ピクシブ百科事典

フカマル

ふかまる

りくザメポケモン。図鑑番号443。ドラゴン・じめんタイプ。とくせい「すながくれ」。
目次[非表示]

フカマルとは、ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクターモンスター)である。

【企画】フカマル【みんなで図鑑コンプ】


基礎データ

全国図鑑No.443
ぶんるいりくザメポケモン
タイプドラゴン / じめん
たかさ0.7m
おもさ20.5kg
とくせいすながくれ / さめはだ(夢特性)


※すながくれ:天候が「すなあらし」の時、相手の技の命中率に0.8倍の補正がかかる(バトル時)
      :手持ちの先頭にいるとフィールドの天候がすなあらしの時野生のポケモンと会いにくくなる(フィールド時)
※さめはだ:直接攻撃を受けた時、相手のHPを1/8減らす。

他言語版の名称

英語 Gible
イタリア語Gible
スペイン語Gible
フランス語Griknot
ドイツ語 Kaumalat


進化

フカマル → ガバイト(Lv.24) → ガブリアス(Lv.48)

終わりにしたい葛藤



容姿

丸っこい体型をした鮫のようなポケモン。体色は色で、腹部のみみを帯びた色をしている。
外見上はほとんど鮫の頭部だけの体に、手足が付けられたような極端なデフォルメがされている。
鋭いが生え揃った大型の口を持つ。口は体のサイズと比較してかなりの大きさである。
頭部には撞木鮫(シュモクザメ)のような突起が、左右対称についている。
手と足の指の数はそれぞれ3本ずつである。

の違いがあり、背鰭に切り込みがあるのが"雄"、切り込みがないのが"雌"。公式絵は雌だが、イラストとして多いのは雄。

色違いは、より鮮やかな青い体色になる。

概要

『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』(第4世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「フカ(鱶<ふか>:の別名)+マル(丸:~丸]といったように
船名などに用いられる接尾語)」

元来は熱帯の土地に生息していたが、寒さを避ける為に現在は主に
地熱で暖かい洞窟の中に生息している。
ねぐらとしている洞窟に獲物が近付くと、洞窟から素早く飛び出して
大口で相手に噛み付いてしまう。
ただし、大口を使った攻撃は威力こそ十分だが、まだうまく戦えず、却って
自分の体を傷付けてしまうことがある。

図鑑説明の暖かい土地に住んでいたが寒冷化により生息場所を移したという、
古代生物を連想させる設定を持つ。特にシンオウ地方は気候が涼しい為か
伝説ポケモンを除くと野生出現するダイパ時点の新ドラゴンタイプのポケモンは
この系統しか存在しない。
ドラゴンタイプなのに何故シュモクザメがモチーフになっているのは、古くから日本では
鮫の事をワニと呼ばれておりそこからワニ→爬虫類=ドラゴンのイメージが付き設定されたのだと思われる。

ゲーム上における特徴

「こうげき」がそこそこ高い以外は、これといって目立った点はない。
タイプ一致技を自力で覚えるのはかなり後の方になってくる。
その為、ストーリー進行の為に捕獲する場合以外は、「タマゴわざ」や「わざマシン」等で、
強力な技を覚えさせてからの方が、育成面で楽がしやすくなる。

『ダイヤモンド・パール』では、野生のフカマルの捕獲には少し苦労する。
野生のフカマルが出現する場所は、マップ上では見ることの出来ない入り口から入る
「まよいのどうくつ」の地下にしか登場しない。
(『プラチナ』では岩が撤去されてかいりきが不要になったため、入り口の場所さえ分かれば序盤からフカマルを使うことが出来るようになった)
但し出現率は低くは無く捕獲率が低い訳ではないのでゲット自体は難しくない。ただ捨て身技も使ってくるので、自滅には注意。

『ポケモンレンジャー バトナージ』ではパートナーポケモンのひとりとして登場している。

アニメ

アニメでは、3匹のフカマルが登場している。

1匹目はDP145話で登場。スイレンタウンへの道すがら遭遇した個体。
カズナリがサトシとの争奪戦の末捕獲。

2匹目はDP156話で登場。りゅうせいぐんの教え手「タツばあさん」の家に立ち寄ったときに遭遇した個体。
タツばあさんが「りゅうせいぐん」をドラゴンポケモンに教えていることから、見よう見まねで「りゅうせいぐん」を使う。
だがきちんと教わっていないためか未完成で、ただの「りゅうせい」(打ち出した玉が四方に飛び散らずそのまま落下してくる)になることが殆ど。
その「りゅうせい」の追加効果(?)としてヒカリポッチャマへホーミングしてほぼ確実命中してしまう。
この流星に付いてはトゲキッスがフカマルに注意しているが、彼曰く悪気は無いらしい
また作中ではこれを使い、はぐれてしまったポッチャマの居場所を突き止めたり、メタモンが変身したポッチャマとの区別のために使用された。
サトシと一緒に技の練習をした時は上手く「りゅうせいぐん」になったため、それをキッカケとしたのか、自らサトシを追いかけた。

続くDP157話でサトシがジュンとの争奪戦の末捕獲した。性別は♂と思われる。こちらも声優は阪口大助。

ちなみに、サトシおよび歴代のレギュラーキャラがゲットしたポケモンの中では、
初のドラゴンタイプを持ったポケモンである。

非常にマイペースな性格でタケシ曰く「何を考えてるのか皆目見当がつかない。」
初期のナエトルみたいにかみつくクセがあり、ポケモンや人間はもちろん、
ジュン自転車モンスターボールと言った金属にまで噛み付き、果ては食べてしまうこともある。
しかも、ロケット団の造った巨大メカを食べてしまったり、ゴムだけは残すなど、
どこか、Dr.スランプ則巻ガジラを彷彿させる。
サトシはこの何にでもかみつくクセを、相手の技にかみつかせて封じてしまうなどに利用したことがある。

その後シンオウリーグのコウヘイ戦でようやく完成し、サトシを準々決勝へと導いた。
「りゅうのはどう」も使えるが、1発撃った直後に少しの間動けなくなるため、まだ使い慣れてないようだ。
この二つのほか「あなをほる」と「いわくだき」を覚えている。

3匹目はBWシーズン2特別編2で登場。野生のエアームドに運ばれて、どこかから(と言ってもソウルシルバーでは45番道路に生息しているので近傍なのだろう)フスベシティに来てしまった個体。
街で暴れていたが最終的にはアイリスが捕獲する。こちらは尾びれの切れ込みがしっかり確認出来るので性別は♂で間違いない。声優は古島清孝

主な使用ポケモントレーナー

サトシ
アイリス

関連イラスト

ふかまる
フカマル


zzz
フカマル愛が深まる




関連タグ

ポケモン一覧 じめんタイプ ドラゴンタイプ  
ポケモン DPt  シュモクザメ ゲオザーク

鮫系ポケモンの仲間
サメハダー

pixivに投稿された作品 pixivで「フカマル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 427323

コメント