ピクシブ百科事典

コジョンド

こじょんど

ポケモンBWに登場するモンスター。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.620
イッシュ図鑑第1版 No.126
イッシュ図鑑第2版 No.220
ぶんるい ぶじゅつポケモン
タイプ かくとう
たかさ 1.4m
おもさ 35.5kg
とくせい せいしんりょく / さいせいりょく / すてみ(隠)


他言語版の名称

英語 Mienshao
イタリア語Mienshao
スペイン語Mienshao
フランス語Shaofouine
ドイツ語 Wie-Shu


進化

コジョフー (Lv.50)→ コジョンド

コジョンドとコジョフー



概要

名前の由来はオコジョ+ジークンドーの可能性が高い。

分類上はオコジョだが顔立ちはどことなくキツネっぽい。
カラーリングは冬毛のオコジョがモチーフになっている。その割にはタイプは格闘単体、
折角2刀流可能な種族値なので氷・格闘の複合タイプだったらなおよかったのだが…。

腕の長い体毛を鞭のように振り回して圧倒的な連続攻撃する。
体毛によって腕をリーチを約二倍程にまで伸ばしており、実際の手は垂れ下がってる根本辺りにちょこんとある。
・・・基本的に図鑑では腕の毛部分を武器にするという話なのだが、そういった技は特に覚えず、実質的な必殺技は短い足から放たれる飛び膝蹴りである。

その可愛さと美しさと色っぽさからケモノ界で人気があるポケモンの1匹である。
絵師によってアレやソレが付けられるのは仕方ないね。

こじょぱい


…ちなみに一緒に描かれがちなルカリオゾロアークと違って雄雌比は半々である。

性能面

高速アタッカー寄りの能力で素早さの種族値は105、伝説ポケモンを除けばかくとうタイプの中でに次いで二番目に素早い。
対戦では、それを活かして「ねこだまし」→「とんぼがえり」で戦場をかき乱すタイプが主に使われている。特に「とんぼがえり」は苦手なエスパーを潰せる上、特性の「さいせいりょく」との相性が抜群である。
「みがわり」→「バトンタッチ」を使うタイプも存在しており、
みがわりに使用したHPを「さいせいりょく」で補充しつつ味方に身代わりを引き継げる。

ステータスでは種族値125の物理攻撃力が光る。BWで威力が130に強化された「とびひざげり」が非常に強力。
BW2以降隠し穴による出現で解禁された夢特性の「すてみ」で更に火力が上がる。
特殊攻撃の種族値も95あるため「くさむすび」等を覚えておけば思わぬ場面で役に立つことも。飛び膝蹴りの存在から余り意味はないものの、必中技「はどうだん」も覚える。

ただ、耐久面は物理特殊共に60と低く、等倍の技であっても威力が高いとあっさり落ちることが多い。特性「さいせいりょく」とのコンボも、潰された「きあいのタスキ」の再利用や「みがわり」分のHP補充程度でしかなかったりする。

攻撃範囲もとても広いとは言えない。
「くさむすび」や「はどうだん」などを覚えると上述したが、実を言うと有用な特殊技は本当にこれくらいである(強いてもう一つ挙げるなら「めざめるパワー」か)。そもそも、特攻種族値がそこそこ高いと言っても、ゴウカザルのそれには及ばないので、より高い攻撃に割く努力値を削ってまで二刀にする必要性があるのかという意見もある。

物理技の方も、「ねこだまし」「とんぼがえり」「とびひざげり」などのメイン・サブウェポンが、ゴーストタイプ相手には効かないor効きづらい。特に、「とびひざげり」を喰らわせようと思ったらゴーストタイプに阻まれて逆にHPごっそり持ってかれた、なんてなったら目も当てられない。
ゾロアークとチームを組むとこの欠点はある程度ごまかせるようになり、ゾロアークをコジョンドに化けさせておくと「とびひざげり」対策で相手が繰り出したゴーストタイプやエスパータイプを「あくのはどう」で返り討ちにできる。
もっともこの組合せも「2体とも紙耐久のポケモン」の組み合わせなので、S106以上のポケモンから一致等倍技でゴリ押しされるだけで崩壊する点が難点といえる。
タマゴ技でXYから強化された「はたきおとす」を覚えるのでゴースト・エスパー対策に覚えさせておくのも悪くはない。

ダブルバトル以上でのコジョンドはもう一つの「せいしんりょく」が主流となる。
重要な「ねこだまし」を無効化しつつ、自身もねこだましを撃つ事が出来、猫騙しと優先度が同じ「このゆびとまれ」「いかりのこな」も素早さが高い事からスカーフ持ち以外で猫騙しを吸われるのはワタッコのみでもある。
しかし「まもる」が標準搭載のダブル・トリプルではメインウェポンである飛び膝蹴りが非常に使いにくく、威力の低い「ドレインパンチ」や「けたぐり」に頼らなくてはならない。
この点はインファイトと猫騙しが使えるゴウカザルには劣ると言えるだろう。

全体的に、あともう一歩…な性能(火力は除く)であるコジョンドだが、「禁止伝説解禁戦」では予想外の活躍が期待できる。
単純に多くの禁止伝説より速い格闘ポケモンというのは需要がある存在であり、また重たいポケモンが多い禁止伝説解禁戦では「けたぐり」が威力120になるので上記のデメリットがほぼ解消される。
「せいしんりょく」+「ねこだまし」の他、カイオーガの「しおふき」やグラードンの「じしん」などの強力な全体攻撃を防げる「ワイドガード」や、守るを解除して相方の禁止伝説で殴らせる「フェイント」が使える所が強力な点である。
オフ会のBWGSルールでは既に活躍もしていた記録も残っており、全ポケモン解禁戦となる初のwifi大会のクリスマスカップでは一般ポケモンであるにもかかわらず使用率で10位となった。


主な使用トレーナー

レンブ/四天王(イッシュ)
ベル(トレーナー)
フラダリ

関連イラスト

毛づくろい
コジョンドさん


コジョンド
お手入れ



関連する項目

ポケモン一覧 ポケモンBW イッシュ ゾロアーク
しあわせソウのオコジョさん コジョピー

イタチ系ポケモン仲間
オオタチ マッスグマ ザングース フローゼル スカタンク フタチマル コジョフー

pixivに投稿された作品 pixivで「コジョンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5025452

コメント