ピクシブ百科事典

ゴルーグ

ごるーぐ

ゴルーグとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.623
英語名 Golurk
ぶんるいゴーレムポケモン
タイプ じめん / ゴースト
たかさ 2.8m
おもさ 330.0kg
とくせいてつのこぶし / ぶきよう / ノーガード(PGL)


他言語版の名称

英語 Golurk
イタリア語Golurk
スペイン語Golurk
フランス語Golemastoc
ドイツ語 Golgantes


進化

ゴビット(Lv43)→ゴルーグ

622-623



概要

あらゆる意味でゴーストタイプ…いや、「ポケモン」の概念を打ち破るポケモン。非伝説二足歩行のポケモンの中では最大の身長である。(伝説有りならばルギアもしくはメタ・グラードン)

図鑑ではゴーレムポケモンだが本当にゴーレムなのか疑わしい点が実に多い(ただし、胸のひび割れと留め金はチェコのゴーレム人形をモチーフにしている)。英名は完全にゴローニャにゴーレム感を取られてしまっている。

そのひび割れを抑えている絆創膏のような封印を解くと力が暴走してしまうらしい。実際にどうなるのかはいつかメガシンカという形で見られるかもしれない。
また、ゴーレム自体は泥人形に宿った命であるため、ジュペッタの仲間と言えなくもない……そうは見えないが。

そもそも実体を持たないゴーストタイプのはずなのに体重が330kgもあったり、(見た目の割にはやたら軽い気もするが)
とくこうの低さからまったく活かせないにもかかわらず「はかいこうせん」「れいとうビーム」「ソーラービーム」「チャージビーム」などビーム系の技をやたら覚えたりする。
また、設計者…もとい原画を描いた外国人のスタッフが「空を飛べる」と書いたおかげで「そらをとぶ」を覚える…それだけでも異彩を放つが

ゴルーグのそらをとぶ!


その飛行形態がまさか足を収納してジェット噴射で空を飛ぶという何か生き物としての概念すら吹き飛ばしている。拳も収納可能でこちらからもジェット噴射して飛行時の軌道修正を行う。
しかも足を収納した状態で逆立ちをすることで砲台になることも可能。
ポケモンって何だっけ・・・?


・・・反面、ゴーストタイプのお家芸である豊富な補助技には恵まれていない。

夜のブラックシティでガオー!
ゴルーグのそらをとぶ!!


……どうみてもスーパーロボットです。本当にありがとうございました。
初代からズバットだのゴッドバードだのボルテッカ(ー)だのテッカニンだのやってきたがここまでアレなのはアレである。
…更に言うなら高さ2.8mも色々と意図がありそうである。
はがねタイプがついてないのがこれほど残念なポケモンもそうはいないだろう。
かろうじてかくとうタイプノーマルタイプでんきタイプの技が効かない点にはそれほどまでに堅固な装甲だと割り切れば違和感はない。

をこねて作るというゴーレムの設定を良くも悪くも生かしているが、石像の様にも見える。

ゲームにおける特徴

タイプは初となるじめん・ゴーストタイプ。
だが、前述通りロボットのような外見をしているため、初見でゴルーグ(と進化前のゴビット)が
ゴーストタイプだと気付くのはほぼ不可能である。
ズルズキンコジョンドなどの跳び膝蹴りを盛大に外して痛い目をみたトレーナーも多いことだろう。
オープンゲット!!でもしているのだろうか?

ゴルーグのきあいパンチ!


ステータスは攻撃が最も高く、次いでHPが高い傾向にある。
特に攻撃は初登場時点ではギルガルドダダリンがいなかったため、非伝説のゴーストタイプ最高である124
防御面は平均並の高さだが、素早さと特攻はかなり低い。しかし遅い素早さは「ロックカット」で補う事が可能。
どっちかというとゴーストタイプと言うよりはじめんタイプがメインなかんじのステータス。

特性は「てつのこぶし」と「ぶきよう」と隠し特性の「ノーガード」
最も使われている特性はノーガードと「ばくれつパンチ」を組み合わせたタイプ。カイリキーと殆どやってることは同じでタイプが不一致な分、単純な火力では劣るが自身のタイプが全く違うので出せる相手が変わってくる。ちなみにノーガードだとゴーストダイブのダイブ中にも相手の攻撃があたってしまうという悲しみを背負うことになる。

