ピクシブ百科事典

ポケモンコロシアム

ぽけもんころしあむ

ポケモンコロシアムとは、『ポケットモンスター』シリーズの派生作品のひとつ。
目次[非表示]

概要

ポケモンコロシアムは、2003年11月21日に発売されたニンテンドーゲームキューブ用ソフト。
開発はジニアス・ソノリティ。
第三世代の作品で、RSEFRLGと通信することができる。
『シナリオモード』『対戦モード』の2つのモードがあり、対戦モードは実質ポケモンスタジアムシリーズの後継モードとなっている。
本項では主にシナリオモードについて説明する。

後に続編として『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』が発売された。
本作より5年後のオーレ地方が舞台であるが、主人公は異なる。

本作(シナリオモード)の特色

本編ではなく派生作品のため、RPGでありながらも本編とは毛色の異なる作品となっている。

舞台設定や世界観

本作の舞台オーレ地方は、カントーホウエンから遠く離れた砂漠に囲まれた土地で、野生ポケモンが一切出現しない。
町や施設間の移動はバイクで行われ、探索することはできない。
(※オーレ地方の詳細については、オーレ地方の項を参照)

本作はシリーズ本編とは違い、殿堂入りを目的としない(ジムやリーグは存在しない)。
従来とはゲームの雰囲気が異なり、他の作品よりアダルティである。
キャラクターデザインはヒロモト森一
主人公は従来より若干年齢が高く、17歳くらいとされている。ストーリー開始直後からポケモン窃盗団『スナッチ団』からスナッチマシンを盗み、さらにそのアジトを爆破する、トンデモ主人公である。
ダークポケモンを見分けることが出来る少女が、ストーリー序盤で仲間になる。
主人公のデフォルトネームは『レオ』(他にはユータ、タツキ)。
パートナーのデフォルトネームは『ミレイ』(他にはアニー、チハル)。

バトル

野生ポケモンが出現しないため、プレイヤーは旅先で出会うトレーナーとのバトルでポケモンを鍛えていく。
プレイヤーは始めからエーフィブラッキーを連れており、基本的にダブルバトルでゲームが進行する。
野生ポケモン戦がないため『にげる』コマンドが存在せず、代わりに『よびかける』ことができる。『よびかける』は通常のポケモンには効果がなく、ダークポケモンのハイパー状態を戻すための行動だが、スナッチ時のターン調整に使われることも多い。

ダークポケモン

本作最大の特徴は、人工的にココロを閉ざされ戦闘マシンにされた『ダークポケモン』である。
専用わざ『ダークラッシュ』を使う、ハイパー状態(特有の特殊状態)になる、レベルアップ・進化ができないなどの特徴を持つ。
敵トレーナーからダークポケモンを奪い返し(スナッチ)、バトルなどを経てココロを開き、普通のポケモンに戻す(リライブ)という作業を繰り返しながら、悪の組織『シャドー』を倒すことを目的とする。

リライブセレモニー

リライブゲージ(ココロの開き具合)がMAXになったダークポケモンのココロを開放し、元に戻す儀式。ゲージにはいくつかの段階があり、

貯まったゲージ状態
0スナッチ直後
11つ目の技が解放
2性格がわかり、経験値がたまるようになる
32つ目の技が解放
43つ目の技が解放
5セレモニーが可能になる
リライブが完了すると経験値やナショナルリボン、そしてダークラッシュが無くなり4つ目の技が解放されるといった恩恵を受ける。これは、儀式を行うほこらにセレビィの時の力が込められていて、そのポケモンの楽しかった思い出を呼び起こすことでココロを開くという。また、「ときのふえ」を使えばセレビィが出現してゲージに関係なくリライブセレモニーが行える。

関連イラスト

ポケモンコロシアム
POKeMON COLOSSEUM



関連タグ

ポケモン ポケモンXD オーレ地方

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンコロシアム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499944

コメント