ピクシブ百科事典

ジャローダ

じゃろーだ

ジャローダとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.497
イッシュ図鑑 No.003
英語名 Serperior
ぶんるい ロイヤルポケモン
タイプ くさ
たかさ 3.3m
おもさ 63.0kg
とくせい しんりょく / あまのじゃく(隠れ特性)


進化

ツタージャ(Lv.17) → ジャノビー(Lv.36) → ジャローダ

みんなでとぐろ



容姿

脚がなくなり蛇らしい体型に大きく変化。胴体に黄色い唐草模様が入り、高い襟のようなヒレが付くなど、王族らしい高貴さを漂わせるようになった。睥睨するような鋭く冷たい目つきが特徴的。

手もなくなったように見えるが、ちゃんと残っている。垂れている葉っぱが「手」である(「ポケモンミュージカル」では腕にグッズを持たせることが可能)。

ジャローダのあれ



概要

ツタージャの最終進化ポケモン。初登場は第5世代(「ブラック・ホワイト」)。
名前の由来は「ジャノビー」と同様に「蛇(ジャ)の道(ロード、英:Road)は蛇(ダ)」と思われる。更にその外見から「ロード」に「Lord(英語で貴族、卿)」の意味も掛かっていると思われる。

ゲームにおける特徴

どちらかというと動きが早いイメージにも関わらずそれを反映させたものがいなかったヘビポケモン(最速でもアーボックの80)の中では屈指の「すばやさ」を持つ。御三家ではゲッコウガジュカインに次いで3番目に高い「すばやさ」を誇るが、全体的には耐久寄りのステータスとなっている。

技もくさタイプの宿命か変化技を多く覚え、状態異常技は少ないものの「やどりぎのタネ」「ひかりのかべ」「いえき」「へびにらみ」「ちょうはつ」などを揃えられる。
それ故に持久戦やサポートの方が得意で、「みがわり」と「やどりぎのタネ」を併用したいわゆる「みがやど型」や、「へびにらみ」を活かした麻痺撒きサポートをこなすことができる。
また積み技が地味に優秀で、蛇らしい「とぐろをまく」や「つるぎのまい」「めいそう」「せいちょう」を覚えられ、物理特殊どちらでも攻めることができる。
攻撃技は草技以外貧相だったが、教え技で「アクアテール」「アイアンテール(タマゴ技でもある)」「りゅうのはどう」「げきりん」「はたきおとす」などを習得することができ、多少改善された。

だが現在では隠れ特性あまのじゃくの方が有名であろう。
能力の上昇、下降が逆転するというとんでもない特性で、この特性で「リーフストーム」を使うと「とくこう」が2段階も上がる。
威力130の超火力が次のターンには半減どころか倍の威力で襲いかかると言ったら恐ろしさが分かるだろうか。
しかもジャローダは変化技が優秀である。よって「リーフストーム」を軸に「へびにらみ」「ひかりのかべ」のサポート、「こうごうせい」の回復を巧みに織り交ぜて、相手に合わせて自在に戦うことができる。
登場した第5世代では未解禁だったが、2015年に晴れて解禁。現在イッシュ御三家でぶっちぎりの対戦使用率を誇っている。
ただし、「リーフストーム」以外の特性とのシナジーがほぼない。積み技とは一切組み合わせられない他、攻撃技も「めざめるパワー」がなければ「リーフストーム」一本になりがちなのが難点。又、攻撃面の能力はそこまで高くないので実際は1回の特攻2段階でやっとマトモな威力が出せる程度。なので、基本はへびにらみなどのサポートで動きを封じながらのリーフストームでゴリ押し戦法が主になる。

主な使用キャラ

チェレン / ミジュマルを選んだ場合
ベル / ポカブを選んだ場合
デント / ポケモンBW2 PWTワールドリーダーズトーナメントで使用
モトナリ / ポケナガブショー(ブショー進化後のベストリンク)

ジャローダ♀はお姫様かわいい
ジャローダ様にしばかれたい


蜜月
ベルちゃんとジャローダ



関連イラスト

ジャローダのグラスミキサー!



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW
イッシュ御三家

イッシュ御三家の最終形態
ほのおタイプ:エンブオー
みずタイプ:ダイケンキ

他の地方のくさタイプ御三家の最終進化
カントーフシギバナ
ジョウトメガニウム
ホウエンジュカイン
シンオウドダイトス
カロスブリガロン
アローラジュナイパー

ヘビ系ポケモンの仲間
アーボック ハブネーク

ドMホイホイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャローダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5049629

コメント