次点でてつのこぶしを使った三色パンチやアームハンマー等的確に弱点を突いていくタイプが居るが、肝心の主力技である「じしん」に効果が乗らないのと補正込みでも物足りない「シャドーパンチ」なので使用率はノーガードに比べるとかなり低め。折角「シャドーパンチ」に補正が乗るが「ゴーストダイブ」のほうが威力が高いのでこちらを使ってみてもいいかもしれない。
ぶきようについては、使用率が小数点の領域と言うことである。(ちなみにシングル・ダブルだと完全な0になる。)すりかえトリックも覚えないので現状使い道は皆無である。
一応「相手からマイナスアイテムをすりかえられて機能停止」を避けるという超限定的なメリットはある。

技はタイプ一致の「じしん」「ばくれつパンチ」を筆頭に「ストーンエッジ」「れいとうパンチ」「シャドーパンチ」辺りが候補に入るだろう。
補助技には「ロックカット」「ステルスロック」「のろい」なんかが使われている。

そのタイプの組み合わせや覚える技から、かくとうタイプノーマルタイプでんきタイプには滅法強い。
かくとうタイプは格闘技+岩技の範囲の広さが有名だがこのポケモンはその両方に耐性がある為有利に立ちまわることが出来る。とはいえ教え技のれいとうパンチはたきおとすが抜群なので一方的に有利かというとそうでもなかったりもするが。
実戦のみでなくタブンネ狩りの相棒としても結構働いてくれる。

「アームハンマー」と「シャドーパンチ」は「てつのこぶし」の効果適用範囲内であり、アームハンマーはインファイトと同等の凄まじい威力となり、シャドーパンチは補正がかかる事でシャドークローの威力をわずかながらに上回る。ちなみにゴルーグ最強技は「じしん」ではなくてつのこぶしを乗せた「きあいパンチ」である。

さらにさらに、BW2にて教え技が登場し、その中に「てつのこぶし」の有効対象となる「三色パンチ(ほのお、かみなりれいとう)」「ドレインパンチ」があるため、戦力アップに大きくつながることだろう。

夢特性のノーガードは主力技のじしんにはかからないが、自力でも覚えるばくれつパンチや命中率に不安のある「ストーンエッジ」を必中にするできるためなかなか強力。
こちらの攻撃もバンバンあたってしまうが、カイリキーと違いこちらはつのドリルハサミギロチンは無効なのがありがたい。ぜったいれいどじわれは命中してしまうのだが。

一方、欠点は弱点にメジャーが多く、特別硬い訳でもないのでタイプ一致で弱点を突かれるとあっさり落ちてしまう点だろうか。
また、ゴーストタイプならではの補助技も使えず、運用がほぼアタッカー一択なのも辛い。

ちなみにこのポケモンは悪タイプの新技「イカサマ」が致命傷になりかねない数少ない一体。
相手にいばるを使われずとも普通に一撃死も有り得るので注意したい所。

備考

劇場版「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」及び「ビクティニと白き英雄レシラム」では縦横無尽の活躍を見せた。この活躍を描いたイラストには「第三の英雄」というタグがついている。

ポケモンの映画(白)観てきたよ!



加えて、BW2では野生のゴルーグが登場する。あれ程の巨体を持つポケモンが複数でダンジョンを徘徊しているのを想像すると、少しばかり恐怖を覚えるプレイヤーもいる筈。(量産型なのだろうか?)

主な使用トレーナー

シキミ/四天王(イッシュ)

ハヤイヨ!


ヤーコン(PWT)
AZ

関連イラスト

今朝こんな夢見た
きあいだ、きあいだッ!――きあいがあれば何でも(破壊)できる!
ポケフィック・リム



関連する項目

ポケモン一覧 ポケモンBW イッシュ 巨神ゴーグ ファルゼン ギガンテス 鉄人28号 ゴーレム 公式が病気

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 716136

コメント