ピクシブ百科事典

りゅうせいぐん

りゅうせいぐん

りゅうせいぐんとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するわざの一種。
目次[非表示]

技プロフィール

■バトル用■

初出第4世代
タイプドラゴン 
ぶんるい特殊
いりょく140(第5世代まで)→130(第6世代)
めいちゅう90
PP5
直接×
範囲単体 
英語名Draco Meteor
備考自分の「とくこう」が2段階下がる

概要

『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』(第4世代)から初登場したわざ。
「おしえわざ」でのみ覚えることが出来る。
よく漢字表記を流星群とされる事があるが、実際の表記は星群」とされている。
ちなみに、かつてコロコロコミックでドラゴンタイプの新技として募集されていた。
投稿されたときは「炎の竜が相手に襲い掛かる技」となっていたが、ゲームでは隕石が落ちてくるように変更されている。

ドラゴンタイプのポケモンならどのポケモンでも覚える事が出来る。
わざ自体の威力が非常に高く、さらにはがねタイプ以外のポケモンには等倍以上の広い範囲でダメージを与えられる(第5世代以前)ので、ドラゴンタイプの特殊アタッカーには必ずと言っていい程採用されている。

その強力さから第四・第五世代を風靡したわざ。公式戦・非公式戦問わず「りゅうせいぐん」祭りが開催されたといっても過言ではない。第四、第五世代で鋼タイプがパーティに必須レベルになった原因の一端。

特に有名なのは、この技の威力を1.5倍にする「こだわりメガネ」「ドラゴンジュエル」を所持したラティオスの「りゅうせいぐん」である。
早い話が一致等倍140技、特攻種族値130、眼鏡持ちの火力が素早さ種族値110の速さで飛んでくるわけである。ある程度耐久力の高いポケモンでなければ1発耐えることすらできない程の超ド級のダメージを与えられる。ラティオスより素早くも、りゅうせいぐんを受けきる耐久力も持たない多くのポケモンは、この技の前に為す術も無くやられるしかない。

ラティオスに限らず、その他サザンドラボーマンダなどの特攻の能力値にすぐれたドラゴンタイプにとっても勿論強力な攻撃手段であり、
禁止伝説のパルキアレシラムとなればラティオス以上に恐ろしいダメージを与えられる。

デメリットとしては、使用後「とくこう」が2段階下がる(=威力半減)ことと、命中が90なのでたまに外すことが挙げられる。
ただ、能力が低下するといっても元の威力が大きいため、もう一発くらいなら十分なダメージを狙える。2発分の威力は210(140+70)相当である。こだわりメガネ持ちの場合なら、耐えたポケモンをそのまま処理することも可能。
相手を倒した後(あるいは、大ダメージを与えて負担をかけた後)に控えと入れ替え(撃ち逃げ)るものと割り切ればいいという話である。

特殊技のこちらと対になるドラゴン物理技のげきりん(威力120 2〜3ターン行動固定)と比べると、

  • 能力が下がるのでこの技だけでnタテする(倒し続ける)事は出来ない
  • 撃った後も交代、別の技を選択できる
  • 攻撃する相手を自由に選べる(ダブル、トリプル)
といった違いがある。
この違いから、げきりんを使用する物理型でもサブウェポンとして使われることがままある。げきりん自体のデメリットのために不用意に使うにはリスクが大きいこと、
りゅうせいぐんの元の技威力が高いので特攻のパラメータがそれほど高くなくても
それなりの効果が出ること、物理受けに対する役割破壊などがその理由として挙げられる。


第6世代からは全体的にわざのインフレを抑えるように調整された為、このわざは威力が140から130に変更された。
またドラゴン無効のフェアリータイプが追加されたため、気兼ねなくメガネ竜星群ぶっぱというわけにはいかなくなった。
しかし無効化された場合は特攻ダウンの追加効果も起こらないため、こだわりメガネ持ちでないならそのまま戦闘を続けることも可能。
また、急所ランク変更による急所確定戦法が可能になった事で、しっかりお膳立てをすればとくこう低下を気にする事なくりゅうせいぐんを連発する事もできるようになった(急所に当たった時は能力ダウン補正が無視される)
なんにせよ、依然強力な技であることには変わりない。


余談だが、同名の技はポケモンより先に「ロックマンエグゼ」シリーズに登場している。技名の投稿者からは確認できないが、元ネタと考えても通じるかもしれない。
そちらの表記はカタカナの「リュウセイグン」で、炎タイプの広範囲攻撃(多点連続)になる。

りゅうせいぐんの威力順

というより特攻種族値順に掲載する。

ホワイトキュレム【禁止級】(170)>パルキア【禁止級】、ディアルガ【禁止級】、レシラム【禁止級】(150)>

キュレム【禁止級】、ラティオス(130)>サザンドラ(125)>

ブラックキュレム【禁止級】、ギラティナ・オリジンフォルム【禁止級】ゼクロム【禁止級】(120)>ボーマンダラティアスヌメルゴン(110)>

ギラティナ・アナザーフォルム【禁止級】、カイリュー(100)>ドラミドロオンバーン(97)>キングドラ(95)>ガブリアスフライゴン(80)>

チルタリスハクリュー(70)>ガチゴラス(69)>オノノクスクリムガン(60)

アニメ

サトシフカマルや、シロナガブリアスなどが使用。
サトシのフカマルは野生の頃、タツ婆さんがトレーナーから預かったドラゴンポケモンに覚えさせようとしていたところを見よう見まねで練習していたのが習得のキッカケ。
だが難しい技なので上手く発動できず、打ち上げても隕石状にはならずに打ち上げたものがそのまま落ちてくると言う状態だった(単発のため、作中では「りゅうせい」と呼ばれた)。
どういうわけかこの「りゅうせい」、ヒカリポッチャマばかりに当たってしまうという事態が続いていた(逃げてもホーミング機能があるのか、確実にポッチャマに当たっていく)。
その後シンオウリーグのコウヘイ戦にてようやく完成させることができた。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ドラゴンタイプ
流星 隕石 メテオ シューティングスター
オーバーヒート リーフストーム サイコブースト ばかぢから インファイト
マンダのりゅうせいぐんはつよい

pixivに投稿された作品 pixivで「りゅうせいぐん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34353

コメント