ピクシブ百科事典

バオッキー

ばおっきー

バオッキーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.514
英語名Simisear
和名英語風表記(Baokkie)
ぶんるいひのこポケモン
タイプほのお
たかさ1.0m
おもさ28.0kg
とくせいくいしんぼう / もうか(夢特性)


※くいしんぼう:「HP」がかなり減ってから使う「きのみ」をもっと早くに使う。
※もうか:自分の最大HPが3分の1以下になると、ほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる。

進化

バオップ → バオッキー(『ほのおのいし』使用)

バオップとバオッキー



容姿

のような姿をしたポケモン。進化して全体的に大きくなった。
頭部の毛は進化前が一つののようなであったが、
進化したことでいくつもの火のような毛になった。
尻尾も大きなのような尻尾になった。両肩には、
白いフサフサの毛が生えた。
なお、相変わらずジト目をしている。

概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「バオ(爆の中国語読み)+キー(モンキー<monkey>:猿の意味または<>)」
バオップアイテム「ほのおのいし」を使うと進化することが出来る。

「ひのこポケモン」の名が示すように、体の炎を燃やして頭や尻尾から火の粉をまき散らせて敵を
焦がす。また甘い物が大好物でそれが体内の炎を燃やすエネルギーになる。

ストーリー進行において、バオップ同様の活躍をしてくれる。
ただ、このポケモンが手に入ろうとした時、同じタイプである
ヒヒダルマも手に入る頃であり、同じタイプということで役割が被ってしまい、たびたび比較される。

ヒヒダルマの進化条件がLvアップで進化するのに対して、
バオッキーの進化条件はやや貴重な「ほのおのいし」を使用するので、
二の足を踏みがちになる。

進化前で比べてもある程度レベルが上がっていないと威力僅か"30"の「やきつくす」のみのバオップと、
特性「はりきり」での多少の命中不安があるものの、捕まえた時点で威力"65"の「ほのおのキバ」、
少し上がれば"75"の「ほのおのパンチ」を覚えるダルマッカとの差もある。

バオッキー自体も悪くは無いのだが、貴重な進化の石を使わずともさらに強力なヒヒダルマが選ばれやすい。
こんなせいか2016年に行われたポケモン総選挙では堂々最下位であった。しかし、0票ではなかったことが明らかにされた。そのため720匹すべてに票が入っているといえるだろう。

夜道


育成について

このポケモンも他の石進化組同様、進化したことで進化前の技を覚えられなくなる為、進化させるタイミングを見図る必要がある。

進化したことで全体的にステータスは底上げされた。特に「すばやさ」の種族値"101"を筆頭に、
「こうげき」・「とくこう」の種族値は共に"98"となり、物理、特殊、又は両刀アタッカーにもなることが出来る。
(シナリオ上で扱う場合でのメリットとなるのがこれでもある)

しかし、シナリオ上だとヒヒダルマと比べられては微妙視されているのは先に述べたが、全国図鑑になると完全上位互換のステータスを持つゴウカザルというポケモンがいるので、他の二猿と比べ対戦での人気がいま一つ出そうにないのも事実。
技も強力な物は大半がゴウカザルが持っているので非常に厳しい。
炎単で二刀をやるにはやはりほしいフレアドライブが習得不可能なのは痛い。

一応、ゴウカザルに出来ない技では「かみくだく」「あくび」「しっぺがえし」「ドわすれ」など。
「あくび」はヒヤッキーヤナッキーと同期の仲間が覚えず、
「かみくだく」は格闘持ちのゴウカザルでは相手にし難いエスパータイプに対しては
格闘の無いバオッキーは撃ちやすいので差別化のカギとなると思われる。

関連イラスト

すきすきバオッキー
お母さんに、



関連タグ

ポケモン一覧 ほのおタイプ
ヤナッキー ヒヤッキー 三猿
ポケモン ポケモンBW

pixivに投稿された作品 pixivで「バオッキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362187

コメント