゼットンになったものと考えられる。

声は柴田秀勝が担当。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣 帰ってきたウルトラマン ウルトラマンサーガ
ゼットン ハイパーゼットン ウルトラマンベリアル ダークネスファイブ

pixivに投稿された作品 pixivで「バット星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59200

コメント