ピクシブ百科事典

バンギラス

ばんぎらす

バンギラスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.248
ジョウト図鑑No.246
ホウエン図鑑No.383
和名英語風表記Bangiras
英語名Tyranitar
ぶんるいよろいポケモン
タイプいわ / あく
たかさ2.0m
おもさ202.0kg
とくせいすなおこし / きんちょうかん(隠れ特性)


※すなおこし:天気をすなあらしが ふきあれる状態にする 
※きんちょうかん:戦闘中、相手はきのみを使用できなくなる

進化

ヨーギラスサナギラス(レベル30) → バンギラス(レベル55)

[> ゆめみる ヨーギラス



概要

ポケットモンスター金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は恐らく「バン(<晩成>又は<野蛮>)+ギラ(ギラリ:睨んだ様子を表す擬音語)+(<アンキロサウルス>または恐竜の接尾語に多い<~サウルス>)
またそこに「アンギラス」(ゴジラシリーズの怪獣の名前)をかけていると思われる。

サナギラスLv55で進化することが出来る。
幼体であるヨーギラスが蛹の姿を経て辿り着く正に最終形態である。

辺りの地形を変えるぐらい朝飯前の力持ち。
実際、片腕を動かしただけでを崩し地響きを起こすなど、とてもつもないパワーを秘めている。
その上、周りの事を気にしないふてぶてしい性格しており、自分の住処を作る為山を崩したり、暴れて山が崩れが埋まり地図を書きかえることになるなど甚大な被害を被ることが度々ある。

またパワーだけでなくどんな攻撃を受けてもビクともしない体を持っており、どんどん勝負を仕掛けてくる。山で戦う相手を求めて彷徨う。

第二のカイリューと評され、通称600族と呼ばれるステータスを持ち、そのヴィジュアルと相まって非常に人気の高いポケモンである。
しかし、進化レベルの関係でポケモン公式大会などでは自動的にレベルが調整される「フラットルール」が適用されるまでは、カイリューと同じく使用禁止ポケモンに指定されていた。

インフレの進む現環境に置いてもその凶悪さは健在であり物理アタッカーとしてだけでなく、特殊技や補助技も使いこなし、ルールを問わず強ポケモンとして名を馳せている。
ステータスは元より、特に注目される理由は特性「すなおこし」の存在である。
天候を強制的に「すなあらし」状態にすることによって自身の有利な場を作り出す事が出来る。
「すなあらし」状態で性能が上昇する特性を持ったポケモンを駆使したパーティは「砂嵐パーティ」と呼ばれ、同じ特性を持つカバルドン同様、その起点として採用される事が多い。
特にバンギラスはいわタイプの特権で「すなあらし」状態で特防が1.5倍に上昇するため、数値的には特殊受け特化ポケモンと同等の耐久力を発揮する。この点ではカバルドンを凌ぐと言える。

この「すなおこし」は、まだ特性の概念がなかった第2世代のポケスペの第三章でシルバーがバンギラスを出した瞬間、周りから激しい砂嵐を巻き起こしていたシーンが発祥になっていると思う人が多い。

ちなみに夢特性は「きんちょうかん」だが「すなおこし」が強すぎるので忘れてしまっても問題ない。

その反面、ミニリュウダンバルなどと同じく、典型的な大器晩成型のポケモンでもある。
第1形態のヨーギラスから最終形態であるバンギラスに行き着くまでに、膨大な経験値を必要とされる。

容姿 

その分類名が示す通りを纏ったようなデザインで、怪獣を彷彿とさせる風貌が特徴的なポケモン。
肌は緑色のようにゴツゴツとしており、背中はいくつもの鋭い背鰭で覆われている。そして 目つきは鋭く獰猛さを醸し出している。
体の中心がひし形に開いており、そこからい模様が見える。これは背中にも同様の模様がある。
また首元やひざ部分などに黒い穴が開いてある。
その進化前はサナギラスであるが、そのを破ったというよりは サナギラスの身体に四肢を付けた様に思われる。

色違いは、全身の緑色から薄い配色となり、黄緑に近い色となり、お腹にあるひし形の模様の色が紫色となる。
使用率の高いポケモンでもある為、色違いを見る機会も多い。

ポケモンバトルにおける特徴

ステータス的には素早さに難がある以外は高水準で纏まっており運用方法を選ばない。
一致技を使用する場合は物理型の方が純粋な攻撃力では上回りやすくなっており、パーティに足りない部分を補うなら特殊型の方も技のレパートリーが豊富でタイプに困る事はない。
天候特性持ちでもあり、シングル,ダブル,トリプル,ローテーション,GSルールその他の解禁戦など全てのルールで安定して高い使用率を誇るポケモンである。

