ピクシブ百科事典

キュウコン

きゅうこん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(ポケモン)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.038
ぶんるいきつねポケモン
タイプほのお
たかさ1.1m
おもさ19.9kg
とくせいもらいび / ひでり(隠れ特性)

※もらいび…ほのおタイプの技を受けると無効化し、その後に自分が使用するほのおタイプの技の威力が1.5倍。
※ひでり…場に出てから5ターンの間、日差しが強くなる。

他言語版の名称

英語Ninetales
イタリア語Ninetales
スペイン語Ninetales
フランス語Feunard
ドイツ語Vulnona


進化

ロコンキュウコン(ほのおのいし)

【イラリク】ころん【かぐや様】



名前

名前の由来は恐らく「キュウ(数字の9)コン(キツネの鳴き声)
当然球根ではない。同名のどうぐ「きゅうこん」が存在するが。
英語名のNinetalesもNine-Tails(九尾)とTale(言い伝え、物語)とをうまく掛け合わせたネーミングとなっている。

特徴

初登場はポケットモンスター赤・緑』(第一世代)。
ロコンに「ほのおのいし」を与えることで進化する。
金色の毛並みと九本の尻尾、赤い眼を持った狐の姿を取る。モデルは「九尾の狐」。
忘れられがちだがそれぞれの尻尾の先端は若干色が濃くなっている。

非常に知能が高い一方で執念深い一面があり、神通力が宿っているといわれる九つに分かれた尻尾をふざけてつかんだ者は1000年もの間祟られるという。
赤い瞳で相手の心を自在に操ったり、9人の聖なる力を持った仙人が合体してキュウコンが生まれたという逸話が残されている。

ゲーム上での特徴

HP73攻撃76防御75
素早さ100特攻81特防100


攻撃能力こそ並程度であるものの、妖怪の九尾をモチーフにしているためか本当はゴーストタイプなんじゃないかと疑いたくなるほど補助技のバリエーションが豊富。
扱いは少し難しいものの、上手く立ち回らせてやれば文字通り化けるタイプ。
攻撃技の方も意外に器用で「じんつうりき」や「あくのはどう」、「エナジーボール」などを覚える。
このトリッキーな性能とシンプルで美しい容姿故、熱心なファンが多いポケモン。

そして第5世代で手に入れた隠れ特性はなんとひでり
あのグラードンと同じ特性を手に入れてしまった。
しかもキュウコン自身の攻撃力強化、弱点のみずタイプ半減、サブウェポンとして溜め無しでの「ソーラービーム」と、グラードンよりメリットが多い。
隠れ特性とはいえ、通常ポケの方が禁止級よりうまく使いこなしているというのは何という皮肉だろうか…。
にほんばれ」と違い、(第五世代までだが)5ターンで天候が戻らない利点が良い。素早さが比較的速い分、せっかく「ひざしがつよい」状態にしても他の天候を変えるポケモンが同時に出た場合、その天候に上書きされる可能性がある。

余談だが色違いは毛並みが銀色(青白)。リザードンポニータなどと並び、色違いポケモンの中でも特に人気が高い種でもある。

039



実は、pixivではピカチュウを差し置き、一番最初にイラストが投稿されたポケモンだったりする。(しかし作者は「某ゲームキャラ」と表記し、「ポケモン」および「キュウコン」タグも後付されたものになっている。)

なお、最近炎タイプな狐の後輩が登場した。
こっちは東洋の狐でメスが多めなのに対し、あちらは西洋の魔女ながらオスが多めである。

リージョンフォーム

アローラキュウコン


基礎データ

タイプこおり/フェアリー
たかさ1.1m
おもさ19.9kg
とくせいゆきがくれ / ゆきふらし(隠れ特性)

「ポケモンSM」から登場する、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたキュウコンの姿。
アローラキュウコン

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

神成る獣
playing cards


ポケモン最古絵。

九尾狐。



関連タグ

ポケモン一覧 ほのおタイプ こおりタイプ
ポケモン 九尾の狐
最古シリーズ
天候パの要たち
ひでりグラードン キュウコン コータス メガリザードンY
あめふらしカイオーガ ニョロトノ ペリッパー
すなおこしバンギラス カバルドン ギガイアス
ゆきふらしユキノオー バイバニラ アマルルガ アローラキュウコン
その他
八雲藍 九喇嘛

pixivに投稿された作品 pixivで「キュウコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2484091

コメント