ピクシブ百科事典

キバゴ

きばご

キバゴとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

名前の由来は恐らく「キバ(<きば>)+(<あご>)」

基礎データ

ずかんNo.610
英語名Axew
ぶんるいキバポケモン
タイプドラゴン
たかさ0.6m
おもさ18.0kg
とくせいとうそうしん/かたやぶり/きんちょうかん(夢特性)


※とうそうしん:性別が同じ相手に対しては技の威力が1.25倍に上がる。違う性別の相手だと技の威力が0.75倍に下がる。性別不明の相手の場合は変わらない。

※かたやぶり:相手の特性の影響を受けずに技を出すことが出来る。ただし、攻撃後に効果のある特性には効かない。

※きんちょうかん:相手はきのみを使えなくなる。

進化

キバゴオノンドオノノクス

無題



容姿

頭の鶏冠(とさか)が特徴的なポケモン。体は小さめで四足歩行のようだが、
後ろ脚で立っている。口にはキバポケモンと言われる通りの2本の立派な牙を生やしている。
頭部は、特徴的なM字の生え際のように模様から鶏冠が生えている。
眼の周りにはパンダのような模様となっている。
首周りを丸く巻くようにマフラーのようなものがある。

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場するポケモン。

ダブルチョップという名のドラゴンタイプの新技を使用する。
今までの非伝説のドラゴンタイプ同様に進化する。
最終進化形態はオノノクスで、初の純粋ドラゴンタイプである。

アニメのキバゴ

アイリスのキバゴ


CV: 津田美波

BW編のヒロイン・アイリスのパートナー。性別は♂。
モンスターボールではなく、アイリスの髪の中にいる。彼女がサトシと出会ったのも、髪の中にいたキバゴにサトシのポケモン図鑑が反応したことがきっかけ。

故郷の「竜の里」のオババ様が、立派なオノノクスに育て上げるようアイリスに授けた。強くなりたいという思いが強いようで、自分が進化する夢をみるほど。

ポケモンたちの中では最年少だったが、サトシがもらったタマゴからズルッグが生まれたことでお兄さんとなり、実力も拮抗していることから、バトルの特訓相手となっている。今ではすっかり仲良しで、同55話で出会ったゴチムがズルッグを気に入って交換を持ちかけた時には、夢でうなされたほど。

初期はまだ生まれて間もなかったようで、「ひっかく」と「りゅうのいかり」しか覚えていなかった。後者に関しては未完成で上手く発動できず、相手にあたるどころか、キバゴを中心とした数メートルほどで爆発を起こすだけだった(デントからは「りゅうのくしゃみ」と喩えられた)。
旅の中でバトルや特訓を重ねることで実力をつけていき、同27話でついに「りゅうのいかり」を完成させる。そのことでズルッグより少し強くなったようだが、ズルッグの方も「とびひざげり」を覚え、再び実力が並んでいる。

同39話~42話で行われたドンバトルで実戦デビュー。ルークゴビットと対決し、「ひっかく」も「りゅうのいかり」も通じずピンチに陥るが、土壇場で「げきりん」を習得。見事逆転勝利を飾った。

BW2編1話ではシロナガブリアスとバトル。ボロボロになりながらもやる気を見せ、「ギガインパクト」を習得しガブリアスに一撃を入れた。

使用技は「ひっかく」「りゅうのいかり」「げきりん」「ギガインパクト」。

主な使用ポケモントレーナー

アイリス / アニメ版の登場人物

ゲーム版のイッシュ地方では使い手がほとんどいない。
BW2ではシャガとアイリスの家にキバゴが一匹いる。

関連イラスト

連れ歩きキバゴ前向き
アイリスとキバゴ



関連タグ

ポケモン一覧 ドラゴンタイプ
ポケモン ポケモンBW BW

pixivに投稿された作品 pixivで「キバゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1127170

コメント