主な攻撃技の候補を挙げると、
物理技としては、タイプ一致のストーンエッジかみくだくを主軸として、いわタイプの相性補完にもなるばかぢから(またはけたぐり)等が挙げられる。比較的命中安定かつ2体攻撃のいわなだれもタイプ一致で扱える。
定番のれいとうパンチ」、「ほのおのパンチといった3色パンチも覚える事が出来る。「かみなりパンチ」も覚えるが、効果的な相手がいないので全く使われない。攻撃範囲が被り気味な「じしん」もほとんど使われない。
変わり種では天敵であるヘラクロスビリジオンなどの対策につばめがえしも候補に挙げられる。

特殊技をメインにした構築もでき、タイプ一致のあくのはどうの他、だいもんじ」、「れいとうビーム」、「10まんボルトなどが挙げられる。  

補助技にもりゅうのまい等ステータスを補うものから、でんじはなどの状態異常技まで幅広い。
耐久力も十分に備わっているため苦手なタイプ以外には搦め手での戦法も可能。

先述のように特性の「すなおこし」により、自身もいわタイプなので特防を1.5倍にできる。
努力値・性格などによって上がった分の数値も乗算されるため、耐久調整することでこだわりメガネ持ちラティオスの「りゅうせいぐん」のような最高レベルの決定力を有する攻撃すら2発耐えることが可能である。
さらには、「ちょうのまい」を使ったウルガモスの「むしのさざめき」のような高威力かつ弱点を突かれた攻撃に対しても調整次第で耐える事が出来る。
その他、「すなあらし」自体による継続ダメージによって、「きあいのタスキ」や「がんじょう」によって耐えたポケモンを倒すことが出来るのもうれしい。

相方としてはガブリアスの特性「すながくれ」と非常に相性がよく、「ひかりのこな」を持たせたら一気に害悪ガブの完成である。
・・・むろん、天候を打ち消さない限りは。

優秀な部分が多い半面、致命的な弱点も存在する。

まずいわタイプ故に弱点が非常に多いのが特徴である。
メジャーなサブウェポンであるかくとうタイプが4倍弱点となっており、比較的高めのステータスを持つ相手であれば不一致であっても一撃で沈められてしまう事も少なくない。
体重が重いのも影響し、教え技で多くのポケモンが覚える「けたぐり」等で簡単に突破されてしまう。

また先に大きな利点と記述した特性「すなおこし」も使い勝手に癖がある。
「すなあらし」状態はいわ・じめんはがねタイプ(と一部の特性を持つポケモン)以外には敵味方問わずダメージを与えてしまうため、PT編成には注意が必要である。
とはいえ、ダメージを回避するために無理して上に挙げたようなポケモンばかりでPTを組むと、結果としてPT全体の弱点が被り、バランスの悪いPTになってしまう危険性もある。
実際に強いとされているPTでも、対格闘をクレセリアで補完、超霊が厳しいローブシンの補完…などとした結果、砂ダメージを受けるポケモンのほうが多いPTになるという事も珍しくはない。

また、俗に言う「600族」の中では最も鈍足である。
このことは一見弱点のように思われるが、実はバンギラスというポケモンにとっては利点でもある。
というのも、天候を変化させる特性を有するポケモンが同時に場に出た場合すばやさの低い側の天候変化が採用されるため、「すなあらし」状態をほぼ確実に引き起こすことができるためである。
もちろんトリックルームを利用するPTに採用しても活躍が期待できる。

以上のような弱点を補いながら上手く使いこなせるよう構成を熟考する事が重要と言えるだろう。

ちなみに同じく600族で特性:砂の力のランドロスとは格闘耐性があったり、弱点かぶりが水だけだったりとそこそこ良い組み合わせである。
この組合わせをよく「バンギランド」と略されるのだが、どうにも何かのテーマパークのような名前になるというネタもあり、AAもあったりする。

バンギランド開園



そして、第六世代。
新たにフェアリータイプが弱点になったものの、はがねタイプにあくタイプが等倍になった事が追い風になっただけでなく、さらなる強化も果たした。
そう、メガシンカである。

アニメでのバンギラス

その風貌ゆえか、主に悪役キャラの使用するポケモンとしての登場が多い。
金銀編ではシロガネ山の麓にあるポケモン保護区域で暮らす♀のバンギラスが密漁者に襲われ、当時まだ卵だった自分の子供であるヨーギラスと引き離されたという、人間の被害者として登場している。
このバンギラスは襲われた際に胸にケガをしており、現在でも傷跡が残っている。
その後サトシ達がこのヨーギラスを保護し、ウツギ博士の頼みで母バンギラスの元へ送り届け、無事に再会している。
深い縁があるためか、AGのバトルフロンティア編OPで子供と一緒に登場している。

主な使用ポケモントレーナー 

グリーン / ライバル及びポケモンリーグチャンピオン<第1世代>、ジムリーダー(カントー)<第2世代> 
ヒョウタ / ジムリーダー(シンオウ) 

ガブッ ミシッ



関連イラスト

すなおこし
ギラス一家



関連タグ

ポケモン一覧 いわタイプ あくタイプ
バンギラスグリーン 金銀リメイク祝賀祭 HGSS  
アンギラス 600族 厨ポケ

pixivに投稿された作品 pixivで「バンギラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1159787

コメント